マイクロソフトから、廉価版と言える、10インチのSurface Goが日本でも発売されます。

iPadを敬遠してきた方には、朗報ではないでしょうか。

◆スポンサードリンク



OSは、Windows 10 in S modeで、ストアアプリのみをインストールできます。もちろん、S modeは解除するとデスクトップアプリも使えるようになります(ただし、S modeには戻せない)。

当教室では、現在2台のデスクトップパソコンにWindows 10をインストールして使っています。さらに1台、8インチのWindowsタブレットがありますが、ノートパソコンはMac OSとChrome OSがそれぞれ1台ずつ。

出張先のレッスン、ブログやホームページの管理については、MacBook Pro13で支障なくできています。ただ、電源アダプターを持ち歩くのが面倒なので、バッテリー残量には気を使います。

Surface Goなら、出先でWindows10が使えて、バッテリーも持つなぁ。と、ちょっと考えました。MacBookはクルマに積んでおいて、出先ではWindowsパソコンを使う。なかなか理想的かな、と。

Officeは、既にサブスクリプションでWin/Mac両方で使っているので、インストール版は正直ムダ。

結局399ドル・・・ではなく、日本では、Office込みの6万円超となる見込みなので、今の所、様子見です。でも、お得です。

えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

Intel crushes Computex with…[PC World]の記事(英文)

このスペックは、ワンチップでの話です。しかも、この記事によれば、これは、インテルの50周年記念モデルとして発売されるCore i7-8086Kで、2019年には2,000ドル(約22万円)以上で市販されるそうです。これを高いと思うか、安いと思うかは、それぞれの判断にお任せしますが、その天文学的性能に比べると、天文学的な価格ではないようです。

こうした最先端のCPUモデルを、フラッグシップといいます。パソコンに組み上げたときには、PC単体で100万円を超える可能性もあり、一般には、なかなか手の届かないモデルには違いないんですが、クルマの世界でも見られるように、フラッグシップの大幅な性能の向上が牽引力となって、確実に手の届く機種の性能の向上にも大きな影響があります。

ここから、予想されることは、現在パソコンの機能を制限した小型PCであるタブレットやスマホが、現在のパソコンと同程度の性能を持つようになり、単なる形態の違いでしかない状態になることを意味します。つまり、ポケットに入るスマホを自宅に持ち帰り、ドックにセットすれば、パソコンとしても使え、プラットフォームの違いに関わらず、データも共通して流用でき、そこにAIの機能が加わるようになるということです。

そして、あらゆる家電製品もそこにつながるだろうし、人間が生活の基盤となる収入を得るために、頑張って仕事をしてきたデータ処理の領域は完全にAIに任せられる状況が生まれることになります。

それも、この先、わずか数年で。

近未来と言うには、めっちゃ近い未来。

◆スポンサードリンク



考えてみれば、1995年にWindows95、その5年後にWindowsMe/2000が登場して、まだ、100MB(メガ!)とかってハードディスクの容量でした。通信モデムが当たり前で、ISDNはじめちゃんコマーシャルしてました。2002年にWindowsXP、その後の10数年で、いろんな出来事がありました。PHSやポケベルも消えたのはつい最近です。

PHSが終了(日経BP)

AIだって、実用化はまだ先だと思われていました。それが、2017年頃から、Siri、OkGoogle、に加えて、アレクサとそれぞれのAIスピーカーの導入というカタチで、急速に家庭に入り始めました(Appleの「HomePad」は、まだ日本では発売されていません)。

どんな変化があろうと、時代任せ、人任せ、関係ないを通すことはぜんぜん構わないと思います。それでも生きられる社会は存在すると思います。

ただ、それが単なる「ついていけない。」「必要ない。」「年齢的にもう遅い。」とかという否定的なイメージであれば、それはぜひ修正しておいてほしいと思います。

インターネットは、人間の脳がニューロンの働きで活性化するように、発達したCPU(パソコン)を得て、宇宙空間をイメージできるくらいの大きな人類の脳細胞になりつつあります。また、そこには犯罪を含む、あらゆる人間の営みが反映された意識の集合体ができつつあります。

そこにどう関わるかは自由です。

世界の4億人ユーザーを守るセキュリティソフト【アバスト】

ブログから

どうして人は、外でインターネットにつなげられるのか、わからない。

それって、高いんでしょう?

