マイクロソフトから、廉価版と言える、10インチのSurface Goが日本でも発売されます。

iPadを敬遠してきた方には、朗報ではないでしょうか。

◆スポンサードリンク



OSは、Windows 10 in S modeで、ストアアプリのみをインストールできます。もちろん、S modeは解除するとデスクトップアプリも使えるようになります(ただし、S modeには戻せない)。

当教室では、現在2台のデスクトップパソコンにWindows 10をインストールして使っています。さらに1台、8インチのWindowsタブレットがありますが、ノートパソコンはMac OSとChrome OSがそれぞれ1台ずつ。

出張先のレッスン、ブログやホームページの管理については、MacBook Pro13で支障なくできています。ただ、電源アダプターを持ち歩くのが面倒なので、バッテリー残量には気を使います。

Surface Goなら、出先でWindows10が使えて、バッテリーも持つなぁ。と、ちょっと考えました。MacBookはクルマに積んでおいて、出先ではWindowsパソコンを使う。なかなか理想的かな、と。

Officeは、既にサブスクリプションでWin/Mac両方で使っているので、インストール版は正直ムダ。

結局399ドル・・・ではなく、日本では、Office込みの6万円超となる見込みなので、今の所、様子見です。でも、お得です。

えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

◆スポンサードリンク



どこかに既に書いたかも知れないけど、アップルウォッチの便利な機能に、Macのロックをパスワード入れないでも自動解除してくれるっていうのがある。

これは、アップルウォッチを装着して、Macに近づくだけ。

アップルウォッチを手首から外した場合はNGなので、誰かが勝手にMacを使うってこともありません。

Apple Watch で Mac のロックを自動解除する方法

これは本当に便利というか、必須です。

今、指紋認証やら、カメラでの顔認証やら、いろいろありますけど、アップルウォッチでの認証が、とってもスムースだと思う。

21世紀に入って、18年になりますが、ようやく未来が現実になりつつあると思います。

ますます楽しみな未来です。

[PR]【人事労務freee】

Apple Watchのアプリは2種類ある
Apple Watch3で電話、そして音楽を聴く。
Apple Watch3でアプリBearを使う
林檎時計、Apple Watch3
林檎時計、向く人、向かない人

Intel crushes Computex with…[PC World]の記事(英文)

このスペックは、ワンチップでの話です。しかも、この記事によれば、これは、インテルの50周年記念モデルとして発売されるCore i7-8086Kで、2019年には2,000ドル(約22万円)以上で市販されるそうです。これを高いと思うか、安いと思うかは、それぞれの判断にお任せしますが、その天文学的性能に比べると、天文学的な価格ではないようです。

こうした最先端のCPUモデルを、フラッグシップといいます。パソコンに組み上げたときには、PC単体で100万円を超える可能性もあり、一般には、なかなか手の届かないモデルには違いないんですが、クルマの世界でも見られるように、フラッグシップの大幅な性能の向上が牽引力となって、確実に手の届く機種の性能の向上にも大きな影響があります。

ここから、予想されることは、現在パソコンの機能を制限した小型PCであるタブレットやスマホが、現在のパソコンと同程度の性能を持つようになり、単なる形態の違いでしかない状態になることを意味します。つまり、ポケットに入るスマホを自宅に持ち帰り、ドックにセットすれば、パソコンとしても使え、プラットフォームの違いに関わらず、データも共通して流用でき、そこにAIの機能が加わるようになるということです。

そして、あらゆる家電製品もそこにつながるだろうし、人間が生活の基盤となる収入を得るために、頑張って仕事をしてきたデータ処理の領域は完全にAIに任せられる状況が生まれることになります。

それも、この先、わずか数年で。

近未来と言うには、めっちゃ近い未来。

◆スポンサードリンク



考えてみれば、1995年にWindows95、その5年後にWindowsMe/2000が登場して、まだ、100MB(メガ!)とかってハードディスクの容量でした。通信モデムが当たり前で、ISDNはじめちゃんコマーシャルしてました。2002年にWindowsXP、その後の10数年で、いろんな出来事がありました。PHSやポケベルも消えたのはつい最近です。

