読み方は「アズテキスト」らしい。「プログラマティック取引において、偽造された広告枠や不正なインプレッションの販売を防止するツール」ということらしいが、これだとなんのことかわからない。

要はこのサイトにはこういう広告が載っていて、そこに登録されているIDはこれですよと、書かれた小さな情報テキストということだ。

偽のサイト、偽の広告には、その情報が書かれていないので、見分けがつくという仕組みらしい。

このサイトにも、Google Adsenseの広告を掲載している。書かれたとおりに、ads.txtを作って、サイトのルートフォルダにアップロードしてみた。