新元号が発表されました。「令和(れいわ)」と決定されました。5月から略号も「H」から「R」になるんですね。5月1日は「R1.5.1」となります。その前日が、H31.4.30ですね。

長野県飯田町から愛知県豊橋市に抜ける国道151号線は「R151」ですね。何かイベントをするんでしょうか。あんまりピンとこないかも知れませんね。

生年月日の記入欄の「M」は残るでしょうか。「MTSR」と並ぶのでしょうか。「mean time to system restoration(MTSR)」という言葉があるみたいです。日本語にすると「平均システム回復時間」だそうです。なんのことやらですね。システムに障害が起きてから回復するまでの平均タイムのことだそうです。どういうときに使われるんでしょうか。

「TSR」だけだと、いろんな団体、企業の略称に使われているようです。

「18禁」は「R18」。今から令和18年生まれの子どもが18禁になるんじゃないかと、心配してる人もいます。どうなんでしょう。

「令」の文字。手書きだと、中の文字は「点とマ」になります。それでいいらしいんですけど、「違う!」って言う人も出てきそうですね。

2019年は「平成」と「令和」の両方がある

昭和から平成に変わったのが1月8日だったので、昭和64年は1週間しかなくて、1月1日にさかのぼって平成が始まったと勘違いしている人が多いようです。1989年1月7日までは昭和64年で、1月8日からが平成元年でした。だから、2019年も4月30日までが平成31年で、5月1日からが令和元年になります。

まあ、でも確かに、ややこしいですね。

Reiwa。

◆スポンサードリンク

もう12回になるんだー。第3回からオカリーナ教室として参加したんだと思う。ちょうど10回目になる。

クラウド給与計算ソフトシェアNo.1【人事労務freee】

第4回は、オープニングの日が2011年3月11日金曜日だった。

午後は、鳥取市を離れて、倉吉市へ移動して、NHK文化センターのオカリーナ教室に行ってた。1時のクラスが2時半に終わって、自販機で買ったコーヒーを飲みながらくつろいでいると、3時からのクラスの生徒さんたちが、慌てた様子で駆け込んできた。

「ニュースで、東北が地震って言ってました。」
「津波があるみたいです。」
そのときは、そんなに深刻に思ってなかったんだけど、携帯でニュースを見ると、異様に規模が大きい災害だということがわかってきた。

その日の夜は誰もがテレビのニュースに釘付けになった記憶があると思う。

2日目のまなび・ふれあい交流会では、ロビーで、クラリネットアンサンブルの演奏をすることになっていた。「大丈夫だったか。親戚や、友人は?」そう、声をかけあった。

3日間の交流会をこのまま続けるかどうかは当然話し合われたと思う。いきなり中止にしたとしても、予定していた人は来る。パニックや、混乱を避けるには、なるべく平静を保ちつつ、計画を予定通り進めるしかなかったんだと思う。

3日目、日曜日には、オカリーナ教室もステージで演奏を披露した。

歯科医師共同開発した口臭サプリ【ブレスマイル】

毎年、この日の記憶がよみがえる。忘れられないと思う。鳥取に暮らしてさえそうなのだから、当事者の記憶は深い傷となって残っているだろうと想像できる。

必要なのは、癒やしであり、生きるエネルギーだ。一人ひとりが、自分をみつめて、自分を満たしていくことだけが、未来へつながるのだと思う。

2019年3月10日、第12回まなび・ふれあい交流会が無事幕を閉じた。

ここ数日忙しくて、30日間連続投稿が途絶えました。満月から初めて、新月を過ぎたので、ひと呼吸しているところでもあります。いわゆる数日の「中休み」です。

まあ、それで「あー、もうダメだぁ。」という性格ではないので、また今日から再開です。逆に燃えたりしてっ!!

Google AdSenseのレポートを見ると、ここ数日のアクセス数は、たしかに低下しているようです。A8.netアフィリエイトに関しては、もともとまったく成果は出ていないので、影響はわかりません。

残り期間、少し何か対策を考えてみようと思います。

【アバスト】30日間無料体験版、返金保証付き

自宅でレッスン可

キーワードを少し工夫してみましょうか。

まず、これまでのすべての投稿に「自宅でレッスン可」というキーワードを追加して入れてみようと思います。

これがぼくの一番の「売り」ですから。

パソコンでも、音楽でも、自宅でレッスンを受けられます。

「ちょっと困った。」
「ここを教えてほしい。」
1時間2,500円から。入会金はありません。グループや高度な内容になるほど、料金は高くなります。すべてご相談の上で。

