前から言われていたことなんですが、あるお客さんに「超初心者向けのパソコン用語辞典を作ってくれ。」と今日も言われました。

申し訳ないことに、これまで、まったく手付かずでした。

別のことで、電子書籍出版をやってみようと思っていたところなので、これも一つの題材として、取り掛かろうかなと思います。

電子書籍を作るには、いろんなやり方があると思うのですが、この「いろはパソコン用語辞典」については、
1)五十音順じゃなくて、「いろは順」の辞典にする
2)Pagesで作り、EPUBとPDFの両方にエクスポートする
ということの2点を決めて始めます。

アルファベット順、五十音順というのはありふれているし「いろは順」というのもおもしろいかなぁという発想です。地元の田後海洋少年団の手旗信号のイラストか写真を入れられたらいいなぁ。そんな感じです。

EPUB形式は、電子書籍には必要ですが、多くの人はPDFの方が慣れていて、見やすいかな。なので、PDFでも公開しようと思います。

いろはパソコン用語辞典へのリンク(PDF)このリンク先のファイルは今後更新していく予定です。

◆スポンサードリンク

ぼくが、いつからEvernote(エヴァーノート)を使っているのかを調べてみました。一番最初の“ノートブック”「Evernoteにようこそ」の作成日が2009年10月20日となっていました。

Evernote – Wikipediaを見ると、日本語化されたのが、2010年3月3日だそうで、実際にぼくが自分で入力したメモを残している日付を見ると、2010年3月5日となっていて、日本語化されるまでは登録はしたけど、使っていなかったのが実態です。なので、ぼくのEvernote使用歴は、約9年でした。

当時、メモアプリとしては、Microsoft Officeに付属しているOneNoteの方をメインに使っていたことを思い出します。でも、Evernoteを使い始めると、こっちのほうがシンプルで手軽だとぼくは感じ、プラットフォームの異なるデバイス間でのデータのやり取りが可能なことが気に入り、今も使い続けています。

その後、iPadやスマホを使うようになると、メモをとって、その都度、タイトルをつけてEvernoteに放り込み、あとで、検索してタグ付け、というスタイルが定着しています。FastEverなどの連携アプリを使うと、Evernoteはもっと便利になります。

今はAgenda(アジェンダ)、Slack(スラック)、Bear(ベアー)など手軽にメモを取ることのできるアプリは増えました。文書として保存するには、Dropbox Paper、Googleドキュメントなども役に立ちます。OneNoteもOneDrive、Office間連携でもっと便利に使う方法はあります。

ひとりSlackを脱出!(当サイトのブログ記事)。
Evernote, 7notes, iPad(当サイトのブログ記事)

◆スポンサードリンク

当ホームページ、WordPressサイトにプラグインを追加して、Google地図を貼ってみました。

インストールすると、メニューにMapが現れます。

基本出張がメインなので、突然いらしてもぼくはいません(笑)。

この周辺は、風光明媚なところだし、アニメfreeの「聖地」だったりします。それに山陰ジオパークの一部です。見どころ、自然、いい景色はたくさんあります。海の幸も豊富で、海鮮のうまいもんが食べれます。

人工的なアミューズメント、遊園地的なものは何もありません。

ご用がありましたら、いつでも呼んでください。でんわ:0857-72-1305、LINE:@fseven 代表岸本みゆうです。

◆スポンサードリンク

WordPressで新規投稿をしようとすると「予期しないエラーが発生しました」というメッセージが出て、編集画面が表示されないという症状がここしばらく続いていました。

対処として、設定でブロックエディターを停止していたのですが、プラグインの方でクラシック・エディターを停止して、グーテンベルグを有効にしたら、復旧しました。

で、そうすると、メニューが英語表記になってしまいます。

プラグインのグーテンベルグを削除すると日本語のメニューに戻りますが、やはりエラーが発生します。グーテンベルグプラグインとその設定に問題があると思うのですが、対処法がわかりません。

いずれ、アップデートで直るかな。再インストールとか、必要になるのかな。設定ファイルをエディタで編集してアップロードしなきゃいけないとか、面倒だなと思っているところ。

もう少し様子を見ようと思う。

◆スポンサードリンク

ギターレッスンについて

Googleドキュメントを使うと、オンラインで編集、参照できる文書を作ることができます。ePub形式の出力もサポートされているので、将来電子書籍を作りたいと思ったときに、文書をそのまま利用することができます。上記は公開している文書「ギターレッスンについて」へのリンクです。

まだまだ編集中ですが、誰でもこの文書を参照することができます。

Googleドキュメントには、スプレッドシートやスライドの様式も用意されています。それぞれ、ドキュメントはWord、スプレッドシートはExcel、スライドはPowerPointの代替として利用することができます。Microsoft Officeとの互換性はありませんが、出力するファイル形式にWord, Excel, PowerPointを選択することもできます。




