すっげー!!はやぶさ2

年月や距離とか考えると、途方もなさすぎて実感はわかないんだけど、はやぶさ2がリュウグウって名前の星の「タッチダウン」に成功したってニュースは、まじすっげーって思う。

興味があって、詳しいことを知りたい人は調べてみると面白いかも。
JAXA | 宇宙航空緩急開発機構

宇宙兄弟(25) (モーニング KC)

新品価格
¥637から
(2019/2/24 08:59時点)

おなじみのWikipediaでもいいんだけど、ちょっと詳しすぎるわー、わからへんわーって感じるのであれば、開発に関わったNECのページ(下記)が読みやすくて、面白いかも。
小惑星探査機「はやぶさ2」: NECの宇宙開発利用への取り組み「宙への挑戦」 | NEC

ネットでつまみ読みすると、あちこちで「着陸」「着地」ってことばを使ってるんだけど、これって微妙で、NECの場合は「到着」って書いてある。こっちのほうがぴったりかな。どこかに、鳥のはやぶさが獲物をゲットするときみたいなイメージで探査機の名前がつけられたみたいなことが書いてあったので、ぼくは「タッチダウン」って書いてみた。

ほかのハヤブサ

隼(はやぶさ)っていうと、こういうのもあるなぁ。画像は、スズキのホームページからお借りしました。画像をクリックすると、ページが開きます。スズキのバイク、隼です。美しいバイクだなあ。

鳥取県には、八頭(やず)というところに、隼という名前の駅(若桜鉄道)があります。ここは、上の隼ライダーの聖地みたいな感じになってます。けっこう盛り上がってますね。
隼駅 | Wikipedia

◆スポンサードリンク

連続投稿継続中です。昨日のPV(ページビュー)は33でした。土日は低い傾向があります。