Search Console

ホームページを作る際には、見やすい構成になっているか、最適なコンテンツが配置されているか、ナビゲーションはどうかというようなことに留意しながら作ります。

Web上には、そういったことを総合的に調べてくれる便利なツールがたくさんあります。

その中で「検索」という視点でホームページを検証してくれるのが、サーチコンソール(Google Search Console)です。

Googleアナリティクスと連携することで、今どういう状態になっているのか、どう改善していけばいいのかを見ていくことが可能なツールになっています。

◆スポンサードリンク


関連するブログ記事の一覧

Google Adsenseを始める(ブログ:2017年5月8日)
Google Adsense、ようやくPINが届きました(ブログ:2017年6月26日)
サーバー、ドメイン、ブログを整理する(ブログ:2017年8月5日)
ツール、アプリ、Webサービスについて(ブログ:2018年4月18日)
サイトの更新を無理なく続けるには(ブログ:2018年5月14日)
EU一般データ保護規則(GDPR)って何だ?(ブログ:2018年5月14日)


[PR]wpXクラウド

Microsoft Expression Web 4の新規開発が終了したため、無料でフリー版が公開されていることは知っていたが、使ったことはなかった。

今回、Adobe DreamweaverがインストールされていないPCでWebページの編集と更新をやってみようと思い、Microsoft Expression Web 4をダウンロードして、インストールしてみることにした。

◆スポンサードリンク



あちこち検索して調べてみると、ダウンロードの際にいくつか注意することがあることがわかった。

このソフトのダウンロードページは英文で、そのまま「Download」ボタンをクリックすると、英語ヴァージョンがダウンロードされるため、日本語ヴァージョンをダウンロードするためには、「Details」から「Japanese」を選ぶ必要があるらしい、ということ。

また、無料の「Free Version」版と、日本語のサイトに「Microsoft Expression Web 4 試用版」というのが別にあるらしい。「試用版」の方は、最初は無料だが、仕様期間が終了すると、有料になる。無料版と試用版の違いはサポートのあるなしくらいのようだ。

Microsoft Expression Web 4 Free Version ダウンロードページ

上記のページからダウンロードする際は、英語版のまま使う場合は「Download」をクリック、日本語版を使いたい場合は「Details」から「Japanese」をクリックすること。

インストールのやり方は、特に変わったことはない。必要なら、たくさんの解説ページを検索して見つけられるだろう。

スタートメニューには、「Microsoft Expression Web 4 SuperPreview」「Microsoft Expression Web 4」の2つのメニューが作られるが、SuperPreviewの方は、さまざまなヴァージョンのWebブラウザでのプレビューの違いを見るためのもので、あとのメニューの方が編集プログラム本体が起動するメニューになる。

◆スポンサードリンク


 Chromebookは2015年5月から数年使って重宝していた。WindowsPCや、Mac、iOSじゃないと使えないアプリを使う時以外は、Chromebookは軽快に使えて便利だ。ぼくには意外とこれが使いやすくて気に入っているが、ASUS Chromebook C300MAのチープなキーボード、クリック感のないタッチパッドは好みが分かれるだろう。Chromebookを使ったあと、Macを使うと、タッチパッドに軽く触れただけでは応答しなくて、逆に戸惑うほどだ。

 その後、Chromebookも静かに進化しているので、キーボードもしっかりしているし、もっと使いやすくなっていると思う。

◆スポンサードリンク


 今回は、「Chromebookでこんなことができるよ。」ということを宣伝するために、Chromebookだけで投稿をやってみようと思う。画像の貼り付けも、アフィリエイトも、アドセンスもこれだけでできるか試してみたい。

 Chromebookというのは、Google Chromeをベースに作られたChromeOSで動作するパソコンだ。インターネットブラウザのChromeがそのままOSになったような感じと思えばいい。OSそのものがブラウザみたいな感じなので、デスクトップがない。基本的にはインターネットに接続してWeb上で使うOSと考えるといいと思う(オフラインで使えないわけではないが)。

 とにかく起動が速い。電源が切れた状態からインターネットにアクセスできるようになるまで、数分もかからない。思いついたときに使えるというのは、これまでのストレスに気付かされる。

 デスクトップがない、ファイルシステムがないという状況は、なかなか想像がつかないかもしれないが、今であれば、インターネット上でできることが多く、困ることはない。保存容量そのものが極端に小さく、オンラインストレージの活用は必須だろう。何よりChromebookは値段も安いのだ。

 アイキャッチ画像は、2010年11月居酒屋たこちゃんでの一コマ。7年も前のことだったか・・・。Googleドライブに保存されていた画像を使った。インターネット上にある画像であれば、Googleドライブにダウンロードもできる。デスクトップや他のファイルシステムがないので、ウェブ上のストレージが頼りになる。

