Lenovo ThinkBook 13s

ふだんぼくがメインで使っているパソコンは、MacBook Pro 13(2014)と、 2019年の7月下旬に購入した、ノートパソコンThinkBook 13sです。

他に自宅で常時電源が入っているWindowsPCはもう1台あって、こちらは、かなり古いCore i3デスクトップなので、今ではスリープから立ち上がるのも時間がかかります。ほかのことをしながら、画面を見る、作業をするというスタイルなので、それでもなんとか使えてはいますけど。

だから、サクサク動くこのThinkBook 13sを手に入れてからは、こっちがメインで、Core i3デスクトップの方は、ともすれば、電源が入っていないサブ機になっています。

お客様のところに出張レッスンをするスタンスなので、自分のことだけなら、MacでもChromebookでもいいんだけど、どうしてもWindowsとOfficeが外せないシーンが出てきます。ThinkBookもこの冬、ずいぶんお客様のところに行って年賀状とかね。大活躍でした。

CPUは、ちょっと前(2018年)のi5-8265Uで、じゅうぶんにサクサク動く。MacBook Pro 13(2014)もCPUはi5なので、いいコンビですね。

キーボードも打ちやすいです。

トラックパッドが、ぼくの感覚では、ちょっと左寄りな感じがして、クリックしたつもりが右クリックだったりすることがありました。だから、ふだんはマウスを使ってます。ちなみに、トラックパッドキャンセルのボタンは、F6キーに割り当てられています。

13インチというサイズは、解像度うんぬんの前に、老眼ド近眼の目にはちっとも優しくない。時々解像度を下げて使ってますね。さすがに。推奨のままだと、画面は広いんだけど、メガネどうしようかって微妙です。

だもんで、デスクトップで使っている23インチのディスプレイが快適だったりするわけです。

ただ、お客様のところで、いろいろなノートパソコンを見るわけですけど、持ち運びは、13インチが限界ですね。あ。もちろん、個人差はありますよ。

そもそもCD/DVD、最近はブルーレイですけど、回転ドライブ要りますか?

この1年くらいディスクを必要とする場面はほとんどなかったですね。パッケージでソフトを買わないですし。データの保存も、既にクラウドのみです。

バックアップのときだけ、外付けでSSDをつなぎます。そういう使い方が主だと、15インチ以上の重いパソコンは既に「デスクトップ」です。

そうそう。製品レポートとしては、もっとも重要なことを書いておかないとね。このパソコン、排熱が底面に集中しています。サイドやヒンジ部分にはありません。なので、夏の間は、しょっちゅうファンが回っていました。

そのおかげですっきりしたデザインになっています。暑い時期はちょっと底面を持ち上げられるスタンドがあると、いいかな。冬場は、あまり気になりません。