◆スポンサードリンク



どこかに既に書いたかも知れないけど、アップルウォッチの便利な機能に、Macのロックをパスワード入れないでも自動解除してくれるっていうのがある。

これは、アップルウォッチを装着して、Macに近づくだけ。

アップルウォッチを手首から外した場合はNGなので、誰かが勝手にMacを使うってこともありません。

Apple Watch で Mac のロックを自動解除する方法

これは本当に便利というか、必須です。

今、指紋認証やら、カメラでの顔認証やら、いろいろありますけど、アップルウォッチでの認証が、とってもスムースだと思う。

21世紀に入って、18年になりますが、ようやく未来が現実になりつつあると思います。

ますます楽しみな未来です。

[PR]【人事労務freee】

Apple Watchのアプリは2種類ある
Apple Watch3で電話、そして音楽を聴く。
Apple Watch3でアプリBearを使う
林檎時計、Apple Watch3
林檎時計、向く人、向かない人

メインで更新しているサイトは、このパソコン教室のエフセブンと、tajiri90.comの2つです。

この2つだけでも、毎日の更新ができていないのに、10個くらいサイトを作っているので、残りの8つのサイトはほとんど手付かずの状態です。

じゃあ、更新しなくっちゃと、だからといって、無理はしたくないわけです。というか、無理はできない。

ひとつの記事を書くのに、イメージがあれば、だいたい20分あれば書けると思う。3時間あれば10個のサイトは更新できる計算だ。

ただ、やはりネタ切れになると、記事が書けない。

ネタの仕込みというと、ふだん考えていることをメモを取るのが一番大きいでしょう。

◆スポンサードリンク



一番よく使っているのは、Evernote(エヴァーノート)ですね。

Macでは、Bear(ベアー)もよく使ってる。

OneNoteや、Googleドキュメント、Dropboxなどは、別の使い方をしています。

EvernoteもBearも、タグが使えるし、検索が容易なのと、割と無頓着になんでも書き込んでおけるというのがよく使う理由です。

一時、slackも使っていましたが、これは情報を共有するグループで使うといいだろうなと思う。

グループウェアを使うほどじゃないけど、情報を共有したいとき、slackやyammerは、便利だ。

これらのアプリやソフトの使い方は、またそれぞれに記事を書いてみようと思う。

Evernote, 7notes, iPad(ブログ)
日々考えていることをメモをする(ブログ)
Apple Watch3でアプリBearを使う(ブログ)
共有原野~シェアする未来(ブログ)

【PR】飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

プライバシーって何だろう。

ふと、そんなことを考えました。

日本では、2005年に「個人情報保護法」が施行されました(2017年に一部改正)。

それまで、個人情報が「保護されていない。」状況が、さまざまな事件や事故を引き起こしている社会問題があったからでしょう。

名簿が売られていたり、ストーカーなど犯罪に使われたりしたことがありました。

◆スポンサードリンク



今はインターネットの時代です。ネットを駆け巡る速度は、加速しています。

一方で、FacebookやTwitter、LINEがあったり、YouTubeで結構な個人情報さらしたり、まあ自分の個人情報ですから、自分で利用する分には問題はないわけなんですが。

AIスマートメディアも、顔や名前を記憶してくれたりするでしょう。個人情報のカタマリである携帯電話やスマートフォンもインターネットにつながっています。

個人を特定されない情報だけど、個人情報がさまざまな情報がもとになっている巨大なデータの集合を「ビッグデータ」と言われています。

単独のコンピュータシステムでは扱えないビッグデータも、どんどんインターネットが解析するようになると思います。

EU(欧州連合)では、2018年5月25日(もうすぐ!)一般データ保護規則を施行することになりました。

日本の個人情報保護法以上に厳密にさまざまな情報を守りましょうという法律です。

EUだけでなく、EUとかかわるすべての国に影響が生まれます。

プライバシーは守られる対象ではあるけれど、その一方で今後ますますプライバシーは何かあった時には逆に守られない可能性が増えてきます。

もし、事件の当事者になった時、Facebookのページから画像が抜き出されてメディアに公開されたりします。

プライバシーはもはや存在しないのかも知れません。

プライバシーって何だろう。

経済産業省の個人情報保護のページ

一部のわがままな政治家たちが権力を長く持ち続けているせいで(おかげで?)、権力者に対する忖度(そんたく)や不正が、どんどん明るみに出ています。

私にとっては、すごく不思議で驚きなんですが、こうした状況の中でも、世の中は何ごともないかのように、そのまま動いています。

世の中には、「差別や不平等をなくしましょう。」と声高に言う人がいます。「差別や不平等はなくすことができる。」「なくすことができるはずだ。」と言い切る人もいます。理想論と言ってしまえばそれまでだけど、それってちゃんと見えているのだろうかと、ふと考えました。

