Apple Watch3を購入してしばらくは、コンビニのレジでは、Apple Payを使っていました。

便利は便利です。ただ、読み取りがスピーディとはいい難く、献血みたいに、レジの人の前で腕を出すというスタイルがずっとなじめなかったので、いつしか現金決済に戻っちゃいました。

もちろん、ウォレットカードを使えば、腕を出さなくて済むのですが、それって、別にApple Payでなくていいですよね。

便利は便利なんです。履歴も残るので、どれくらい使ったのか、わかるんだけど、結局コンビニくらいしか使う場面がないと、あのスタイルが億劫になってしまうのです。

今は、iPhoneですが、Androidスマホを使っていた頃は、自販機のEdyはよく使っていました。iPhoneでは、Edyの出番はまずないですね。

日本の場合は、まだまだ現金の方が安心できるんでしょうね。通貨より電子決済の方が信用できる状況になれば、自然と電子決済の方に流れるんでしょうけど。あとは使える場所が増えないとというところですね。

パソコン教室のエフセブンでは、ビットコインでの決済もできます。他の暗号通貨でも、たぶん対応できると思います。

◆スポンサードリンク


仮想通貨という選択(2018年1月29日のブログ記事)

手持ちの現金が少し足らなくなったので、ちょうどいい機会に、bitflyerに預けている暗号通貨、ビットコインを少額取り崩してみようかと思う。

実は、ビットコインを現金に替えるのは、初めてで、ちょっとドキドキ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitflyerにサインインしようと、アカウントのメールアドレスとパスワードを入力するが、「アカウントが存在しないか、パスワードが間違っています。」と言われてしまった。

こりゃ、まずい。

パスワードは、ひょっとして、これかな?

思い出した。入れた。

二段階認証が設定してある。

メール送信をします。

サインインできた。さて、ここからどうするんだろう。

◆スポンサードリンク



ビットコイン取引所で、0.037ビットコインを「売る」でクリックした。

30,598円で売れたみたい。日本円の資産が増えていました。

入出金メニューから、日本円ご出金を選ぶ。

出金手数料が3万円未満で、540円、3万円以上で、756円かかる。

29,999円の出金を選ぶ。

わ。また二段階認証の画面が出てくる。

出金を確定する。午前11時30分までの取引は、当日行われるということのようだ。11時前なので、これもセーフ。

「クイック入金で入金した資産相当額は、7 日間出金できません。詳細はこちらをご覧ください。」というような注意が必要だ。今回は、クイック入金ではないので、即支払い。

銀行の口座をネットで確認すると、まだ、入金はできていない様子。午後またやってみましょう。

いろいろと面倒な面や手数料がかかる場合もあるけれど、取引所で入出金できるというのは、ありがたい。安心感があります。

A8.netの申し込みページはこちら

結局、午後、一切現金には触れないで、数字がネット上を行き交い、決済が完了しました。

こういうことは、今後増えていくんだろうなと思う。お金がただの数字のやり取りになる。そう実感した日になりました。

やはり4月。いろいろと新しいことが起こるようだ。特大のビッグニュースが飛び込んできた。

マネックスグループが、あのNEMの流出で世間を騒がせたコインチェックを買収するというニュースだ。このニュースは、どこからかリークされたものらしく、マネックスグループは「当社グループから発表したものではありません。」と、2018年4月4日午前8時の時点では、4月3日付の文書を公開し、ホームページ上で否定している。

しかし、よくよくマネックスグループからのメッセージを読んでみると「本年 1 月にはマネックス仮想通貨研究所を設立し」とあり、1月31日にグループの子会社であるトークンズ株式会社内に大槻奈那さんを所長として研究所を設立するなど、相当前向きだ。

コインチェックの和田晃一良社長、大塚雄介COOの両取締役はこの研究所には入らない(外される)と思われる(株主としては残るという報道もある)。

◆スポンサードリンク



びっくりしました。めっちゃ動きますね。

2017年は一時的な仮想通貨(暗号通貨)バブルがありましたが、今年はもっとダイナミックな動きがあるようです。いよいよ目が離せなくなってきました。

仮想通貨が便利なのは、みんなわかっているんだけど、一般の人々にとっては日常目にしないものだし、なんだか怪しいという印象が拭えない。これが、払拭される状況が生まれると、一気に仮想通貨の日本での流通が加速する可能性がある。2018年の今年、いよいよ後年の歴史で、仮想通貨元年と言われるくらいの出来事が始まりそうな予感があります。なんだか、わくわくしますね。

そして、これが単に仮想通貨だけの出来事ではなく、社会的な枠組みから根底が変わるきっかけになるかもしれません。もちろん、ここまでくると勝手な期待と想像でしかないのですが。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

新品価格
¥1,620から
(2018/4/4 08:44時点)

日本国内では法律上「円」が唯一の法定通貨です。#ビットコイン などの「 #仮想通貨 」は、通貨と交換できる「資産」であり、商品券や図書券などのように、支払いに使うことができるものです。

商品券や図書券などは、ごく限られた特定の場所でしか使うことができませんが、ビットコインは、世界じゅうで使うことができます。

最近は、価値が上がっているので、投資対象として見られることもあります。

パソコン教室のエフセブンでも、レッスン料の支払いに使うことができます。

パソコンサポート60分のbitFlyerでのお支払

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆スポンサードリンク