Dropboxとインターネットセキュリティ

インターネットセキュリティは日々、セキュリティ技術が高まっています。

その中で、Dropboxなど、共有アプリなどと競合することが増えているようです。

Dropboxとインターネットセキュリティのどの部分が競合するというと、Dropbox上のファイルを編集すると、Dropboxフォルダの中に「.dropbox.cache」というキャッシュフォルダが作られます。これが、セキュリティプログラムにとっては、不明なファイル操作として検出されてしまうことがあるようです。

そのため、Dropbox内のファイルを保存しようとすると、「他の人が開いています」というようなメッセージが出て保存できず(保存できる場合もある)、Dropboxフォルダに.tmpファイルが作られます。

そのため、対策としては、Dropboxフォルダと、「.dorpbox.cashe」フォルダへの両方を、監視対象から「除外」する必要があります。パソコンそのもののセキュリティは守られるため、このために安全性が低下することはありません。

たぶん、この症状は、セキュリティソフトや、Dropboxの更新のタイミングによっては、出ない場合もあるのでしょう。

◆スポンサードリンク