と、なんだか、ブラックジャック方式(!?)のように思われますが、お一人で初めてなら、ほとんどの場合、1時間以内2,500円で済みます。

クラウド給与計算ソフトシェアNo.1【人事労務freee】

まずはお電話で

「ちょっと遠いんだけど・・・。」
鳥取から行きますので、交通費がかかりそうなら、ご相談させてください。遠方にも行くとことはあります。パソコンに関しては、情報処理技術者、パソコン整備士の資格者。音楽はオカリーナ、クラリネット、ギターとマルチです。もちろん理論も。わざわざ呼ぶだけの価値はあります。
まずは0857−72−1305電話でご相談ください。

LINEは@fseven

現在の空き予定については、下記のカレンダーをご参照ください。

「ポケットに入る図書館」とまで言ってしまうと、ちと大げさになる。それは、言い過ぎ。そのうち、そうなるんだろうけどね。

でも、本棚ひとつ分くらいの本はいつでもポケットに入れて持ち歩ける。

>>電子書籍について(当サイト内リンク)

電子書籍は、専用のブックリーダーを買わなくても、スマホのアプリで読める。タブレットでも、パソコンでも本が読める。

もちろん、紙の本もいい。ぼくも手にとって読みたい本があれば、紙の本も買う。図書館にも行くし、借りて読むこともある。

ダメージで不安定になった、肌リズムを整える美容液【リズムコンセントレート】

電子書籍のいいところ

電子書籍のいいところは、なにより、手軽さだ。

読みたいときに、読める。本屋に行かなくても買える。無料で読める本もある。図書館で時間をかけて探さなくても見つかる。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

専用のブックリーダーのいいところは、読みたい本のページがすぐに開けるところだ。ぜひブックカバーをつけてほしい。ブックカバーをつければ、ディスプレイのオンオフも自動でやってくれる。

ブックリーダーのほとんどのディスプレイに採用されているのは、モノクロのEインクを使ったシステムだ。活字がくっきり見えて、読みやすい。そして、スマホやタブレット、PCに比べると、はるかに長くバッテリーがもつ。スマホやタブレット、PCで採用されているディスプレイは消費電力が大きいためだ。

現在、スマホ以外にタブレットも持ってるという方は、スマホではAという本を読み、タブレットではBという本を読む、という使い分けができる。大画面のタブレットの場合は、カラー表示もでき、雑誌なども原寸に近い状態で読めるし、拡大もできる。

◆スポンサードリンク

パソコンと音楽って、けっこう結びつきが深い。

もともと、CDが鳴らせたってこともあるしね。今の40代から50代くらいの中には、CDをいろいろ組み合わせてドライブ用の音楽CDを作ったりした経験のある人は多いと思う。もっと前の世代はカセットテープで同じようなことをしていたんだ。それは、パソコンがなかった時代だ。

今は、ネットだね。スマホやタブレットもある。

広告:第3世代New Echo Dot

ストリーミングサービス

今の定番は、Spotify(スポーティファイ)かなぁ。「音楽発見サービス」ってキャッチコピー。曲を選んで聞くっていうよりも、「読書中」「ドライブ中」とかって、シチュエーションに合わせて聞くスタイル。その中で気に入った曲をチェックする感じ。広告が入るけど無料で使ってもいいし、広告の入らない有料のサービスもある。

Apple Musicや、LINE MusicYoutube Musicみたいな、前からあるサービスと音楽が結びついたようなサイトもけっこうある。無料で使えるサービスもあるし、有料のサービスもいろいろある。こうしたダウンロードしないで音楽を聞くサービスを「ストリーミングサービス」という。気に入った曲があったら、ダウンロードしてもいいし、検索して聞いてもいい。iTunesなどで、1曲ずつ購入することも可能だ。

広告:バルコスの春財布!