 アドセンス広告も、アフィリエイト広告も、PCやMacでやるのと何も変わらない。コピーしてペーストすればいい。

 Chromebookの軽快さ、応答のよさは、Chromeアプリを使うことで、他のOSと同様な使い方を模索もできる。ただ、専門性の高い、重い作業は期待できない。Evernoteやインターネットショップ、オンラインバンク、ラジオなどを利用するときにアプリがあればもっと軽快に使うことができる。「こんな使い方、できますか。」と実例をあげて質問していただければ、もっと答えられることがあると思う。

【送料無料】ASUS C201PA-FD0008 ネイビーブルー Chromebook [ノートパソコン 11.6型ワイド液晶 eMMC 16GB]

価格:28,800円
(2017/11/23 23:24時点)
感想(0件)

 Google AdSenseのページを開くたびに、ずっとこの赤い帯が表示され続けていて、ちょうど20日経った今日、PINが届き、ようやくこの赤い帯を外すことができました。

 AdSenseは、まだ5月に始めたばかりなのですが、収益化を目指します。そのためにまずやることは、このサイトを検索結果の上位に乗せることと、充実した内容のコンテンツを増やし、ここを訪れる人をハッピーにすることです。

◆スポンサードリンク


ArcMouse

 ホームページを作りたい、その動機はさまざまだろうと思う。ブログを書きたい。広告を出したい。名刺にアドレスを印刷したい。インターネットにお店を出したい。SNS(facebookやツイッター、Instagram)をやってみたい。ドメインを取得して独自のアドレスがほしい。等々。

[スポンサードリンク]


何を学べばいいか

HTML

 HTML(HyperText Markup Language)というのは、ホームページを記述するためのマークアップ言語です。

 ずっと長い間、ホームページを作るには、HTMLを学ぶことが必須とされてきました。今ではどうでしょうか。必ずしも必須ではないと思います。最低限の知識と理解があれば、かまわないでしょう。HTMLでは、インターネット上で必要になる構造化とリンクの基礎を学ぶことができます。ホームページは試しにパソコン上で非公開で作ることができます。目安として、リンクや画像を含む数ページ程度の見栄えのいいホームページをHTMLを入力して、自分で作る経験をしておくといいと思います。

CSS

 HTMLで書かれたホームページは、どんな大きさで、どんな配置で見えるのかをブラウザにゆだねています。もっと見栄えのいいホームページを作りたい場合には、CSSの知識も必要です。このあたりも、HTMLと合わせて仕組みを学んでおくといいでしょう。HTMLとCSS。ここまでの段階であれば、簡単な説明書とテキストエディターとパソコンだけあれば、5回くらいのレッスンで学ぶことが可能です。

ホームページ作成ソフト

 ホームページ作成には、IBMホームページ・ビルダーAdobe Dreamweaverなど、専用のソフトもたくさんあります。この場合は、ソフトを購入するか、使用料を支払う必要があります。パソコン上でソフトを使って、そのホームページをサーバーにアップロードすることでホームページができます。オフラインでも修正することができるので、一般的なインターネット環境が常時接続でなかった時代には、必須のソフトでした。これは、HTMLとCSSを編集しやすいように作られたソフトです。自分でHTMLとCSSが書けるのなら、FTPと呼ばれる転送ツールがあれば、これらのホームページ作成ソフトは必要はありません。

 HTMLとCSSの知識のある方なら、使い方を学ぶのにそれほど時間はかからないと思います。このソフトの場合には、2回程度のレッスンを受けた後、作ってみて、壁に当たった時、不定期にサポートとしてお伺いするというスタンスを選ぶことになろうかと思います。

WordPress

 ドメインを取得して、WordPress対応のサーバーと契約をすると、そのサーバー上にWordPressをインストールして利用することができます。この場合には、パソコン上で必要なのはインターネット・ブラウザのみです。上記のホームページ作成ソフトは必要ありません。HTMLとCSSの知識も最低限の仕組みの理解程度で済みます。

SNS

 実はブログもそうなんですが、SNSの場合も、インターネット上のサービスの利用なので、上記のようなホームページ作成とは異なります。ただ、どのサービスも独自のアドレスを取得することができるので、単に情報発信をしたい、名刺にアドレスを印刷したいという要求を満たすことができます。ブログもSNSも、サインアップ(登録)して、サインインすることで利用することができます。ほとんどのブログ、SNSは無料で利用することができます。パソコン教室のエフセブンでは、登録作業のお手伝いをすることができます。ほとんどの方が1回か2回のサポートがあれば始められると思います。

https://www.facebook.com/pc.fseven/
Twitter – PC_MUSIC_FSEVEN

[スポンサードリンク]