どういう仕組?どうなってるの?どうしたらいいの?

いまさら聞けない・・・いや、聞けばいいんだけどさ。

◆スポンサードリンク



確かに、昔は携帯で動画とか、ゲームとか、ずっとつなぎっぱなしにしてると、高額な請求が来たりしました。もちろん、契約の仕方、使い方によっては、今でもあります。

友だち同士でLINEでやり取りする程度、家族は無料とかってあるから、実際には毎月数千円程度だよって人がほとんどだと思います。

それで、パソコンやタブレットがあれば、それもインターネットにつなげられます。

SIMとか、いるんじゃないの?

よくご存知ですね。シムのこと。たしかにSIMが利用できれば、パソコンやタブレットも直接インターネットにつなげられます。でも、今回はSIMがなくていいっていう話をします。

テザリングを利用すればいいんです。

tether(テザー)というのは、そのものずばり「つなぐ」という意味です。もともとの意味は、家畜をつなぐ縄のことらしいです。tethering(テザリング)は携帯やスマートフォンのインターネットを他のパソコンやタブレットからも利用することをいいます。

今、だいたいのスマートフォンがこの機能を持っていますので、スマートフォンさえあれば、テザリングでパソコンやタブレットもインターネットにつなぐことができます。つなぐパソコンやタブレットから一度接続設定をしてしまえば、2回めからは自動でつなぐこともできます。

このやり方の注意する点は、スマートフォンのネットワーク使用量を消費する(もちろん電池も消費する)ということです。バリバリ動画を見るような使い方だと、あっという間に使えなくなるか、低速になります。

テザリングを使いたくないという方は、モバイルルーターを使うことになるでしょう。

モバイルルーターについては、また別の機会に解説します。

パソコンからパーツまで何でも高価買取はヤマトク

パソコンは、必要に応じて使うもの

 私は、Wordどころか、Excelも「必要がなければ」開きません。ふだん使っているのはMacBookで、Windows PCは使わない日もあります。そんな人にパソコンの先生が務まるのかって?はい。大丈夫です。私はその点では天才で、エキスパートですから。

◆スポンサードリンク


 そもそもパソコンそのものも、「必要に応じて」使うものです。現代にはタブレットもあるし、スマートフォンもあります。代わりに使うものがたくさんあるのなら、わざわざパソコンを使う必要がなければ使わなければいいだけの話です。

 パソコンはキーボードが使えると便利です。大きな画面が必要なときも役に立ちます。プリンタにつながっていて、すぐに印刷したいものがあるときもパソコンを使うでしょう。

常に使っていないと忘れるのでは?

 それは、日本人にありがちな思考パターンです。ピアノの先生が「1日弾かないと勘を取り戻すのに3日かかる。」と言っているのを聞いたことがあります。正直、その方はピアノが向いていないのだと思います。

 どんなことでも「確実に身につけること」「感覚で覚えること」がポイントになります。

 理屈が優先で、感覚を覚えないで、繰り返し訓練で身につけたものというのは、すぐに忘れてしまいます。また、そのやり方というのは、繰り返し「感覚を忘れる」訓練をしているとも言えるでしょう。

シンプルであること

 パソコンが苦手な方に見られる傾向として、一度にたくさんのことを覚えようとします。そして、覚えたことを忘れないように努力を重ねておられます。「忘れる」ことがらというのは、「どうでもいいこと」であり、ときに「間違ったやり方」だったりします。

 まず、どんなことでも「忘れていい」ということを知るべきです。それよりも、今自分が何をどう感じているのか、何を必要としているのかに集中すべきです。

具体的な例をあげましょう。

 たとえば、多くの方が苦手に感じているキーボードのタイピングですが、基本操作はたくさんあります。ホームポジション、1個1個のキーの位置、変換や確定の操作、などなど。