PHSが終了(日経BP)

AIだって、実用化はまだ先だと思われていました。それが、2017年頃から、Siri、OkGoogle、に加えて、アレクサとそれぞれのAIスピーカーの導入というカタチで、急速に家庭に入り始めました(Appleの「HomePad」は、まだ日本では発売されていません)。

どんな変化があろうと、時代任せ、人任せ、関係ないを通すことはぜんぜん構わないと思います。それでも生きられる社会は存在すると思います。

ただ、それが単なる「ついていけない。」「必要ない。」「年齢的にもう遅い。」とかという否定的なイメージであれば、それはぜひ修正しておいてほしいと思います。

インターネットは、人間の脳がニューロンの働きで活性化するように、発達したCPU(パソコン)を得て、宇宙空間をイメージできるくらいの大きな人類の脳細胞になりつつあります。また、そこには犯罪を含む、あらゆる人間の営みが反映された意識の集合体ができつつあります。

そこにどう関わるかは自由です。

世界の4億人ユーザーを守るセキュリティソフト【アバスト】

ブログから

パソコンとインターネットで、日常便利に使えるツールがどんどん生まれています。

ここは、パソコン教室ですので、そういったツールやアプリを紹介して、使い方をお教えすることができます。

いちばん気になるのは、個人情報やクレジットカードなどの情報をどうやって安全に管理するのかということでしょう。

ツールやアプリを通じて利用できる、さまざまなサービスでは、初めて登録をするときに個人情報の入力を求められます。

氏名、メールアドレスにとどまらず、ユーザー名、パスワード、性別、生年月日、住所、電話番号、勤務先、クレジットカード番号などのきわめて詳細な情報を求められることも珍しくありません。

入力する情報の中で、どれが必須項目かどうかは、あらかじめ示されています。そしてその個人情報が何に使われるのか、どういう決まりがあるのかについては、リンクをたどっていけば、知ることができ、その情報を読んだことをチェックする項目なども設けられています。

◆スポンサードリンク



以前に比べれば、ずいぶん安全になってきました。パソコンメーカーなどの努力もあり、OSなどのソフトウェアのセキュリティ対策が進められてきたからです。

ツールやアプリの中には、Webサービス(ウェブサービス)を利用するためのものもあります。

登録はパソコンのブラウザ上で行い、その登録情報をもとにツールやアプリを利用するという感じになります。

たとえば、Twitterやfacebook、LINEなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)がそうです。1回登録してしまえば、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも、それぞれのアプリで利用することができます。

どうぞ、お気軽にお尋ねください。

【PR】OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!月額1,980円(税抜)~

ネックバンド式のBluetoothヘッドセットを購入したおかげで、Apple Watch3でやっと音楽が聞けると喜んだ。

ただ、どうやらその音楽アプリには2種類あるらしいということがわかった。

「Apple Watch単独で音が出るアプリ」と、「iPhone経由で音が出るアプリ」

つまり、前者はiPhoneがなくても単独で動作するアプリ、後者は単にApple Watchに登録されたアプリとして表示されるけど、iPhoneのアプリへのショートカットがWatchの画面に出ているだけで、iPhoneのリモコンでしかないもの。

見かけはどちらもWatchから見ると同じアプリなんだけど、いざ音を出そうとしたら「実際に鳴っている方」にヘッドセットを繋がないと、音が出ない。

ややこしや。

パソコンみたいにショートカットってひと目でわかればいいのにね。

ラジオアプリが何種類かあるんだけど、たとえば、TuneInの場合は、これはリモコンアプリ。Watchの方で選局ができたり、ボリュームを変えることができたりもするけど、動いているのは、iPhoneのアプリ。だから、iPhoneの方にヘッドセットをつながないと音が出ない。ずっと無音で、何の案内も出ないわけ。