もう12回になるんだー。第3回からオカリーナ教室として参加したんだと思う。ちょうど10回目になる。

クラウド給与計算ソフトシェアNo.1【人事労務freee】

第4回は、オープニングの日が2011年3月11日金曜日だった。

午後は、鳥取市を離れて、倉吉市へ移動して、NHK文化センターのオカリーナ教室に行ってた。1時のクラスが2時半に終わって、自販機で買ったコーヒーを飲みながらくつろいでいると、3時からのクラスの生徒さんたちが、慌てた様子で駆け込んできた。

「ニュースで、東北が地震って言ってました。」
「津波があるみたいです。」
そのときは、そんなに深刻に思ってなかったんだけど、携帯でニュースを見ると、異様に規模が大きい災害だということがわかってきた。

その日の夜は誰もがテレビのニュースに釘付けになった記憶があると思う。

2日目のまなび・ふれあい交流会では、ロビーで、クラリネットアンサンブルの演奏をすることになっていた。「大丈夫だったか。親戚や、友人は?」そう、声をかけあった。

3日間の交流会をこのまま続けるかどうかは当然話し合われたと思う。いきなり中止にしたとしても、予定していた人は来る。パニックや、混乱を避けるには、なるべく平静を保ちつつ、計画を予定通り進めるしかなかったんだと思う。

3日目、日曜日には、オカリーナ教室もステージで演奏を披露した。

歯科医師共同開発した口臭サプリ【ブレスマイル】

毎年、この日の記憶がよみがえる。忘れられないと思う。鳥取に暮らしてさえそうなのだから、当事者の記憶は深い傷となって残っているだろうと想像できる。

必要なのは、癒やしであり、生きるエネルギーだ。一人ひとりが、自分をみつめて、自分を満たしていくことだけが、未来へつながるのだと思う。

2019年3月10日、第12回まなび・ふれあい交流会が無事幕を閉じた。

ここ数日忙しくて、30日間連続投稿が途絶えました。満月から初めて、新月を過ぎたので、ひと呼吸しているところでもあります。いわゆる数日の「中休み」です。

まあ、それで「あー、もうダメだぁ。」という性格ではないので、また今日から再開です。逆に燃えたりしてっ!!

Google AdSenseのレポートを見ると、ここ数日のアクセス数は、たしかに低下しているようです。A8.netアフィリエイトに関しては、もともとまったく成果は出ていないので、影響はわかりません。

残り期間、少し何か対策を考えてみようと思います。

【アバスト】30日間無料体験版、返金保証付き

自宅でレッスン可

キーワードを少し工夫してみましょうか。

まず、これまでのすべての投稿に「自宅でレッスン可」というキーワードを追加して入れてみようと思います。

これがぼくの一番の「売り」ですから。

パソコンでも、音楽でも、自宅でレッスンを受けられます。

「ちょっと困った。」
「ここを教えてほしい。」
1時間2,500円から。入会金はありません。グループや高度な内容になるほど、料金は高くなります。すべてご相談の上で。

と、なんだか、ブラックジャック方式(!?)のように思われますが、お一人で初めてなら、ほとんどの場合、1時間以内2,500円で済みます。

クラウド給与計算ソフトシェアNo.1【人事労務freee】

まずはお電話で

「ちょっと遠いんだけど・・・。」
鳥取から行きますので、交通費がかかりそうなら、ご相談させてください。遠方にも行くとことはあります。パソコンに関しては、情報処理技術者、パソコン整備士の資格者。音楽はオカリーナ、クラリネット、ギターとマルチです。もちろん理論も。わざわざ呼ぶだけの価値はあります。
まずは0857−72−1305電話でご相談ください。

LINEは@fseven

現在の空き予定については、下記のカレンダーをご参照ください。

「ポケットに入る図書館」とまで言ってしまうと、ちと大げさになる。それは、言い過ぎ。そのうち、そうなるんだろうけどね。

でも、本棚ひとつ分くらいの本はいつでもポケットに入れて持ち歩ける。

>>電子書籍について(当サイト内リンク)

電子書籍は、専用のブックリーダーを買わなくても、スマホのアプリで読める。タブレットでも、パソコンでも本が読める。

もちろん、紙の本もいい。ぼくも手にとって読みたい本があれば、紙の本も買う。図書館にも行くし、借りて読むこともある。

ダメージで不安定になった、肌リズムを整える美容液【リズムコンセントレート】

電子書籍のいいところ

電子書籍のいいところは、なにより、手軽さだ。

読みたいときに、読める。本屋に行かなくても買える。無料で読める本もある。図書館で時間をかけて探さなくても見つかる。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

