自分のホームページやブログにアフィリエイト広告を掲載するというのは「現代版のバナナの叩き売り」をするということだ。通りに面していない日陰の軒下にぶら下げた干物は、いくら「売ります」という張り紙をしても売れない。まず、ホームページを「表通り」に出す必要がある。インターネットの「表通り」というのは、汎用的な検索ワードで上位に上がるということだ。そのためには以前は盛んにSEOということが叫ばれていた。キーワードとディスクリプション(概要)、それに更新頻度であり、それらを確実に反映した良質なコンテンツが揃う必要がある。そのことは今でも変わりはない。しかし、通りいっぺんのパターン化されたSEO対策が最近は功を奏さなくなってきた。人々がコンテンツの中身を重視するようになり、非常に目が肥えてきたからにほかならない。今はまだインターネット上に流れているコンテンツは、質も量も混沌としていて、まとまりがない。デマも多く、単なる複製も多い。それがさらにリツィートされ(Twitter)、シェアされる(facebook)。筆を洗った水でまた水を洗うような現象が度々発生する。どういうことかというと、終息したデマがしばらくしてまた火が付くようなケースが起こるのだ。そうした中で、正確で的を得たコンテンツがどんどん存在価値を薄められて流されてしまう。

話が少し逸れたように思うが、アフェリエイトで成果をあげるためには、流されず、評価されるコンテンツをできるだけ「表通り」に押し上げる必要がある。これがすべてだと言っていい。どんなに超絶うまい「干物」でも、通りに面していない日陰の軒先にぶら下げた干物は売れないのだ。

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト

新品価格
¥1,598から
(2016/6/29 23:21時点)

今の混沌とした状況は、いずれ変わると思う。そのときにあなたのサイトにどれだけ良質のコンテンツが残っているかが本当の勝負になると思う。

私はメモや記録をとるのに、以前はもちろん「紙」を使っていました。「紙」はいつでも、取り出して書いたり見たりすることができます。それに文房具が好きで、用紙やペンなどもたくさん持っていました。

一方で、ずっと前からiPadのような持ち運びできる「電子の紙」の登場を心待ちにしている気持ちもありました。ですから2010年5月の初代iPadの発売は待ちに待ったものでした。とふと、Evernoteに残っている一番古い記録を見てみるとiPad購入以前の2009年10月20日「Evernoteにようこそ」となっています。当時の記録では携帯電話からメモを保存してパソコンで編集するということを試行錯誤しながらやっているようです。ええと何て言いましたか、Webノートでもない、モバイルでもない、そうそう「ネットブック」ですね。そう呼ばれていました。小さなノートパソコンを持ち歩いて記録を取り始めています。まだ、紙も併用していたと思います。いったん紙にメモしたものをまたEvernoteに書き写すみたいな「何やってんだ?おまえ。」みたいな非効率なこともやっている時期がありました。

そのネットブック以外にもノートパソコンを車に積んで、インターネットに接続するのに通信速度の遅いカード端末をつないで更新をしていたのでした。それが、ほんの7年前・・・。モバイルバッテリーもなかったので、バッテリーの残量を気にしながら、こまめにシャットダウンをしていました。

◆スポンサードリンク



iPadを入手してからは、メモ用のさまざまなアプリを使いました。最初よく使っていたのはFastEverでした。これは便利です。メモしたものが即Evernoteのメモとして保存されます。随分長い間使っていました。今使っている7notesに変えたのは、手書き入力との相性の良さからです。以前は手書きメモというと、ペンやマウス(パソコンの場合)を使っていましたが、指先で適当に書いた文字が活字になる。7notesからEvernoteへは、保存の操作が必要ですが、それほど面倒ではありません。

Evernoteが役に立つことはもう言うまでもありません。どんなに古い記録でもキーワードで検索できますし、タグをつけておけば、まとめてメモを一覧できます。Webの切り抜きや、スクリーンショット、写真なども残すことが可能です。しかもどの端末からでもいつでも見ることができるのですから、もうこれは手放すことはできないでしょう。

今は、紙のメモはほとんど使いません。

Facebookや他のSNSの記録をメモ代わりにしている方も最近は多いのですが、SNSではプライバシーは守られません。それに決して検索性は良くありませんね。そういうとき、Evernoteは本当に役に立ちます。

