Windows7をどうするか

できれば使い続けたい、しかし…

安定していて、使いやすいのなら、ずっと同じシステムを使い続けたいと思うのはよくわかります。

Windows7は、それまでのWindowsXPからも移行しやすくて、よくできた使いやすいOSでした。それも2020年1月で、とうとうサポートが終了します。

Windows10や新しいOfficeソフトを既に使っていて、Windows8では、使いにくかったデスクトップもあるし、問題なく使えている方も多くいます。

問題は、業務用の専用ソフトを使っていて、Windows10へのサポートが対応されていないケース。既に販売されていないソフトを使っている場合。

32ビットか64ビットか

結論から言うと、Windows10で問題なく使えているものも多くあります。その場合、それまでのOSが32ビットなのか、64ビットなのかをソフトがどちらに対応しているのかを確認する必要があります。

汎用ソフトを使う

それが確認できない場合、汎用ソフトで対応することで対応している方もおられます。専用ソフトで作られたデータが使えない場合が出てきますが、スキルがある方であれば、データ処理をエクセルで作ったり、図面をAutoCADで作ったりと、汎用ソフトで対応する方法もあります。

新たなソフトを導入する

予算に余裕があるのであれば、Windows10に対応した新しいソフトを新たに導入することも可能です。しかし、業務用の専用ソフトは大変高額です。

悩ましいところですね。