専用のブックリーダーのいいところは、読みたい本のページがすぐに開けるところだ。ぜひブックカバーをつけてほしい。ブックカバーをつければ、ディスプレイのオンオフも自動でやってくれる。

ブックリーダーのほとんどのディスプレイに採用されているのは、モノクロのEインクを使ったシステムだ。活字がくっきり見えて、読みやすい。そして、スマホやタブレット、PCに比べると、はるかに長くバッテリーがもつ。スマホやタブレット、PCで採用されているディスプレイは消費電力が大きいためだ。

現在、スマホ以外にタブレットも持ってるという方は、スマホではAという本を読み、タブレットではBという本を読む、という使い分けができる。大画面のタブレットの場合は、カラー表示もでき、雑誌なども原寸に近い状態で読めるし、拡大もできる。

◆スポンサードリンク

1月に流れていた日産のTVコマーシャル、家族が乗るセレナe-power、ハンドルを握る笑顔のお母さん。雪道でもすいすい走る映像をバックに「電気のチカラがミニバンの常識を塗り替えた」というナレーション。

雪が降ったら、あんなふうに走れるのかなぁと思ってたら、もう3月。結局雪道を走らずじまいの冬でした。

以前乗っていたミニバンが、冬になるとリッター6、7キロくらいで、走行距離が多いので、月5万円くらいガソリン代がかかる月もあった。

昨年、セレナe-powerが出たことを知ったとき、これだ!と思った。

無料会員登録してくわしくみる

この時期でも55リットルのタンク満タンで、走れる距離が800キロ超える。単純計算で、リッター14.5キロ。これがエアコンのいらないこれからの季節では、満タン1000キロくらいになって、リッター18キロ。

e-powerというのは、自分で発電しながら、電気モーターで走る電気自動車。小さなガソリンエンジンを積んでいて、必要なときだけ、エンジンがかかって、発電する。減速しているときは、タイヤから伝わる回生エネルギーも発電に回す仕組み。

【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!機能性表示食品「えんきん」

電気自動車っていうと、重くて大きなバッテリー、コンセントや充電スタンドでの充電というイメージがあるけど、e-powerの場合は、見かけ上はガソリン車と変わらない。

バッテリーはリーフに比べるとめっちゃコンパクト。バッテリーだけだとそんなに走れない。でも、燃費等トータルで考えても、e-powerは環境にやさしいクルマって言えると思う。

ローンに5万円払うのと、ガソリンに5万円払うのとでは、気分が違う。環境にやさしいクルマは気分もいい。

買ってよかったよ。よく走るしね。とても快適!

◆スポンサードリンク

パソコンと音楽って、けっこう結びつきが深い。

もともと、CDが鳴らせたってこともあるしね。今の40代から50代くらいの中には、CDをいろいろ組み合わせてドライブ用の音楽CDを作ったりした経験のある人は多いと思う。もっと前の世代はカセットテープで同じようなことをしていたんだ。それは、パソコンがなかった時代だ。

今は、ネットだね。スマホやタブレットもある。

広告:第3世代New Echo Dot

ストリーミングサービス

今の定番は、Spotify(スポーティファイ)かなぁ。「音楽発見サービス」ってキャッチコピー。曲を選んで聞くっていうよりも、「読書中」「ドライブ中」とかって、シチュエーションに合わせて聞くスタイル。その中で気に入った曲をチェックする感じ。広告が入るけど無料で使ってもいいし、広告の入らない有料のサービスもある。

Apple Musicや、LINE MusicYoutube Musicみたいな、前からあるサービスと音楽が結びついたようなサイトもけっこうある。無料で使えるサービスもあるし、有料のサービスもいろいろある。こうしたダウンロードしないで音楽を聞くサービスを「ストリーミングサービス」という。気に入った曲があったら、ダウンロードしてもいいし、検索して聞いてもいい。iTunesなどで、1曲ずつ購入することも可能だ。

広告:バルコスの春財布!

音楽情報サイト

音楽情報サイトというのもいろいろある。音楽はやっぱり生!ライブで聞きたい好きなアーティストの情報を知りたいってことはあると思う。アーティストのfacebookページやTwitterをチェックするのもありだし、情報サイトをチェックするのも一つの方法だ。

「音楽情報サイト」でググると、rockinon.com(ロッキング・オン)がトップに出てくる。アーティスト関連のニュースを中心に発信しているのが、音楽ナタリー

老舗も健在

BARKS(バークス)は、海外アーティストの情報をキャッチするのに最適だ。もちろん日本人アーティストもたくさん登録されている。知りたいアーティストを選んで、メール配信もしてくれる。

あ。そういえば、Myspace(マイスペース)ってのもあったな。と思い出した。どうやら今でも健在のようだ。サインインしてみたら、英語でした。ここはまだSNSが盛んになる前の老舗。

◆スポンサードリンク