という文章を書いたあとで、Evernoteから「Evernoteベーシックの仕様変更について」というメールが届いた。それによると「お客様は現在、2 台よりも多い端末で Evernote をお使いいただいております。この仕様変更には 30 日の移行期間を設けさせていただきますので、お手数をおかけいたしますが、ご利用端末数の調整をお願いいたします。」ということが書いてある。さらに「近日中に、お客様のアカウントへの具体的な変更内容とその他のオプションについて弊社よりご連絡を差し上げます。」ということで、Evernoteベーシックというのは無料のアカウントですが、今後2台以上で使うなら、有料になりますよということらしい。はて、どうしたものか。

リンク:Evernoteの価格プランの改定について

EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]

新品価格
¥1,490から
(2016/6/29 09:29時点)

新しくドメイン、fseven.tottori.jpを取得した。もう少し短いドメインも取れたと思うが、既にtajiri90.tottori.jp というサイトがあるので、ドメイン名に共通項があっていい。日本語のサイトはこの日本語ドメインで作成しているので、fseven.tottori.jp は完全に英文のサイトにすることにした。日常、英語で考える脳ではないので、Google翻訳の力を借りながら、ちょこちょこと更新している。英語を考えると、視点が異なることに気が付いた。英語では、主語がないと文章にならないから、軸がぶれない。逆に言えば日本語ならそのあたりをぼかした文章が自由に書けるということなのだろう。そう気づけることがおもしろい。もっと時間があれば、韓国語、中国語、イタリア語でもサイトを作ってみたいのだが、あまりたくさんのことを一度にしない方がいいだろう。

Kindle Oasis Wi-Fi 3G バッテリー内蔵レザーカバー付属 ブラック キャンペーン情報つきモデル

新品価格
¥41,190から
(2016/6/29 01:19時点)

ADOBE DREAMWEAVER CS4、バージョンは10.0、ビルド4117。発売は2008年ですので、かなり古い(発売後8年)パッケージです。なぜこのバージョンなのかというと、取引のあるお客様のパソコンにインストールされているソフトがこのバージョンだからです。もちろん最新のバージョンCCの方もいます。パソコン教室では、古い方に合わせたほうが、教えるときに迷わなくて済みます。新しいバージョンは、古い製品を基本に開発されているからです。CCについては、知識があればそれでじゅうぶん。数年経てばそうも言っていられないでしょうが、CS4に関してはHTML5となった現在も、もう少し使えそうです。

CS4でのレッスンが途切れているため、しばらく使っていませんでしたが、今日は自分で使うためにインストールしました。

ADOBE DREAMWEAVER CS4, version 10.0, build 4117. Since the sale is 2008, it is quite old (8 years after release) package. The reason why this version of, software that is installed on your PC with a deal is because it is this version. Of course Some people of the latest version of CC. In the personal computer classroom, better tailored to the older it is, you need not get lost when you teach. The new version, because have been developed based on the old product. For CC, so enough if there is knowledge. Will not do so also it says if Haitai a few years, but now that has become HTML5 For CS4, is a little more work likely.

For lessons in CS4 is interrupted, but did not use for a while, today was installed in order to use on their own.

ADOBE DREAMWEAVER CS4 버전 10.0 빌드 4117. 발매는 2008 년이므로 꽤 오래된 (발매 후 8 년) 패키지입니다. 왜이 버젼인가하면, 거래가있는 고객의 PC에 설치되어있는 소프트웨어가이 버전이기 때문입니다. 물론 최신 버전 CC 분들도 있습니다. 컴퓨터 교실에서는 옛날 방식에 맞게 편이 가르 칠 때 헤매지 않아도됩니다. 새 버전은 이전 제품을 기본으로 개발되고 있기 때문입니다. CC는 지식이 있으면 그걸로 충분. 몇 년 지나면 그렇게 말도하지 못할 것입니다 만, CS4 관해서는 HTML5가 현재도 좀 더 사용할 수있을 것입니다.

CS4에서 수업이 중단되어 있기 때문에 당분간 사용하지 않았습니다 만, 오늘은 직접 사용하기 위해 설치했습니다.