 ホームポジションについては、キーボードの「F」「J」のところに印があるので、そのキーの位置と指の関係を身につけるだけです。そして常にポジションを、そこ(ホーム)に戻すこと。でも、ホームポジションが身についていない場合は、極端に言えば1本指でキー操作をしてもいいのです。

 1個1個のキーの位置も一度に覚える必要はありません。時折「確実に身につける」と意識して、たとえば、左手の小指で「a」をタイプするだけです。気がついたら小指の感覚と「a」が結びついています。記憶する必要はないし、意識していないときは、間違えても気にしないでいいのです。

シンプルなキーボード一覧

 これは、当教室で使っているキーボードのキー一覧です。どの指がどのキーなのか、このようにマス目にして捉えると感覚的にわかります。

 田後90〜水平線の向こうに・・・私の個人のホームページです。




 Chromebookは2015年5月から数年使って重宝していた。WindowsPCや、Mac、iOSじゃないと使えないアプリを使う時以外は、Chromebookは軽快に使えて便利だ。ぼくには意外とこれが使いやすくて気に入っているが、ASUS Chromebook C300MAのチープなキーボード、クリック感のないタッチパッドは好みが分かれるだろう。Chromebookを使ったあと、Macを使うと、タッチパッドに軽く触れただけでは応答しなくて、逆に戸惑うほどだ。

 その後、Chromebookも静かに進化しているので、キーボードもしっかりしているし、もっと使いやすくなっていると思う。

◆スポンサードリンク


 今回は、「Chromebookでこんなことができるよ。」ということを宣伝するために、Chromebookだけで投稿をやってみようと思う。画像の貼り付けも、アフィリエイトも、アドセンスもこれだけでできるか試してみたい。

 Chromebookというのは、Google Chromeをベースに作られたChromeOSで動作するパソコンだ。インターネットブラウザのChromeがそのままOSになったような感じと思えばいい。OSそのものがブラウザみたいな感じなので、デスクトップがない。基本的にはインターネットに接続してWeb上で使うOSと考えるといいと思う(オフラインで使えないわけではないが)。

 とにかく起動が速い。電源が切れた状態からインターネットにアクセスできるようになるまで、数分もかからない。思いついたときに使えるというのは、これまでのストレスに気付かされる。

 デスクトップがない、ファイルシステムがないという状況は、なかなか想像がつかないかもしれないが、今であれば、インターネット上でできることが多く、困ることはない。保存容量そのものが極端に小さく、オンラインストレージの活用は必須だろう。何よりChromebookは値段も安いのだ。

 アイキャッチ画像は、2010年11月居酒屋たこちゃんでの一コマ。7年も前のことだったか・・・。Googleドライブに保存されていた画像を使った。インターネット上にある画像であれば、Googleドライブにダウンロードもできる。デスクトップや他のファイルシステムがないので、ウェブ上のストレージが頼りになる。

 アドセンス広告も、アフィリエイト広告も、PCやMacでやるのと何も変わらない。コピーしてペーストすればいい。

 Chromebookの軽快さ、応答のよさは、Chromeアプリを使うことで、他のOSと同様な使い方を模索もできる。ただ、専門性の高い、重い作業は期待できない。Evernoteやインターネットショップ、オンラインバンク、ラジオなどを利用するときにアプリがあればもっと軽快に使うことができる。「こんな使い方、できますか。」と実例をあげて質問していただければ、もっと答えられることがあると思う。

【送料無料】ASUS C201PA-FD0008 ネイビーブルー Chromebook [ノートパソコン 11.6型ワイド液晶 eMMC 16GB]

価格:28,800円
(2017/11/23 23:24時点)
感想(0件)

