ポケットに入る本棚

「ポケットに入る図書館」とまで言ってしまうと、ちと大げさになる。それは、言い過ぎ。そのうち、そうなるんだろうけどね。

でも、本棚ひとつ分くらいの本はいつでもポケットに入れて持ち歩ける。

>>電子書籍について(当サイト内リンク)

電子書籍は、専用のブックリーダーを買わなくても、スマホのアプリで読める。タブレットでも、パソコンでも本が読める。

もちろん、紙の本もいい。ぼくも手にとって読みたい本があれば、紙の本も買う。図書館にも行くし、借りて読むこともある。

ダメージで不安定になった、肌リズムを整える美容液【リズムコンセントレート】

電子書籍のいいところ

電子書籍のいいところは、なにより、手軽さだ。

読みたいときに、読める。本屋に行かなくても買える。無料で読める本もある。図書館で時間をかけて探さなくても見つかる。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

専用のブックリーダーのいいところは、読みたい本のページがすぐに開けるところだ。ぜひブックカバーをつけてほしい。ブックカバーをつければ、ディスプレイのオンオフも自動でやってくれる。

ブックリーダーのほとんどのディスプレイに採用されているのは、モノクロのEインクを使ったシステムだ。活字がくっきり見えて、読みやすい。そして、スマホやタブレット、PCに比べると、はるかに長くバッテリーがもつ。スマホやタブレット、PCで採用されているディスプレイは消費電力が大きいためだ。

現在、スマホ以外にタブレットも持ってるという方は、スマホではAという本を読み、タブレットではBという本を読む、という使い分けができる。大画面のタブレットの場合は、カラー表示もでき、雑誌なども原寸に近い状態で読めるし、拡大もできる。

◆スポンサードリンク