一方で、AppleのRadioアプリは、Watchから音が出る。iPhoneからは音が出ない。Watchもヘッドセットをつながないと音が出ない。

ややこしやー。

ミュージックアプリも、同期専用のプレイリストを作ってやらないと、Watchからは音が出ない。アプリはあるのにライブラリが空っぽなんてことが起きちゃう。

ほんに、ややこしやあ。

ああ、でもちょっとずつわかってきた。

何年かしたら、このわけのわからない投稿の意味がなくなるくらい、もう少しシンプルでわかりやすい状態になるんだろうな。

それでも、いいですよ、Apple Watch。

◆スポンサードリンク


Bluetoothヘッドセットを検索すると、かなーり、あやしい製品が目白押しですね。

中には外観はAirPodsそのもので、めっちゃ安いのとか。

共通しているのは、その安さと、大げさな利用者コメントと、名称がちょっと違ってたりというところとか。

でも見分けがつかないものもありそう。

気をつけてくださいね。Bluetoothヘッドセット、5,000円〜10,000円はふつう。それより安いのは、それなりの性能ですよ。使えなくはないでしょうけどね。

バージョンアップは、最近は「安全のため」必要だと言われます。

主にウィルス、スパム対策、エラーの修正など。

バージョンアップは、人間でいうと「新陳代謝、健康増進」または「進化」といえると思います。

ただ、機械そのものは、使う頻度で劣化の進み具合が違います。古いから使えないわけではないんですね。

この時期ですから「年賀状をお願いします。」ということで呼ばれることがあります。中には、年賀状のときだけ、パソコンの電源を入れるという方もおられます。こういう方は、携帯電話もガラケーか、もしくは、持っていない。インターネットにもつながっていないことが多いです。

そんなお客さまの中には、数年前くらいまではWindows98 SEを使っておられる方がいました。ここ数年は呼ばれていないので、パソコンで年賀状をやらなくなったのでしょうか。

Windows Me、2000という方はまだおられますね。このあたりは健在です。

今日はWindows XPでした。アプリもその当時のもので、こういう方にとっては、「使えるうちはそのまま使いたい。」なんですね。

それはそれで、いいんじゃないでしょうか。

新製品の方が使いやすく、動作が速くなっています。デジカメを買い替えたりすると、古いパソコンでは追いつけないので、パソコンも買い替えたりします。すると、今度はプリンターが古くなったりして、あっちを替え、こっちを替えしていきます。

でも、古いまんまでも意外と修理もできちゃうし、使えなくはないですね。

問題は、インターネットにつなぐかどうかでしょうね。そうなると、Windows7もあと2年でサポートが切れます。今のうちにWindows10にして、アップデートをしておきましょうということになります。

ソフト(アプリ)の方も、改善に次ぐ改善をしていますので、気がついた時でいいので、アップデートをしておきましょう。

現在の状態、これでいいのかなって、もし不安に思われた方は、ご遠慮無く、呼んでください。1時間2,500円です。だいたい見るだけならそんなに時間はかからないでしょう。0857−72−1305、パソコン教室のエフセブンです。

◆スポンサードリンク


 お客さまのパソコン、Windows10のシステムが壊れた。いろいろ修復を試みた。スキャンディスクも初期化も試みたが、どうにも起動しない。最終手段はリカバリーしかないが、最近のパソコンはリカバリーメディアがついていないので、購入したときに自分で作らないといけない。

 どうしてこの状態になったかと言うと、システムエラーで再起動したとき、英語のメッセージが出たので、ウイルスだと勘違いして、いきなりコンセントを抜いたそうだ。NECのバリュースター、液晶一体型のデスクトップだ。

◆スポンサードリンク


 スキャンした結果、ファイルには影響なさそうだったので、別のシステムから起動すればファイルは救出できそうだ。もうあきらめて新しいパソコンを購入するそうだが、「ファイルが取れるかもしれないので、パソコンはそのままで置いておいてくださいね。」と念を押したのだが、どうだろうか。

 次に呼ばれたときに備えて、ubuntuの起動ディスクを作っておいた。慣れる意味で教室のデスクトップにはubuntuをインストールはしないで、CDブートでしばらく使うことにした。ubuntuのバージョンは、16.04 LTS。