どこにそんな根拠があるのだろうか。それは、制限速度50キロの道路を時速50キロで走っているクルマを、制限速度をオーバーしないで追い越せることができると言っているようなものじゃないのかな。

◆スポンサードリンク



私が見る限り、世の中に差別や不平等はあります。男女間でもそうだし、学校のいじめなどもそうでしょう。社会から落ちこぼれた人と思われると、ただそう見えるだけで白い目にさらされます。世界に目を転じれば、戦争や紛争は絶えません。ちゃんとした状況が見えていない中で無益な戦闘が行われ、兵士も住民もただ傷つくばかりです。

人は、「まあこれくらいなら」「これまでもそうだったから」と考えます。そういう「あるものをないものにしようとする」論理が、差別や不平等を見えにくくし、逆に助長しています。そのことを考えない、見ない人が多いように思えます。先生だから、上司だからと立場を利用する人もいるでしょう。もちろん、私にも心のどこかにあるのだと思います。人を傷つけたこともありました。ただ、私は考えたい。そのままを見る。あるものを、ないことにはしたくはないと思うんです。

いいか悪いかで論ずれば、差別や不平等はないに越したことはないですね。

ただ誰も自分はかわいい、身内はかわいいと思うでしょう。自分や身内が差別されれば憤る人でも、優遇を受ければ、そこにある差別や不平等に気づかないことがあるのではないかな、と思います。

しっかりと見る癖をつけておきたいです。そして、いい悪いではなく、そのままを感じたままを、その心を見逃さないようにしたいと思います。

【PR】看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

数日前に、「マネックスグループがコインチェックを買収か?」という記事を書きました。その後、2018年4月6日、マネックスグループは、36億円でコインチェックを買収して、完全子会社化することを発表しました。

◆スポンサードリンク



コインチェックによるNEMの大量流出は大変な事件でしたが、今後、展開がどうなるのかによって、仮想通貨の行方が変わってきます。

ひとまずコインチェックが廃業することなく、再スタートを切ることが決まったことは喜ばしいことだと思います。コインチェックの現社長・和田晃一良氏、取締役・大塚雄介氏は、買収が決まり、現職を退任することが決まっています。

今後スマートフォンでの決済が一般的になります。

今でもコンビニなどでそれは可能ですが、現在は、あくまでクレジットカードが別にあって、結果的に円で支払っていることになります。そのため、どこかで手数料が発生します。そのシェアを取り合うためにポイントや割引で誘導しているわけです。

仮想通貨は、その円に代わって流通します。直接支払い、直接受取りが可能になるため、基本的に手数料はかかりません。ある程度流通しはじめると、加速度的に普及するんじゃないかと思われます。

OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!月額1,980円(税抜)~

ちょっと未来を想像してみましょう。ぼくの勝手な想像ですので、実現するかどうかはわかりません。

・世界企業である飲料水C社が専用アプリで、仮想通貨で買える自動販売機を設置する。
・全国一斉に仮想通貨でモバイルS定期券を購入すると、半額になるキャンペーンを始める。
・コンビニのアルバイト給与の受取りを振込か仮想通貨か選択できるようになる。
・ローン金融大手のA社が仮想通貨取引業者となり、仮想通貨融資業を始める。
・各社スマホに仮想通貨アプリが常駐するようになる。
・九官鳥が「ツーカツーカ カソーツーカ」と喋るTVコマーシャルが作られる。
・有名人の結納金がめちゃめちゃ高額の仮想通貨で新聞の一面にその額が掲載される。
・現金を持ち歩かなくなる。現金ということばを知らない世代が生まれる。

◆スポンサードリンク


人って「持ちたがる」生き物だなあと常々思う。

クルマを持ちたい。家を持ちたい。お金がほしい。恋人がほしい。それに「もっと」とか「いい」がついたりするから厄介だ。クルマを持っているにもかかわらず、もっといいクルマを持ちたがる。

そういうときって、見ているのは、外側なんですね。人とくらべてる。自分にはただ「ない。」と思ってる。あってもないって思っていたりする。

いや、まあ、持てる人はいいと思うんです。

いわゆる「テル族」ですね。・・・そんな言葉ないですけど。今、作りました。

家が金持ちだったっていう人、いいじゃないですか(うちはちがうけどー)。アレほしいで買えるんなら。

私もテル族になりたいと思ってて、ずっとチタイ族だったと思うわけです。

能力とか、才能とか、あこがれますよね。

人ができないことをできているって思うから。

でも、よーく考えてみたら、その人がやっていることっていうのは、その人しかできないことなんですね。

はい。

あたりまえ川柳: コンビニで酒買うじいさん二十歳過ぎ まるせん川柳

あたりまえのコンコンチキチキです。

で、最近、私はチタイ族からタナイ族に変わったのです。

もちろん、その途中経過では、テナイ族だと気づく過程があったりするわけですけども(笑)。

また、あたりまえを書きますけど、人が持っているものは基本持てないわけです。でもそれって自分が持っているものも人が持てないものだったりするってぇことに人生50年くらいかけて気づくわけですね。