音楽情報サイト

音楽情報サイトというのもいろいろある。音楽はやっぱり生!ライブで聞きたい好きなアーティストの情報を知りたいってことはあると思う。アーティストのfacebookページやTwitterをチェックするのもありだし、情報サイトをチェックするのも一つの方法だ。

「音楽情報サイト」でググると、rockinon.com(ロッキング・オン)がトップに出てくる。アーティスト関連のニュースを中心に発信しているのが、音楽ナタリー

老舗も健在

BARKS(バークス)は、海外アーティストの情報をキャッチするのに最適だ。もちろん日本人アーティストもたくさん登録されている。知りたいアーティストを選んで、メール配信もしてくれる。

あ。そういえば、Myspace(マイスペース)ってのもあったな。と思い出した。どうやら今でも健在のようだ。サインインしてみたら、英語でした。ここはまだSNSが盛んになる前の老舗。

◆スポンサードリンク

いきさつ

ぼくの自宅が教室で、田後港のある漁村なんですね。世帯数も200くらいの過疎の村。

教室を開設した2000年から数年は、自宅でもレッスンをやってたんだけど、そのうち、父親の介護が必要になり、まだ小さい子どももいたりして(今はすっかり大きくなってる)、自宅でレッスンをするのが難しくなった。

それで、当時は、パソコン講習会などもあちこちで盛んで、外に出る機会が多かったもんだから、レッスンも外に出てやることになった。

講習会と同じように、会場を借りて、新聞に広告を出して、募集してみたいなこともやったんだけど、そうすると、費用がかかるし、準備が大変だった。

それからは、講習会もやめ、当時は「出張レッスン」って言ってた「出前レッスン」だけに絞ることにした。

もともと鳥取県が行っていた障害者向けの出前IT講習会の講師を務めていたことがあり、情報処理技術者や、パソコン整備士の資格もある関係で、トラブル対策、パソコンサポートで声がかかることが多かった。

2019年、この4月から娘が県外に出るので、レッスン室にあった机も娘に譲ろうと思ってる。

ってことで、自宅に残っていたレッスン室の名残のようなものも消えてしまう。レッスンで使ってたパソコンも古いのは処分しちゃってるし。

黒板だけは残ってるなあ。ホワイトボードではなくて、チョークでカリカリ書く黒板。もう小学校でも使わないような緑色の古い黒板。

広告:15ミリ15粒の高級天然石 タイチンルチルクォーツ のパワーストーンブレスレット

交通費

交通費は、近場なら取らないことにしてる。だいたい鳥取市、岩美町とその周辺。それ以外は、公共交通機関を使ったらこれくらいっていうのを調べて、あるいは自己申告していただいて、交通費分を別にいただく。

鳥取県内ならどこでも行くし、岡山県や兵庫県北部も、呼ばれていったことがあるので、行ける。

音楽も出前レッスン

もちろん、パソコンだけじゃない。音楽のレッスンもやるよ。

オカリーナ、ギター、クラリネット、歌、その他。

歌というのは、意外に思われるかも知れないけど、音楽の基本だからね。楽器をやっている人、音楽を教える仕事をしている人にアドバイスをするような歌のレッスンをやってる。

あくまで、ぼくのパーソナリティに沿ったレッスンになるし、こうしたいという要望を聞きながらレッスンを進めることにしてる。

広告:タンザナイト原石

連絡先など

電話番号は0857-72-1305。LINEでfsevenかocarina_muを検索してもオッケ。

待ってます!楽しいレッスンやりまっせ。

◆スポンサードリンク

リズムが取れない。間(ま)がわからない。なぜでしょうか。どうしたらいいでしょうか。こういった質問を受けることがよくあります。

これは、リズムを「タイミング(テンポ)」と「長さ」というふうに、思考で捉えていることに問題があります。

リズムというのは、「連続した波(ビート)」の中に存在する、「点」のひとつひとつをつなげたものに過ぎません。

リズムを「連続した波の中にあるもの」と捉えるためには、思考で捉えるのではなく、呼吸や体の動き、イメージや言葉で捉えることが重要です。

Kindle、電子書籍リーダー、Wi-Fi、4GB、ブラック、広告つき

新品価格
¥7,980から
(2019/2/8 07:14時点)

人や動物の本能というのは、意識を集中するとき、無意識に呼吸を止めたり、浅くすることがあります。(ネズミを狙う猫を想像してみてください。)

音楽の場合は、集中が必要なときほど、息を止めることはありません。

オーケストラの指揮者が、第一楽章の一振りをまさに下ろす瞬間、オーケストラの団員が、呼吸を止めているでしょうか。ソプラノ歌手が、長いカデンツァを歌い終わったあと、アリアを歌い始めるときに、伴奏者のピアノが息を止めていたらどうなるのでしょう。

もし、メトロノームを使って練習するとしたら、まずこの呼吸を感じながら手を叩いてみてください。

一例として、M.M.80くらいのゆったりしたテンポで、4拍で吸い、4拍で吐くを繰り返し、1拍ずつ手を叩くというような単純な練習です。

次第に手の動きも、連続した動きの中でリズムが作られるように感じられるでしょう。その手の動きが、ピアノの鍵盤や、ギターの弦を鳴らすのです。波のある呼吸の中での、連続した動きがあり、その波の中でリズムが作られるように感じると、それが聞いている人の意識に伝わります。

