警告、注意、はバツで消す?

パソコンを使っていると、突然、注意!とか、危険!警告!などの黄色や赤色を使ったウインドウが出ることがあります。

「修理を開始」「修正を開始」とか、「解決」などのボタンが表示され、クリックするとまた別の画面が出て、何やら作業を始めているような表示が出ます。最終的に、何かしらの広告が表示されて、すべてのエラーを修復するには購入する必要があるとかというようなメッセージが出る場合があります。

いろいろなケースがあり、画面を消しても、何度も出てくる場合があるし、かなりの金額を請求する画面が出てくる場合もあります。

これらは、ほとんどが不正なプログラムです。

単なる広告の場合もありますが、詐欺的なもの、ほうっておくと、良くないものもたくさんあります。

プログラムの削除で簡単にアンインストール、削除できるものもありますが、通常のアンインストールでは完全に削除できないものもあります。

決してやってはいけないのは、画面の表示にしたがって、電話をかけたり、メールを送ったりすることです。

パソコンの操作に支障が出るようなケースもあります。お困りの場合には、パソコン教室のエフセブンにご相談ください。