ことばで書くと、なんだそんなこと、なんですけどね。

で、できることをやったらええやん。

だんだんことばが標準語じゃなくなって、標準ごちゃ混ぜ西日本語になってしまうぅ。

みんなそうしたらおもしろいんじゃないかって、最近思い始めてます。

人間、ひとりひとり違うわけだから、理不尽なって思うぐらいの差があったりするんですね。それも比べちゃうとってことなんですけど。

で、そういうのあたりまえって思ったらいいし、テル族をうらやましく思ってもぜんぜん構わないし、でもタナイ族って開き直ってもええやんて。

で、自分ではそう思ってなくても、気がついたら人からテル族だと思われているかも知れないんだし。

きっと、いつの間にか自然にできることをやってると思うのでー。

◆スポンサードリンク


ギターのレッスンでも、オカリーナのレッスンでも、クラリネットでも。「歌って。」と言うんだけど、誰もなかなか本気にしてくれません。

皆さん、楽器を構えると、歌がどっか飛んで行っちゃいます。特に楽譜とがっぷり向き合ってしまうと、音符が並んだような音が聞こえてきます。

腹式呼吸を何か特別な呼吸法だと思う必要はありません。

深くて、ゆったりと気持ちのいい呼吸が自然できているとき、結果的には、それが腹式呼吸になっているということです。

◆スポンサードリンク


夜、眠っている時、気管支系の病気でもない限り、肩で呼吸している人はいません。お腹が膨らんだり、しぼんだりします。誰もが自然に腹式呼吸になっています。

朝、目が覚めて起き上がると、活動に必要な呼吸に切り変わります。肋骨を広げ、肩で息をします。この時、腹式呼吸から胸式呼吸に切り替わっています。これも実は自然なことなのです。呼吸そのものは、姿勢や運動、気分によって、深さや量、速さなどが、さまざまに変化します。

その中で腹式呼吸が注目されている理由というのは、深く安定した持続可能な呼吸が歌や楽器の演奏に必要だからです。

また、最適なバランス、循環につながるため、ダイエットや健康につながる呼吸だとも言われています。

さて、呼吸の主役である肺は、それ自身をコントロールして、広げたり縮めたりすることができません。

腹式呼吸とは、横隔膜と骨盤底の間にある腹部の筋肉を使って、横隔膜を下げることで、息を吸う呼吸法のことを言います。

自然な腹式呼吸を身につけるため、私はレッスンを通じて、このような方法を勧めています。

ゆっくり5つ数えながら、鼻から花の匂いをかぐようなイメージで息を吸います。そのときに下腹に手のひらを当てて、臍下丹田に意識を集中させます。

ゆっくりと10から20くらい数えながら、鼻または口から息を吐きます。このときも臍下丹田という体の芯にある深い泉から息が出ているようなイメージを保ちます。

この吸って、吐いてを途中で止めないで、循環するようなイメージで5〜6回繰り返します。

無理をしないことが大事です。浅い呼吸から、徐々に深い呼吸にしていくと効果的です。

日常この呼吸法をやっていただくのにお風呂で湯船につかっているときがいいと勧めています。

体がリラックスできますし、水圧がかかるので、無理なく呼吸ができます。また、毎日の習慣となり、腹式呼吸が身につきやすくなると考えるためです。

毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる

新品価格
¥1,382から
(2018/2/20 09:40時点)

先日、コインチェックのNEM(ネム)のサーバーから、不正アクセスで日本円に換算して580億円を超える資産が流出したというニュースがあった。

多くの人にとって、なんとなくアヤシイものとして「仮想通貨(暗号通貨)」という言葉は浸透しつつあって、こういうニュースが流れると「やっぱりアヤシイ」という反応が出てくる。
◆スポンサードリンク



わけわかんないならワカンナイ。知らないなら、素直にシラナイでいいと思う。アヤシイと思うのも自由だ。

実際ぼく自身もNEMという名前の仮想通貨があることを今回のニュースで初めて知った。2015年に使用が開始されたというから、2009年から存在するビットコインに比べると、やっと3年目を迎える新しい仮想通貨だ。

仮想通貨がアヤシイと思われる一因には、他の通貨に比べて、価格の変動が大きく、投機の対象となることがあげられる。また、マネー・ロンダリングに使われる可能性もあり、高額な取引が行われた場合、司法がその情報を管理しようとする動きもある。

