おためしチケット(構想)

6ヶ月間有効な1万円チケット

以前、回数券みたいな制度を作ったことがあります。何人か、それでパソコンのサポートをやったことがありました。毎回カードにハンコを押して「あと何回ですね。」みたいな感じで、やりました。

それはそれで、まあ好評だったんですけど、時間オーバーしたときに、どうカウントするか、悩んだことがあります。そのうちの一人は、しょっちゅうパソコンを買い換える人で、時間のかかるセットアップを何度かやりました。

2時間かかりましたから、2回分というのは、当然そうなるし、セットアップは一律5,000円で別料金としてもよかったんだけど、それはそれで線引きがなんとなく難しい。

◆スポンサードリンク



宣伝しなくなって、その方ともお付き合いがなくなって、回数券は消えました。

何回でも、時間のある時に、サポートやレッスンを受けられるチケットを作ってみようかな。制限は1回が1時間以内、6ヶ月ということだけ。パソコンでも、音楽でも。

回数を決めちゃうと、10分で終わっちゃうような場合もあるんですね。回数券のときは「0.5」ってカウントしてましたけど。それは、サービスとして。でも、回数が関係なければ、5分で終わってもいいわけです。1時間以上かかるサポートは、その分をその都度、別料金としていただく。これで1万円だったら、1時間2,500円のサポートが4回で同額、5回以上で割安になります。

もしやるとしたら、10枠限定かなー。それ以上は増やせないと思う。

「お。それいいねえ。」という方がおられたら、「ホームページ見ました。」と声をかけてください。

LINE@の方でも、メッセージを書いてみました。