日々雑感 2018.12.15.Sat.

当教室について | ブログはこちら

12月15日(土)。WordPressのバージョンが5.0になりました。インターネットの利用環境は10年前とは比較にならないくらい、高速で使い勝手のいいものになりました。モノ、カメラ等が当たり前にネットにつながる時代です。あとは、どう活かすのか。そこが問われています。

年賀状のシーズンになりました。久しぶりにパソコン、プリンタを使おうと思ったら、動かなかったり、印刷できなかったり。特に最近は、Windowsの更新でふだんインターネットにパソコンをつないでいないと、動作が極端に遅くなることがあります。「なかなか最初の画面が出ない。」と、壊れたと思い込んで、電源ボタンをオン・オフしているうちに本当に壊してしまった方もおられたようです。
強制終了は、最終手段です。
パソコン教室のエフセブンに、気軽に声をかけてください。

TEL 0857-72-1305

超常戦士ケルマデック―あらゆる人生に奇跡を起こす不思議な物語

新品価格
¥1,620から
(2018/11/19 13:13時点)

レッスンの出前というのは、ご自宅でも、職場でも、お客様がご予約いただいた公民館の会議室などでも、どこでもお伺いします。ご都合に応じてお受けしていますので、基本年中無休24時間オッケーです。パソコンの場合は、例えばデスクトップだと、別のパソコンだとレッスンが難しいというような場合でも、その使っているデスクトップパソコンでレッスンを受けられるので、安心です。

障碍を持っておられる方で、点字ディスプレイであったり、音声入力であったりということでも、以前は鳥取県の事業でお受けしていた関係で、経験は豊富です。身体障碍でキーボードが難しいというケースでも、聴覚障碍で、筆談、要約筆記が必要な場合でも、お受けすることは可能です。お気軽にご相談ください。

音楽レッスンの場合、ご自宅が難しいという場合には、クルマ(日産セレナ)を利用した車内、または野外でのレッスンということも可能です。

たぶん気になるのは、移動を伴う交通費だと思いますが、鳥取県東部であれば、その心配は必要ありません。交通費に関しては無料です。近郊の場合は、距離に応じて、事前に見積もりをさせていただきます。


平家弘康さんのページと共通のGoogleサイトhiro&Mを作成することにしました。(サイト名は「仮」です。今後、変更するかも知れません。)

パソコンじゃなくて、音楽♪をメインに前に出したい。だから思い切って、タイトルを「レッスン♪出前します!!」に変えてみました。アドレスは「パソコン教室のエフセブン・ドットコム」のままです。

代表の音楽家自由人(おんがくかみゆうじん)・岸本みゆうです。
ぼく個人のブログは、田後90〜水平線の向こうからに、環境や生活、文化・芸術のことについては、SpringBirds.jp〜春になると、鳥たちが歌う〜にいろいろ書いています。

毎日パソコンは使っているんだけど、定型文書の修正やインターネット検索くらいしか使っていない。これから自分でパソコンを買ってみようか、でも最初にどうすればいいのかわからない、という方。鳥取県東部周辺であれば、出張費ゼロで、お伺いします。お気軽にご相談ください。当教室についてをご参照ください。

原子力発電所について

ここは、自然豊かな鳥取県岩美町です。鳥取県内には、原子力発電所はありません。しかし、鳥取県の西に隣接している島根県松江市には島根原子力発電所があります。また、東には福井県の高浜原発からも遠く離れているようで、いざ原子力発電所で事故が起きたら影響がないことはないだろうなぁ、という距離にあります。無関心ではいられません。

もし原子力発電所で事故が起きたらどうなるのか。これまでも、じゅうぶんに学んできたはずです。平常時でも、運転を停止した状態でも、制御できているとは言えません。そして、昨今特に地震災害の多い日本で、事故が起こる可能性は高まる一方です。それでもどうしてこの危険なものを使い続けるのでしょうか。

人は言います。危険だとわかっていても、包丁を使うじゃないか。危険だと思っていても、クルマに乗るじゃないか。それは使い方の問題ですし、規模が違いすぎます。年間100ミリシーベルトの被爆でも安全だと専門家は言います。本当でしょうか。

また、極論として、電気のない時代に戻るのかとも言います。電気は使いたいし、使用量はどんどん増えているじゃないか、と。

いいえ。電気は節約できます。江戸時代や原始の時代に戻らなくても、考えて使うことができます。

ずっと疑問に思っています。おかしいと思います。

鳥取県の原子力防災

アプリについて

アプリで最近、よく使うのがチームコミュニケーションツールSlackです。2015年に初めて登録した時は「なにこれ?」という状態で、そのまま放置していました。以前は日本語化されていなくて、使い方もよくわからなかったのです。最近になってようやく、Dropbox PaperなどのWebツールとも連携が出来ることがわかり、いつの間にか日本語化もされていて、再度使い始めたというわけです。これでアップルウォッチで音声入力に対応して使うことができれば、Bearに置き換えることができそうです。

実際、Slackというアプリやサイトを他の人はどのように利用しているのでしょうか。

Yammer(マイクロソフト・ヤマー)も、重宝しているサイト、アプリです。iPadが刷新されて、アップル製のアプリで使いやすいものがあれば、置き換わる可能性もあるかもしれません。

当教室の特長について

当教室の最大の特長は、音楽のレッスンができるところだろうと思います。

パソコン教室で音楽のレッスンってどういうこと?と思われるかもしれませんね。実は、代表の岸本みゆうは、オカリーナ奏者として活動しているミュージシャン(最近は音楽家自由人と自称してます)。ギターやクラリネットも演奏します。

パソコンも情報処理技術者、パソコン整備士、ワープロ検定などの資格試験合格者でいわゆる「二足のわらじ」というわけです。

時間や曜日、回数を決めたレッスンもできますが、1回ごとに内容も時間もバラバラにサポートをすることも可能です。また、来ていただくのではなく、こちらからお伺いすることをメインにしています(出張レッスン、出張サポート)。

それに、パソコン(インターネット)と音楽って、意外と密接な関係があります。

パソコン、インターネットで音楽を楽しみたい。作曲をしたい。楽譜を作りたい。などなど、その都度、それぞれに必要な内容に絞ってレッスンやサポートをすることができます。

田後90〜水平線の向こうに
https://springbirds.jp/

パソコンサポートについて | オカリーナ教室のご案内