◆スポンサードリンク

平成31年1月18日(金)、倉吉市文化活動センター・リフレプラザにて。オカリーナ教室「白壁琴リーナ」。

今年は、暖冬と言われていますが、北海道、東北や日本海側の山沿いで多く雪が降っています。平野部でもそろそろ降るんじゃないかと、寒波が来るたび、ビクビクしているところです。

今回この教室の方で、咳がひどくて、肋骨の骨折(ヒビ?)のため、お休みの方がおられました。一日も早い回復をと祈ります。

向こう半年くらいの、日程の調整をしました。ぼくの都合だったり、5月連休だったり、8月お盆だったり。幸い、どの月にも第5週があるケースだったので、第5週に振り替えることができました。

「休符から始める」(F管)これは、ぼくが作曲した練習曲です。ここでは、この曲から始めることにしています。

「山小舎の灯」三重奏、アンサンブルの曲です。全員で演奏します。

ジブリ・メドレー「もののけ姫〜いつも何度でも〜崖の上のポニョ」ジブリの名曲を3曲、少人数でメドレー形式でやりました。

「星影のワルツ」これは、二重奏の曲です。

「黒い瞳」ぼくが下のパートを吹きました。
「花の首飾り」ぼくはギターを弾きました。二重奏です。

上の2曲は、個人レッスンでやっている曲です。この日は、全体の合奏練習のあと、個人レッスンもやりました。

これは、Yammerの方で記録をしている文章から、実名や、細かいことを省いて、一般に公開しているものです。すべての教室のことを書くのは大変なので、テストケースとして、いくつかのグループについて書くことにしました。

◆スポンサードリンク

あのチップみたいなの、USBメモリとか、SDカードとか、最近どんどん容量が大きくなってきてて「デカイ。」のか「これじゃ足りねぇよ。」なのか、どっちなの?って時々思う。

ふと、使ってない古いiPodがあったので、自分の持ってるCDをiPodに取り込もうと思った。

取り込む音楽ファイルの形式がmp3(メムピースリー)の設定になってて、CDの1曲が3メガバイトだったわけ。12曲だから、36メガバイトって、ふつうCD1枚が700メガバイトくらいだから、すっごくサイズが小さいわけ。

あー、もう、こうやって、暗号みたいな名前や、数字が出てきた時点でアウトって人、いるね。

ぼくも本当は苦手よ。マジ。

試しに取り込む音楽の形式をより高音質なApple ロスレスにしてみた。そしたら、mp3のときに、3メガだった曲が16メガあるわけ。5〜6倍のサイズになるのよ。

まあ、要するに音がよくなったら、数字が大きくなったってことね。

音楽をいい音で聞こうと思ったら、それだけメディアのサイズが必要になるってことだわ。

ぼくの持ってるiPod、16ギガバイトしかないから、ソッコーでmp3に戻したわ。だって、1曲16メガあったら、単純に計算して、1,000曲も入らないわけだし。mp3なら、5,000曲は入れられる、かな。やってみるけど。

写真なんかもそう、動画とか、もっとサイズが必要。

いいカメラで、きれいな写真を撮ろうと思ったら、サイズの大きなメディアが必要になるね。

512メガバイトくらいのUSBメモリを使ってた頃、「こんなちっさいスティックみたいなのに、CD1枚分くらい入るんだぜぇ、すげぇなぁ。」って思ってたのに、その1,000倍の512ギガはおろか、テラサイズ(寺じゃない。)のUSBメモリもあるっていうから、驚きっすね。

◆スポンサードリンク

本人認証のため、免許証をiPhoneで撮って、そのjpg画像を送りました。ちょっと日数がかかるようです。

YAPLEってなに?

読み方は、わかりません。「ヤプル」だろうか。

音楽のさまざまな活動をやりたい人(グループ)と、音楽を求めている人(団体)を結びつける登録制のサイトのようです。

直接やりとりしてもいいんだけど、情報が集まってて、ある程度お互いのことがわかっていたほうが、いいよね。というようなコンセプトだろうか。

正直なところ、登録したばかりなので、ぼくも、まだよくつかめていません。とにかく、YAPLEのサイトを見てみてください。

ついでに、ぼくのYAPLEプロフィールもどうぞ。

◆スポンサードリンク