うぶんとぅ、18.04

古いノートパソコン(Windows Vista)の再利用として、OS環境であるWindows Vistaを削除して、Linux(リナックス)ディストリビューションのひとつである、Ubuntu(ウブントゥ)をインストールしたものがあります。そのディストリビューションを今、16.04LTSから、18.04に更新しています。

このノートパソコンは、Panasonic Let’s note CF-W7です。元は廃棄処分としてお客様から引き取ったパソコンでした。Windows Vistaのままだと、とても使える状態になかったので、もう何年もLinux Ubuntuパソコンとして活躍しています。コア2の古いパソコンでも、問題なく動いています。

Linuxは、C言語のコンパイルテストをしたり、さまざまなアプリの動作テストなどに使っています。サーバーとしては利用していません。

現在の最新版は、19.04らしいんだけど、パソコンが古いからなのか、アップデートに出てきたのは、18.04でした。18.04のあとに再度アップデートが出てくるのかな?

なにやら、18.04になって、インターフェースがGNOME(ノーム)に戻ったとか、いろいろあるようです。

インストール完了が待ち遠しんだけど、朝8時に始めたアップグレードが13時間後の今、21時。「アップグレードの準備」、「新しいソフトウェア・チャンネルを設定しています」、「新しいパッケージの取得」までチェック済みになっていて、「アップグレードのインストール」が約半分。残り「クリーンアップ」「コンピューターの再起動」を待っている状態です。

インストールが完了しました。

再起動もしました。日本語入力ができませんでした。言語サポートは、それぞれの環境で、新たにインストール必要があるようです。

今のところ、19にアップデートというメッセージは出てきていません。16.04LTSもずいぶん長く使っていました。CPUの関係で必要なバージョンが異なるのかもしれません。

◆スポンサードリンク