第12回まなび・ふれあい交流会、終了。

もう12回になるんだー。第3回からオカリーナ教室として参加したんだと思う。ちょうど10回目になる。

クラウド給与計算ソフトシェアNo.1【人事労務freee】

第4回は、オープニングの日が2011年3月11日金曜日だった。

午後は、鳥取市を離れて、倉吉市へ移動して、NHK文化センターのオカリーナ教室に行ってた。1時のクラスが2時半に終わって、自販機で買ったコーヒーを飲みながらくつろいでいると、3時からのクラスの生徒さんたちが、慌てた様子で駆け込んできた。

「ニュースで、東北が地震って言ってました。」
「津波があるみたいです。」
そのときは、そんなに深刻に思ってなかったんだけど、携帯でニュースを見ると、異様に規模が大きい災害だということがわかってきた。

その日の夜は誰もがテレビのニュースに釘付けになった記憶があると思う。

2日目のまなび・ふれあい交流会では、ロビーで、クラリネットアンサンブルの演奏をすることになっていた。「大丈夫だったか。親戚や、友人は?」そう、声をかけあった。

3日間の交流会をこのまま続けるかどうかは当然話し合われたと思う。いきなり中止にしたとしても、予定していた人は来る。パニックや、混乱を避けるには、なるべく平静を保ちつつ、計画を予定通り進めるしかなかったんだと思う。

3日目、日曜日には、オカリーナ教室もステージで演奏を披露した。

歯科医師共同開発した口臭サプリ【ブレスマイル】

毎年、この日の記憶がよみがえる。忘れられないと思う。鳥取に暮らしてさえそうなのだから、当事者の記憶は深い傷となって残っているだろうと想像できる。

必要なのは、癒やしであり、生きるエネルギーだ。一人ひとりが、自分をみつめて、自分を満たしていくことだけが、未来へつながるのだと思う。

2019年3月10日、第12回まなび・ふれあい交流会が無事幕を閉じた。