 2017年5月8日(月)晴れ。2017年度の目標は、友人であり、パソコンのレッスン生でもある平家くんと一緒に、まずGoogle Adsenseの登録をクリアすること。A8.netのアフィリエイトはずっとやっているけど、メンテナンスがたいへん。広告のメンテナンスよりも、コンテンツのメンテナンスに力を入れたい。そのためのGoogle Adsense。下記の本によると、アフィリエイトとGoogle AdSenseの広告の併用はポリシー違反にはならないそうで、ひと安心です。

◆スポンサードリンク


 レッスンのあと、鳥取県立図書館に来てみた。パソコン、情報処理などのコーナーを探してみるが、Google Adsenseに関する本は見つからなかった。検索すると「できる100ワザGoogle Adsense」(インプレス・染谷昌利著)が書架にあることがわかったが、その書棚には並んでいなかった。貸し出されてはいないので、館内で誰かが読んでいるか、返却後まだ書架に戻っていないかどちらか。受付で確認することはできると思うが、この本は2014年出版の本。前に一度読んだ本だ。この本を手にとることをあきらめて、図書館をあとにする。

 次に書店に行ってみることにした。向かったのは今井書店湖山店。ここで「現役アフィリエイターが教える!稼げるGoogleアドセンス教科書」(技術評論社・三木美穂著)を購入した。

 まず本の著者である三木さんのサイトを覗いてみてみよう。

ちびっこ育児の体験記
キティスタイル

 なるほどなぁ。すごく参考になります。まず、丁寧にサイトを作る。これに限るね。今日から、1日1回はサイトを更新する時間を作ります。丁寧に丁寧に。

コスメ庵

 このサイトは、kittys.bizのサブドメインになっているようですが、一覧にはないようです。

現在お持ちのアカウントはホスト専用

 ちょっと気になる記事を見つけました。以下は外部リンク(新しいタブで開きます)となります。

ブログでAdSenseをしたいなら、YouTubeの収益化には要注意

 どうやら私の場合もこのケースに当てはまりそうな気がします。現在のアカウントでは、YouTubeで収益化をしたものの、1000円以上の収益は得られておらず、AdSenseの方でも承認を得られる可能性はなく、広告はやはり空白のままとなる可能性が高いようだ。本を買ってはみたものの、やはりGoogle Adsenseはあきらめた方がいいのかもしれないと思い始めています。

 Google AdSenseをあきらめるか、YouTubeの方でまず1,000円以上の収益を目指すかと持久戦になる覚悟をしていたんですが、「AdSense 広告掲載に伴うウェブサイト承認完了のお知らせ」というメールが5月9日に届きました。承認できました! 結果、ほぼ24時間くらいで承認されたことになります。ある程度長文のものも含めてコンテンツがあったのが良かったんだろうか。

 これからGoogle Adsenseを始めるという方には必ず読んでほしいのは「プログラムポリシーガイドブック」だ。内容はぜんぜん難しくない。たった12ページなので、すぐに読むことができる。Google Adsenseの考え方を記したシンプルな文書だ。

◆スポンサードリンクです。


平家弘康さんのホームページ

弘康(ヒロヤス)の脳性麻痺の生活の様子身体障がい脳性麻痺を持っている弘康(ヒロヤス)の生活の様子を投稿しております。
ヒロスタジオパソコン情報サイト



 Opera Neonというブラウザを使ってみた。まずはMacBook Proに入れてみて、軽快で使いやすそうだったので、8インチWindowsタブレットに入れてみた。タブレットにこそ、いいかも知れない。

 これは、インストール直後のNeon。デスクトップが透けて見える。おもしろい。中央のアイコンも右に縦に並ぶタブのアイコンも指でタップするのにちょうどいい。直感的に使える。デザインも秀逸だ。使用されるフォントも見やすい。コントロール+コマンド+「F」キーで、フルスクリーンの切り替えができるので、いつでも画面を広く使える。画像や動画を別に表示することも出来る。

 中央に表示されるアイコンは、履歴でもあり、ブックマークでもある。使用する頻度によって自動的に泡のように浮かび上がるようだ。もちろん、手動で不要なアイコンを消すことも出来るし、追加することもできる。

 このブラウザは、コンセプトブラウザという位置づけらしい。実験的な試みといってもいいだろう。マイクロソフトのEdgeも似たようなものだろう。ウェブブラウザというと、どれもあまり代わり映えしないものが多い中、新しい機能、デザインを提案するブラウザということになるようだ。

アフィリエイトでブログを書きたいけど、ネタがない。・・・ということをネタに書いてみます。

ネタを探そうとすると、ないように思えます。否、そーんなことはありません!あなたが朝起きて、ちょっと寝坊したこととか、なんだか蒸し暑かったこととか、また台風だよ!とか、iPhone7ってどうなの?とか、月が丸かったけど、ほとんど雲に隠れていたこととか、ファミマのレジでついついローソンのポンタカードを出して慌てたこととか。あなたが今日は特別な日だと思えなくても、今日だけの出来事や、考えたことが案外溢れています。