 Office 365 Soloを無料で試すをクリックすると、1ヶ月無料でOffice 365 Soloを試すことができます。いつでもキャンセルはできますが、キャンセルしないで、1ヶ月の無料期間を過ぎると、年間12,744円の利用料金を支払わなくてはなりません。表示された情報を見ると月額1,274円(税込み)となっているので、年額は実際には15,288円になるので、注意が必要です。もし使うなら、最初から年払いにしておいた方がよさそうです。

 クレジットカード情報を登録したのち、この画面で「購入」をクリックするとダウンロードができるようになります。使用できるのは、2台のパソコンで、WindowsでもMacでも、その両方1台ずつでも構いません。また、2台のiPad、スマートフォンにもインストールすることが可能です。私はMac版のWordを試したいと思ったので、この操作をやっています。

◆スポンサードリンク

 ずっと、WindowsではMicrosoft Officeを使っていましたが、Macでは使ったことがありません。Macには、PagesやNumbersなどのOfficeソフト(MacではiWorkと呼んでいます)が入っているので、困ることはなかったのですが、Wordファイルのやり取りがうまくいかないときがあったり、Pagesだと縦書きの文書が作れません。Adobe InDesignを使うほどではないし、OfficeがWindowsと同様に使えるのであれば、使うかもしれません。

 購入には二の足を踏んでいたのですが、1ヶ月試用できるということを知り、試してみたくなりました。

 使用するパソコンは、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014) CPU:2.6GHz Intel Core i5; 8GB Memory; macOS Sierra (バージョン10.12.5)です。ダウンロードを実施しましたが、今や化石となった感のあるADSL環境ではインストーラーのダウンロードがなかなか終わりません。使用したいのはWordだけなので、もう少しスムースにできることを期待していたのですが、仕方ありません。

 Windowsパソコンには既にパッケージ版のOfficeが入っているので、特に必要とはしていません。現在のソフトとの比較をするためにインストールしてみようとは思っています。

自動更新をオフにする

 そのままだと、1ヶ月後には自動的に支払いをすることになります。直前にキャンセルすれば支払う必要がありません。ですが、キャンセルを忘れることもありえます。

 そこで、支払いの自動更新をキャンセルできないだろうかと思い、やってみたら、できました。

 これで、1ヶ月後には自動的にOffice 365 Soloは使えなくなりますが、同時に自動的に支払いをする必要はありません。ただし、今度は気に入って使い続ける場合には、あらためて購入するか、期限までに自動更新をオンにする必要があります。

◆スポンサードリンク

パソコン教室のエフセブンは、ウインドウズじゃないとダメってことはありません。

時々、電話などで尋ねられることがあります。「Macだけど、いいですか?」とか「タブレット(Android, Windows)を教えてください。」とか、「iPadを買ったけど、よくわからない。」「iPhoneのここだけ教えて下さい。」「Linuxをインストールしてほしい。」などなど。

巷にある初心者向けのパソコン教室のように、最新のWindows(今ならWindows7, 8/8.1, 10)で、Office2013以降(2010, 2013, 360)がインストールされていなければダメ。というような極めて限定された「条件」は、ありません。

パソコンに関すること、なんでもいいよー。パソコンそのものじゃなくても、パソコンと関わりがありそうなものなら、なんでもいいよー、というのが、パソコン教室のエフセブンのスタンスです。

ケータイ、タブレット、PDA、電子ブック、デジカメなど、パソコンにつながるものであれば、何でもオッケーな教室です。

教室っていっても、そこに行かないといけないんじゃなくて、こちらから、お伺いします。出張のできるパソコン教室です。鳥取県・兵庫県近郊であれば、出張料金はゼロ円です。個人で経費を抑え、ほぼ出張専門でやっています。

ソフト(アプリ)も、何でも教えます。もちろん、クロームブックでもだいじょうぶ。よほど特殊な業務用OSでない限り、ひと通り教えることができます。※CD、DVDなど、著作物のコピーなどはお断りしています。

