ADSL環境でのWindows10 アップデート

NTT西日本のホームページから引用します。

「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」については、2023年1月31日をもって、サービス提供を終了いたします。「フレッツ光」提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の新規お申し込み(サービスタイプの変更、および速度プランの変更も含む)につきましては、2016年6月30日をもって受付を終了させていただきました。(一部省略)

以上、引用終わり。

鳥取県岩美町内は、「フレッツ光」提供エリアではないので、今すぐ「フレッツ・ADSL」が使えなくなるわけではないでしょう。ただ、ここから読み取れることは、NTTとしては、あと5年で「フレッツ・ADSL」のサービス提供を終了したいのだなぁということです。

「フレッツ・ADSL」で使われている設備は、提供している回線や機器も含めて老朽化しています。そのため、維持管理にコストが発生しているようです。かといって「フレッツ光」の提供エリアを拡大するためには、既に敷設している事業者とは別に、光ケーブルの新たな敷設が必要となり、現状では難しい。そう考えると、ISDNや、PHS、ポケベルが終わったように「フレッツ・ADSL」が消えるのは時間の問題かなーっと思います。

◆スポンサードリンク



今日は、その岩美町内のお客様のご自宅にお伺いしました。

タイトルどおりの、ADSL環境でのWindows10アップデートという「危険な香り」のするパソコンサポートでした。

最初は「インターネットがつながらない。なんかパソコンがおかしい。」というSOSでした。

行ってみると、やはりWindows10の2018年の大型アップデートである、1803アップデートが失敗を繰り返すため、ネットワークが切断した状態でした。

朝イチで、ネットワークを接続し、アップデートデータのダウンロードを仕掛け、別のところに行き、午後再訪問しました。

パソコンサポートあるあるです。ダウンロードが途中で失敗しておりました。

幸い、途中までのファイルは残っていたらしく、最初からやり直しではなかったのが救い。

それでも、長い・・・。

コーヒーをいただきながら、話をしながら。「このパーセントって、あてにならないですねぇ。」とか言いながら。

「他の人はどうしてるんでしょうか。」

「なんとかやってるみたいですけど、みんな同じようなもんですよ。」

とか言いながら。

「画面見てると、ガマン大会ですねぇ。」と笑ったりして。

ははー。割とヒマな一日で良かった。時間はたっぷりあったし。

◆スポンサードリンク



さて、夜はオカリーナ教室です。梅雨入りですね。雨の中。

[PR]アコースティックギターなら石橋楽器店!