あなたも私も同時代人(どうじだいじん)

パソコンやインターネットは、形をどんどん変えていくアメーバのようなものです。流行り廃(すた)りもあるでしょう。もちろん日進月歩、秒進日歩と言われるほどの技術革新の賜物でもあり、私たちは関わる人々の努力の推移を日々見せつけられているわけです。

パソコン用語や使い方を多くの人が飲み込めないのも無理はありません。ぼくは、最近クルマを買い替えたのですが、そのクルマには、キーの差込口がありません。ボタンを押すと、灯りがともります。以前のようにキュルキュルキュルっとエンジンスターターが回るわけでもありません。

パソコンも、いずれはキーボードはふだん使わないで、テレビと区別できなくなるでしょう。リモコンでピッとやれば、登録したボタンで画面にヤフーが映し出されます。自動的に動画のニュースが流れるようになるでしょう。広告も相変わらずポンポン表示されることでしょう。

見せつけられている方としては、ついていけない、わからないという方が多いのも事実でしょう。実は現代は、この分野においては、すべての方が、あなたを含めて、パイオニア(開拓者)なのです。こうした状況は、初めての土地でどうすればいいのかわからないのと同じなのです。あとから来た方には、ほんの数ヶ月早く着いた人も先住民も見分けはつかないものです。

年齢もそれほど大きな要素ではありません。それぞれが別々の能力を持っています。それを生かす未来は同じテンポで時を刻みます。残り時間を気にする必要は全くないのです。

2018年9月21日に改訂。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。