トゥドゥリストって何?

「いついつまでに、これをする。」とか、「買い物に行ったら、これを買う。」とか、いわゆる、することメモ、買い物メモみたいなものを、スマホやパソコンの画面に、決まった時間に通知して表示してくれる便利なアプリがあります。

以前はよく使っていたのですが、通知を見逃して、結局忘れてしまうというようなことがあったので、最近よくやるのは、「自分宛てメール」です。Gメールのスヌーズ機能を使えば、時間を指定して通知もしてくれます。

Wunderlistが5月6日に終了

Wunderlistもよく使っていたアプリだったのですが、2015年にマイクロソフトに買収され、結局今年の5月6日には、サービスを終了することになったようだ。その後は、マイクロソフトToDoをお使いくださいみたいなメールが今日届いた。

どうせ消すんだし、方法はなんでもいい。

この手のアプリって、どれが使いやすいのかなと、いろいろ試しては使わなくなってました。カレンダーと同期できるのとか、タブがついて分類できるのとか、音声でサッと入力できるのとか。あー、これいいなとか。見た目がきれいなのもあるし。

ぼくは、メールでも、何でも、見たらとっとと消しちゃうんだね。で、ToDoリストもある日、空っぽになる。

なんでもかんでも覚えておけばいいんだけど、その辺の記憶容量には自信がない。本当に必要なものだけを残そうとするから、要らないものは消してしまう。新聞の折込ちらしの裏が白かった時代は、適当なちらしの裏に書いて、折りたたんで、メモして持ち歩いていた。

手書きの手帳があれば、そこに書けば済むんだろうけど、手帳を持たなくなってからでも20年以上になる。

Microsoft ToDoは使う?

使わないかなぁ。使う人には便利だと思う。こういうものって、デファクト・スタンダードが生まれると、みんなそれを使うようになると思う。ワードやエクセルなんか、みんなが使うから使うんだよね。デファクト・スタンダードって、そういうもの。ToDoリストにはデファクト・スタンダードは、まだ、ないよね。

ぼくの場合は、当分は自分宛てメールでオッケーかな。