Google翻訳 / Google translation / Google 번역



 今日、表示灯株式会社というところから愛媛の海沿い出身だというTさんという若い営業の方が来られました。今日訪問されるのが、どういう内容なのかは事前にはわからなかったのですが、5月末に岩美町役場の入口にどでかいインフォメーションボードが作られるということで、広告のご案内でした。地図と連動してナビタッチにホームページをリンクするというようなことでした。事業所印のホームページアドレスが古いままで、f-seven.bizだったけど、岩美町内唯一のパソコン・音楽教室であり、願ってもないこと。契約書に印を押しました。

RIMG0742

 社印、作りなおしたほうがいいのかなあ・・・。

fseven_logo 正方形のロゴが必要だったので、作ってみました。第1号です。

[スポンサードリンク]


 「ホームページを作るのに、どれくらい費用がかかるの?」という質問をいただきました。ここに、一部、参考事例をあげながら解説をしてみたいと思います。

プロバイダが用意しているホームページスペースを利用する場合

 インターネットに接続するには、通信事業者およびプロバイダ(インターネットサービス・プロバイダ)と契約をします。

 通信事業者の例としては、NTT西日本日本海ケーブルネットワーク(NCN)などが挙げられます。また、プロバイダの例としてはNTTコミュニケーションズOCN(オーシーエヌ)などがあります。日本海ケーブルネットワークの場合には、プロバイダも同じです。

 契約上、ほとんどの場合、そのプロバイダがホームページ用のサーバーを用意していることがあります。

 私の場合、ハルインターネットと契約をしているので、ハルのサーバーを使ってオカリーナ吹きのみゆうのホームページを作っています。こうしたプロバイダから用意されたユーザー用のホームページを自分で作る場合には、そのサーバーのスペースの利用料金は込みの場合がほとんどです。「込み」なので、無料というわけではありませんが、追加料金はありません。そういう意味では、「タダみたいなもの」です。この場合、ホームページのアドレスは、プロバイダのアドレスにユーザー名をつけたような感じのものになります。

無料ホームページサイトを利用する場合

 メールアドレスさえあれば、無料でホームページを作成することができるサイトはたくさんあります。有料のサイトに比べて機能や容量が限定されているものや、広告が表示されるものなどがありますが、簡単なホームページを作ることができます。

 上記はごく一部です。まだまだいろいろあります。音楽ライブユニットぽんかん。は、Jimdoを利用してホームページを作成しています。

ドメインとサーバーを取得する場合

 プロバイダも、無料ホームページも、ホームページアドレスは自由に設定できるわけではありません。用意されたサーバーのアドレスを使うことになります。そうではなくて、ちゃんと自分の決めたアドレスを使いたいという場合には、ドメインに登録し、サーバーを作るか借りるかしないといけません。これが一番自由度が高くて、一番費用がかかる方法です。

tajiri90.com

 Tajiri90.com(タジリキュージュードットコム)は、自宅の住所、岩美町田後90番地を連想されるドメイン名で作成したホームページです。

tajiri90.tottori.jp

 http://tajiri90.tottori.jpは、住所そのものをドメイン名にしたようなサイトです。ここに岩美まちづくりの会のリンクもあります。

→ホームページを作ってみたい今さら聞けないホームページの作り方

ホームページ作成について

ホームページを作ります

これで十分という無料ホームページ《favy編》

ホームページをリニューアル中



SNSと比較して、マイペースで更新できるブログサービス

 ここで65歳以上の方々をシニアと呼ばせていただくことにして、このシニア世代の方々は、2002〜2005年頃、インターネット「ブログ」サービスが、ニュースや様々なメディアで取り上げられ始めた頃、職場では定年を間近に控えていて、なるべくパソコンやインターネットから距離を置こうとしていた傾向が強い。そのシニア世代が、最近ようやく生活にゆとりを感じ始め、趣味を生かして、ブログに興味を持ち、始めようという方が多い。そこで、もっと手軽なSNSはどうですか?とSNSを勧めると、facebookツイッターはやらないと言われます。SkypeLINEなどもあまりいい印象を持っておられない様子です。ほとんどは、ゴシップ的なニュースの影響だと思われますが、それももったいないことかなと思います。

