新元号は「R」でアール。

新元号が発表されました。「令和(れいわ)」と決定されました。5月から略号も「H」から「R」になるんですね。5月1日は「R1.5.1」となります。その前日が、H31.4.30ですね。

長野県飯田町から愛知県豊橋市に抜ける国道151号線は「R151」ですね。何かイベントをするんでしょうか。あんまりピンとこないかも知れませんね。

生年月日の記入欄の「M」は残るでしょうか。「MTSR」と並ぶのでしょうか。「mean time to system restoration(MTSR)」という言葉があるみたいです。日本語にすると「平均システム回復時間」だそうです。なんのことやらですね。システムに障害が起きてから回復するまでの平均タイムのことだそうです。どういうときに使われるんでしょうか。

「TSR」だけだと、いろんな団体、企業の略称に使われているようです。

「18禁」は「R18」。今から令和18年生まれの子どもが18禁になるんじゃないかと、心配してる人もいます。どうなんでしょう。

「令」の文字。手書きだと、中の文字は「点とマ」になります。それでいいらしいんですけど、「違う!」って言う人も出てきそうですね。

2019年は「平成」と「令和」の両方がある

昭和から平成に変わったのが1月8日だったので、昭和64年は1週間しかなくて、1月1日にさかのぼって平成が始まったと勘違いしている人が多いようです。1989年1月7日までは昭和64年で、1月8日からが平成元年でした。だから、2019年も4月30日までが平成31年で、5月1日からが令和元年になります。

まあ、でも確かに、ややこしいですね。

Reiwa。

◆スポンサードリンク