◆スポンサードリンク



今年2015年に入って、WindowsMeでの依頼が3件ありました。ちょっとびっくりですね。カナリ前のOSですから。でも考えてみると、Windows95から、もう20数年になるのですね。MS-DOS(エムエスドス)の時代からパソコンに触っているので、隔世の感があります。当時はノートパソコンは特殊で、高価なものでした。ほとんどが、巨大なデスクトップマシンでしたね。UNIXの端末になると、机ひとつ分の大きさがありましたから。

【カスペルスキー・オンラインショップ】



 新しいパソコンやタブレット、スマートフォンを買うと、セットでケースや保護フィルムを購入している人は多いと思います。携帯電話やスマートフォンは落とす確率が高いし、全面クモの巣状態になるくらいに割ってしまった経験があるので、スマートフォンには、ラプソル保護フィルムを貼っています。あとiPadにもネットで買った両方合わせて千円くらいのケース&フィルムをつけてます。

 でも、他の製品にはまったく何も貼っていません。ケースもつけていない。傷やホコリがつかないように普段から手入れをしていれば、あまり必要性を感じていません。よく絞った濡れ雑巾で軽く拭いて、乾いたファイバー繊維のクロスで拭きあげると、いつでも新品です。13インチのMacBook Proもそのまんま。iPadのケース&フィルムもずっとつけっぱなしで相当にくたびれてきたので外そうかと思っているくらい。

 案外、なきゃないで済むんですね。特殊なスプレーもいらないし、画面専用クロスとかじゃなくて、濡れ雑巾と乾いた雑巾があれば、いつでもピカピカ。

 ああ。でも、携帯・スマートフォンは持ち歩くから、必要ですね。iPhoneには、auショップで、ガラスのやつ、貼ってもらいました。既にひび入ってるけど、iPhoneは無事です。

[以下は、スポンサードリンクです。]


私がパソコンを本格的に使い始めたのは30歳からです。まだOSがMS-DOSの頃でした。BASICで小さなプログラムを作り、黒い画面に表示されたカーソル(「プロンプト」と呼んでいました。)に、英文の呪文(「コマンド」です。)を打ち込んで、一つ一つプログラムを実行していました。もちろんBASIC以外の、当時としては充分に実用的なソフトウェアの数々も利用していました。

当時から、ノートパソコンは利用していましたが、非常に高価でしたので、会社の貸与品を持ち帰っていました。仕事を持ち帰ることはできるだけしないようにしていましたが、プログラムを趣味として楽しんでいた頃でした。パソコン通信を始めたのもこの頃で、EPSONのデスクトップパソコンを購入しました。その後、自分用に初めて購入したノートパソコンはMacintoshのPowerBook5300csでした。

ここまで、約20〜25年前の話をしました。もちろんその後もWindows95から始まって、現在のWindows8.1に至るまで、何台もノートパソコンを使ってきました。しかし、その使用頻度はというと、現在常に持ち歩いているのは、iPadのみ。この文章もiPadとBluetoothキーボードで作っています。

今のノートパソコンは、25年前のデスクトップはおろか、ワークステーションを遥かに超えた性能を持っていて、しかも驚くほどコンパクトです。しかも値段も決して高くはありません。当時のノートパソコンは軽自動車が買えるくらいの値段だったのです。しかもほとんどというか、まったく自分でプログラムを作る必要はありません。すぐに使える便利なアプリがたくさんあります。

ASUS ASUS VivoTab Note 8 M80TA-DL64S

新品価格
¥33,700から
(2014/11/2 08:59時点)

でも結局のところ、ほとんどのことをiPadで済ませているので、今ではノートパソコンには出番がないという状況です。そうだなあ。8インチくらいのWindowsタブレットなら、出番があるかも知れない。どうしてもWindowsでなければ使えないアプリがあるので、まったく手放すことはできないから使っているだけなので。

25年前のラップトップコンピューターって、今では姿を見ないですよね。というか、何それ?っていう方がほとんどだと思います。気が早いかも知れませんが、既にノートパソコンって、いや、デスクトップもですが、ガラパゴス化し始めているような気がします。あなたがノートパソコンの存在理由を見つけてください。私にはもうないような気がしますので。