 さて、そのシニア世代の方がこれからブログを始めようというしたら、どのサービスを選ぶだろうか。以前は、世代を意識したブログやSNSサービスもあったが、いつの間にか姿を消したものも多い。ブログを始めるにあたっては、いろいろと見てみるのもいいだろう。

 ブログサービスには、Googleアカウントで利用できる非常にシンプルなBlogger(ブロガー)のようなものと、様々なメニューが用意されていて、多機能なもの等、無数にあります。人気がありながらサービスの終了したブログ人のようなものもありますが、今も定番として残っているブログには、息の長いサービスも多い。特徴は、様々な機能があって、それぞれ独自のスタイルを持つものも少なくない。

様々なブログサービス

muragon(ムラゴン)

 インターネット通販の会社、株式会社ムラウチドットコムが運営するブログ・サービス。

ココログ(@nifty)

 @niftyが運営するブログサービス。

FC2ブログ

sh_fc2blogheadbar_logo

 FC2.comが運営するブログサービス。FC2.comの様々なサービスで共通のFC2 IDで利用出来る。

アメーバ・ブログ

 芸能人のブログも多くあることで有名なブログ・サービス。もちろん、芸能人だけじゃなくて、誰でも無料で利用することができる人気サービスだ。

Yahoo! ブログ

 2005年から始まったYahoo! JAPANのIDで開設できるブログサービス。何度か大きな変更があったが、操作性は以前とそんなに変わらない。

2016年、平成28年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年はどんな年になるのかは、わかりませんが、今強く予感していることは、「音楽を作る。」・・・曲目だったり、演奏だったりと、音楽を作る年になるだろう。そして、文章をどこかに残していくだろうということです。絵も描くのかも知れない。きっと、今までイメージしてきたことがより具体的になる年だろうなと感じています。




もともと「パソコン教室のエフセブン」という名称があって、最近は音楽教室としての事業が増えてきたので、便宜上「パソコン・音楽教室のエフセブン」としていたんだけども「これは長い名前だなあ・・・。」と、今頃やっと気がつきました(遅い!)。
これからは、単に名称は「geo7.jp(ジオセブン)」として、その中に出張のできるパソコン教室「パソコン教室のエフセブン」と、人と人をつなぐ音楽教室「音楽スタジオセブン」があるということにしようかなと思っています。

「geo(ジオ)」というのは、studio(スタジオ)のジオとgeopark(ジオパーク)のジオとをかけているわけです。

となると、現在の「fseven.jp」を「geo7.jp」に置き換えるという案が有力でしょうか。ちょっと整理してみましょう。

geo7.jp ここがメインサイト。ここからリンク
パソコン教室のエフセブン.com パソコン教室(このサイト)
tajiri90.tottori.jp 音楽教室「音楽スタジオセブン」

この他に「www.hal.ne.jp/mu/」があります。これは完全にプライベートなホームページです。

インターネット上のサービスは、ある日突然終了することがある。先日は、NTTグループOCNのブログ人とPageOnが次々に終了を迎えた(PageOnは2月末)。今日は株式会社ネクストが運営していたLococomとmytableの終了のお知らせメールが届いた。両サービスとも3月末で終了することになるらしい。多くの場合、こうしたメールがあって、終了するまでの告知期間は、数週間から数ヶ月程度しかない。もちろん、まったく告知しないで終了するよりもいいが、それぞれのユーザーが失う損失は利用頻度が大きければ大きほど、大きなものになる。

すべては時代の流れであり、やむを得ないことなんだろうと思う。かつて日本社会は、さまざまな事象ができるだけ長続きすることを前提に作り上げられてきた。会社も長く、生涯にわたって勤めるのが美徳とされた社会であった。時代は変わった。どんどん変わり、淘汰される社会が生まれつつある。その分、役に立つものも次から次に生まれる。役に立つものを活用はするが、依存はしない。同じ生涯をかけるのなら、変化の大きい外部に投資するのではなく、自分に投資する時代になったのだと思う。

ちゃんと、自分に投資する。単なる自己愛ではなく、自他を活かすために。