 教室のパソコンは、Windows10 Proをバージョン1709にアップデートしたばかりだった。Windowsが使えないと不便かというと、ふだんMacBook Proだし、Chromebookも使ってるし、iPad ProにiPhone SE、Androidタブレットと、非Windows環境が日常なので、意外と問題ない。Windows10 Homeもバージョン1709がデスクトップとタブレットとあるが、こちらは使わないでおく。

 幸いなことに、年末年始はパソコンレッスンの予定は(たぶん)ないし、最近はMicrosoft OfficeもMacBookで使っているくらいだから、Windowsじゃないとできないことと言うと、Winodws Updateくらいのものだ。久しぶりのubuntuもなんだか楽しい。「なんだ。これでいいじゃん。」とも思ったりする。

 レッスンはなくてもホームページのメンテナンスとかはあるけど、ぜんぜん大丈夫っぽい。Adobe Dreamweaverは使えないけど、最初から作るわけじゃないから、まあ、いいや。

日経Linux 2018年 01 月号

新品価格
¥1,740から
(2017/12/29 15:16時点)

 ChromeBook の ChromeOSが、新しくなったようです。

 更新した後、サインインの画面も少し変わり、メニューもすっきりしたデザインに変わりました。

◆スポンサードリンク


 ネットで完結できる作業であれば、余計なものが何もない Chromebook はうってつけです。これほど軽快な OS は他にないでしょう。

 Chromebook は、ひところよりは話題にのぼる機会が減りましたが、どんどん進化している OS です。

 その後、結局パソコンは電源を入れっぱなしで、2日間、2回アップデートに失敗して、3回目でようやく「再起動してください。」が出て、放っておいたら終ってた。1回毎どこかが更新されて3回アップデートを実行する必要があったのだろうか。

◆スポンサードリンク


 画面の右下に、なにやら人のアイコンができてます。クリックすると「あなたのPeople」という画面が出てきました。これについては、またあとで、じっくり見ておこう。

 通知領域も以前より表示がシンプルになっています。シンプルになって、軽くなるのはいい。せっかくアップデートしたのだから。

 どこが新しくなったかは、前の記事でも書いたけど、窓の杜に詳しい記事があるので、参考にしてほしい。「OneDrive」に待望の“ファイル オンデマンド”が ~セキュリティの強化も見逃せない – Windows 10 Fall Creators Updateの新機能をおさらい – 窓の杜

 このOneDriveのファイルオンデマンドは、保存容量の小さなタブレットではとても役に立つだろう。OneDriveに保存したファイルが全部いつも必要なわけではない。必要な時、必要なファイルだけダウンロードして同期できる。

(前の記事)Windows 10 バージョン1709の更新

私のサイト、田後90~水平線の向うにも、ご覧ください。

できるWindows 10パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 改訂3版 (できるパーフェクトブックシリーズ)

中古価格
¥2,655から
(2017/12/1 20:12時点)

 ふだん、MacBookを使っているので、気が付かなかったんですが、Windows 10、また大きな更新が始まっていたようです。

◆スポンサードリンク


 このバージョン1709、別名があって、「Fall Creators Update」って言うんだそうです。「Fall」って、「落ちる」?どういうこと?って思っていたら、この単語、「秋(Autumn)」という意味もあるそうです。なんでも葉っぱが落ちる季節だからとか。

 つーか、Windows 10が落ちそうなんですけどー!!

 ま、いいか・・・。

 毎回、あまり大々的にアナウンスしない割には、大きな更新です。なかなか終わりません。お客さんとこで「パソコンが変だ。」ってことで今回の更新も気付いたんですが、一晩つけっぱなしでは終わりませんでした。

 窓の杜というサイトに、「Creators Update」を継承・発展させた機能アップデートに – Windows 10 Fall Creators Updateの新機能をおさらい – 窓の杜という記事を見つけました。いろいろと機能アップになってるみたいです。

 更新ができたら、またご報告します。私のサイト、田後90〜水平線の向こうにも見てください。

たった1秒の最強スキル パソコン仕事が10倍速くなる80の方法

新品価格
¥1,382から
(2017/11/30 09:27時点)