そもそもネタがないと思ったら、書く必要はありません。思いついた時に書く。それでいいのです。完璧な文章を書く必要はありません。いつかあとで読み返したときに、もう一度書き直せばいいのです。その際に、新しい広告に貼りかえればいいのです。

だいたい、机にしがみついて書かなければという気持ちで書いた文章がおもしろいはずはありません。いろいろなことを楽しんで、時間のあるときに書きましょう。



これからアフィリエイトを始めようと思っておられる方へ

アイキャッチ画像はwww.pakutaso.comから借用しました。

[スポンサードリンク]


 「ホームページを作るのに、どれくらい費用がかかるの?」という質問をいただきました。ここに、一部、参考事例をあげながら解説をしてみたいと思います。

プロバイダが用意しているホームページスペースを利用する場合

 インターネットに接続するには、通信事業者およびプロバイダ(インターネットサービス・プロバイダ)と契約をします。

 通信事業者の例としては、NTT西日本日本海ケーブルネットワーク(NCN)などが挙げられます。また、プロバイダの例としてはNTTコミュニケーションズOCN(オーシーエヌ)などがあります。日本海ケーブルネットワークの場合には、プロバイダも同じです。

 契約上、ほとんどの場合、そのプロバイダがホームページ用のサーバーを用意していることがあります。

 私の場合、ハルインターネットと契約をしているので、ハルのサーバーを使ってオカリーナ吹きのみゆうのホームページを作っています。こうしたプロバイダから用意されたユーザー用のホームページを自分で作る場合には、そのサーバーのスペースの利用料金は込みの場合がほとんどです。「込み」なので、無料というわけではありませんが、追加料金はありません。そういう意味では、「タダみたいなもの」です。この場合、ホームページのアドレスは、プロバイダのアドレスにユーザー名をつけたような感じのものになります。

無料ホームページサイトを利用する場合

 メールアドレスさえあれば、無料でホームページを作成することができるサイトはたくさんあります。有料のサイトに比べて機能や容量が限定されているものや、広告が表示されるものなどがありますが、簡単なホームページを作ることができます。

 上記はごく一部です。まだまだいろいろあります。音楽ライブユニットぽんかん。は、Jimdoを利用してホームページを作成しています。

ドメインとサーバーを取得する場合

 プロバイダも、無料ホームページも、ホームページアドレスは自由に設定できるわけではありません。用意されたサーバーのアドレスを使うことになります。そうではなくて、ちゃんと自分の決めたアドレスを使いたいという場合には、ドメインに登録し、サーバーを作るか借りるかしないといけません。これが一番自由度が高くて、一番費用がかかる方法です。

tajiri90.com

 Tajiri90.com(タジリキュージュードットコム)は、自宅の住所、岩美町田後90番地を連想されるドメイン名で作成したホームページです。

tajiri90.tottori.jp

 http://tajiri90.tottori.jpは、住所そのものをドメイン名にしたようなサイトです。ここに岩美まちづくりの会のリンクもあります。

→ホームページを作ってみたい今さら聞けないホームページの作り方

ホームページ作成について

ホームページを作ります

これで十分という無料ホームページ《favy編》

ホームページをリニューアル中



音楽レッスン、グループレッスンや、講師派遣は別の料金設定があります。(要相談)

基本は、1時間2,500円で、レッスンもサポートも同料金でやっています。

これは、実際には珍しい。

当教室も当初は、パソコンサポートは、事例ごとに細かく料金設定をしていました。OSのインストールはいくら、ソフトのインストールはいくら、インターネット接続は、1件いくら、という具合に。

でも、これって面倒でした。基本、めんどくさいのは避けたい。

一人でなんでもできるわけだから、同じでいいや。

たとえば、レッスンのついでに、セットアップとかインターネット接続とかを行ったときに、計算が面倒なわけです。元が一人なので、切り分けができない。

逆に、一人だから可能になった、同料金。
ふつうは、サポートはこの人、営業はこの人、事務はこの人って
決まっていますね。で、それぞれに人件費がかかる。
自営で一人で何もかもやっていると、そこの人件費が
かからない。これは強みなんじゃないかなと思うんです。

OSインストール、セットアップ、ソフトのインストール、
インターネットのセットアップ・・・。

パソコンを買い替えたり、新規に購入すると、
こうした面倒な作業が必要になってきます。
で、作業を委託すると、とんでもない金額になったりします。

パソコン教室のエフセブンでは、1時間2,500円です。
1時間でホームページができちゃったりしたら、
発注すると数万円。でも、エフセブンは、同料金です。
いいと思います。こういうシステム。
みんながそれぞれにできることをシェアする時代がやってきます。
ぜひ、便利にご利用ください。