ぼくは、次から次にいろんなことをやっているので、明日になると、今日やったことをかなりの確率で、忘れていることがあります。

いろんなことって書いたけど、似たようなことを、同じようなことを何度もやったり、別々の場所で違う時間にやったりすると、頭の中で混乱します。

それで「それ、やってないよ。」と言われたりするんですね。

ですので、できるだけ、その日のうちにメモをしっかりとっておくことにしておきます。

そのメモもうっかりすると、忘れることがありますので、そういうときは、その場でメモをとったり、コンビニの駐車場にクルマを停めて書き留めておいたりします。

だいたいは、iPadを持っているので、iPadで、手書きメモを残しておきます。手書きと言っても、その場で活字になるので、あとで書き直す必要はありません。

まとまったメモは、Evernoteにどんどん入れておきます。そのときに、キーワードと日付を設定することを忘れないように気をつけます。

クルマを運転していて、思いついたことは、駐車できるスペースにクルマを停めて、書き留めておきます。iPhoneに音声で残しておくこともあります。

最近では、音声がそのまま活字になるアプリもたくさんあるので、便利です。

のんべんだらりと書いていたら、時間がいくらあっても足りないので、アップルウォッチでタイマーを設定しておきます。だいたい1回のメモは30分以内に書くようにしています。

ブログの文章なんかもそうですね。

メモがまとまれば、もう、その瞬間に忘れます。

忘れることは、いいことです。

忘れられるから、新しいことに取り組めるんです。

◆スポンサードリンク

ぼくは、時間を節約するためにパソコンを使っています。それなのに、パソコンを使うことで、時間の節約どころか、たいへんな労力をパソコンに費やしている人を見かけることがあります。

パソコン教室を自宅で始めた当初から、時間の節約術としてのパソコンの使い方を教えてきました。

たとえばある方は、会社で住所録データを元に宛名を入力して印刷して、封筒に貼るというような作業をしていたそうです。さまざまな様式で書類ケースにま入れられている、はがきや封筒の束や、住所録を見て仕分けをしながら、ワープロ(!!)で文字入力をして、ラベルシールを1枚1枚印刷していたそうです。

パソコンがあれば、エクセルで住所録を作ることができること、その住所録を使って、ワードで差込印刷ができることなどを、実際にやり方を説明しながらレッスンで学びました。

それまで1日がかりでやっていた仕事が30分で終わるようになって、最初は途方に暮れてしまったそうです。でも、その方は余った時間で勉強をしていって、現在は、独立して仕事をやっておられます。

1回使い方を学ぶと、どんどん時間の節約ができるのがパソコンです。

ある方は月末が近づくと、経理計算や棚卸しなどで苦労をしていたと言います。そのために夜遅くまで作業をすることもあったようです。パソコンを活用すれば、特に外部に委託しなくとも、個人経営の事業であれば、経理計算や棚卸しは日常の入力だけで、ほかに特別な作業が必要なくなることがあります。

その方は、今では年に何回か海外旅行をされています。これなども、時間の節約の成果だと思います。

ぼく自身、音楽活動をしながら、こうしてブログを書いたり、100人以上の方にレッスンをしていたりします。パソコンを活用しなければとても無理なことだと思います。

特に今はインターネットがあるので、魔法もパワーアップしている時代です。

スケジュール管理や、データ管理、文書管理などは、うまくアプリを組み合わせてできるようになっています。

こんなことで、困っている、というようなことがあれば、どうぞぼくに教えてください。

お返しに、ぼくが魔法を教えます。

20年以上前から「電子手帳」はありました。いや、もっと前かも知れません。

カシオ、シャープ、それから、ソニーの電子手帳など。

私自身もザウルス(シャープ)、クリエ(ソニー)などを使った世代です。

住所録、電話帳などが主要な機能でしたが、簡単なカレンダー機能もあって、利用していました。

手書きのダイアリーや手帳は、もうその頃には使わなくなっていました。

◆スポンサードリンク



私はもともと面倒くさがりで、新しい年に、新しい手帳に書き写すという作業がとてもわずらわしくて、電子手帳は重宝していました。

それでも、時には、その電子手帳が壊れたり、メモリが消えたりする「事件」も何度かあって、それはそれで再入力しなくてはならなくて、途方に暮れることもありました。

今は、スマホがあります。データはクラウドに保存できるので、PCなど違う端末からもアクセスできます。携帯、スマホを機種変更する際も、切手よりも小さなチップ(マイクロSDなど)に保存しておいて、そのまま新しいスマホに読み込めたりします。

どうしても手書きじゃないと、紙じゃないとイケナイ。すぐ取り出せるし、書き込める。

それにクラウドって、インターネット信用できない。安全なの? 人に見られることは本当にないの?

安心していいんだけどなぁ。

ウェブカレンダーって言って、むかしむかしホームページに書き込んでいたカレンダーの中には、GoogleやYahoo!で検索すると、出てくるものもありました。これに個人情報を書き込むとやばいわけです。

今でも、ウイルスや不正アクセスでデータが流出してしまう事件が起きないわけじゃない。

ただそういう悪い人が狙うのは、政府や企業のデータです。個人のデータを狙ってもあんまり意味がなくて。もちろん、身近な人にデータを覗き見される可能性はあるので、パスワードの管理は重要です。

そういうスマホの使い方みたいなの、なかなか人に聞きづらい。そういうときにも、どこでもお伺いしてレッスンをすることができます。1回限りでもぜんぜんオッケー。

090−6835−2701 パソコン教室のエフセブン代表、岸本みゆうの携帯です。

エフセブンのカレンダーをチェック!

お祝いや内祝に!【ヨックモック】