でも、それは本当に多額の取引をした場合のこと。

コンビニで貯まるポイントや、電子マネー、商品券のような使い方にとどめておくことは可能だ。当教室で仮想通貨に関するサポートやレッスンをする場合も、必ずしも利益になるわけではないし、投機的な使い方はお勧めはしていない。

あくまで少額取引に限れば、パソコンやスマートフォンだけで決済ができる便利なものだ。取扱店舗が増えてレジ打ちをしていないのに、あっという間にレシートが出てくる場面が日常になれば、急速に普及するようになるだろう。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

新品価格
¥1,620から
(2018/1/29 16:01時点)

ネックバンド式のBluetoothヘッドセットを購入したおかげで、Apple Watch3でやっと音楽が聞けると喜んだ。

ただ、どうやらその音楽アプリには2種類あるらしいということがわかった。

「Apple Watch単独で音が出るアプリ」と、「iPhone経由で音が出るアプリ」

つまり、前者はiPhoneがなくても単独で動作するアプリ、後者は単にApple Watchに登録されたアプリとして表示されるけど、iPhoneのアプリへのショートカットがWatchの画面に出ているだけで、iPhoneのリモコンでしかないもの。

見かけはどちらもWatchから見ると同じアプリなんだけど、いざ音を出そうとしたら「実際に鳴っている方」にヘッドセットを繋がないと、音が出ない。

ややこしや。

パソコンみたいにショートカットってひと目でわかればいいのにね。

ラジオアプリが何種類かあるんだけど、たとえば、TuneInの場合は、これはリモコンアプリ。Watchの方で選局ができたり、ボリュームを変えることができたりもするけど、動いているのは、iPhoneのアプリ。だから、iPhoneの方にヘッドセットをつながないと音が出ない。ずっと無音で、何の案内も出ないわけ。

一方で、AppleのRadioアプリは、Watchから音が出る。iPhoneからは音が出ない。Watchもヘッドセットをつながないと音が出ない。

ややこしやー。

ミュージックアプリも、同期専用のプレイリストを作ってやらないと、Watchからは音が出ない。アプリはあるのにライブラリが空っぽなんてことが起きちゃう。

ほんに、ややこしやあ。

ああ、でもちょっとずつわかってきた。

何年かしたら、このわけのわからない投稿の意味がなくなるくらい、もう少しシンプルでわかりやすい状態になるんだろうな。

それでも、いいですよ、Apple Watch。

◆スポンサードリンク


Bluetoothヘッドセットを検索すると、かなーり、あやしい製品が目白押しですね。

中には外観はAirPodsそのもので、めっちゃ安いのとか。

共通しているのは、その安さと、大げさな利用者コメントと、名称がちょっと違ってたりというところとか。

でも見分けがつかないものもありそう。

気をつけてくださいね。Bluetoothヘッドセット、5,000円〜10,000円はふつう。それより安いのは、それなりの性能ですよ。使えなくはないでしょうけどね。

 「ロボットが人間の世界を侵略する。」というような、50代のぼくが小学生だった頃のような、古典的なSFのテーマが、今頃になって現実味を帯びてきたように騒がれている。

 AIと呼ばれる人工知能が、スマホ、パソコン、ここ数年で生まれたAI端末などで飛躍的に浸透してきたのがその原因らしい。ゲームではもうAIにはかなわないし、クルマも自動運転になりそうだし、コンビニも店員がいらなくなりそうだ。そのうち、朝起きたら、トーストとコーヒーが壁からウィーンって出てきて、口の中にピンポンくらいの大きさのボールを放り込んだら、勝手にそのボールが口の中の歯磨きと掃除をしてくれる、なんてことになりそう。

 だって実際、『鉄腕アトム』に登場した未来都市の風景は普通だし、壁掛けテレビも、携帯電話、腕時計型電話も今は現実にある。

◆スポンサードリンク


 今、人々が不安に思うことは、「ロボットに仕事を奪われそうだ。」ということ。可能性は以前からずっとあったのに、急に現実味を帯びてきたように人々が感じてる。

 でもでも、それこそ政府が「働き方改革」なんて言わなくても、働き方は自然に変わるんだろう。AIも利用すればいい。ほっとけばいいし。もっと今までできなかったことを人間がやればいい。ぼくはそう思うんだ。

 人々は「仕事がなくなると、収入がなくなる。」と思ってきたんだ。そうやって、どんどん仕事を増やしてきた。そういう経済システムを押し付けられてきたからだ。今は、それが限界になっただけって考えたらどうだろう。

 ようやく、一人ひとりが生きられると思ったらいいんじゃないかな。どうしたいか、何が心地よくて伝わるのかを、イメージしたいと思う。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

新品価格
¥821から
(2017/12/29 22:56時点)