ブロックチェーン技術に注目しています

仮想通貨(暗号通貨)については、私個人の考えとして、これまで以下のように記事を書いてきました。

仮想通貨(暗号通貨)の行方
マネックスグループがコインチェックを買収か?
仮想通貨という選択
マイクロビットコイン
ビットコインという「通貨」

私は、これらの記事の中でも、仮想通貨(暗号通貨)について、決してバラ色の未来を描いているわけではありません。しかし無視できない存在になると感じています。

これまでの通貨は政府が法定通貨として発行し、銀行を通じて流通、取引が行われてきたわけです。いわば中央集権的経済システムとなっています。

仮想通貨(暗号通貨)の場合、取引はピア・ツー・ピアで行われます。個人間であっても、署名暗号化されたデータのやり取りで取引が完結してしまいます。

それを可能にしているのは、改ざんがありえないほど困難な暗号化技術と、ブロックチェーン技術によるものでしょう。

もちろん、改ざんできない(ほぼ)と言っても、仮想通貨というくらいですから、実体を持たない匿名性の高いデータなので、流出すると失われる可能性が高いことは、これまで起こった流出事件・事故が物語っています。

また、現時点では、価格の変動が大きく価値の大きさがわかりにくい、使える場所が少なく使いづらい、などのデメリットも考えられます。

最初の暗号通貨ビットコインが、2008年に誕生して翌2009年に発行され、まだ10年経っていません。この段階で将来を占うことは難しいと思いますが、仮想通貨取引所も増えています。おそらくいずれは、中央銀行による貨幣によらない法定通貨(デジタル法定通貨)の発行もなされるでしょう(日銀は現段階では否定的)。

そうなると、仮想通貨の一人勝ちではなく、法定通貨と仮想通貨がデジタル上に共存する経済システムが生まれるでしょう。人々は使いやすさ、わかりやすさと手数料でどちらを使うかを選ぶことになると思います。もちろん現金も相変わらず残り、使われるでしょう。

◆スポンサードリンク



人間は、かつて石や貝を通貨に使い、金や貴金属で財をなしてきました。時代ごとに価値が互いに等価であることと信頼性が高いことが要求されてきたわけです。その一翼をブロックチェーン技術が担う可能性があるということは間違いないだろうと思われます。

パソコン教室のエフセブンでは、今後も仮想通貨(暗号通貨)と、ブロックチェーン技術については、注目していこうと思います。

ポイントいつでも5倍【楽天ゴールドカード】

ご質問がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

◆スポンサードリンク