空に神様がいらっしゃる

今はたった4人のパソコン・クラブ、「ハッピースマイル」のパソコン講座のあと、えくぼさんと一緒に県民ふれあい会館(鳥取県立生涯学習センター)を出て、駐車場で見上げると、青空に大きな雲のカタマリがぽっかりと浮かんでいた。

iPhone SE2のカメラを通して見た画面には収まりきれなくて、どうにか低く構えて、後ろに下がった位置で撮れた写真がこれ。とても低く、手の届くところにあるように映っているけど、空は高かった。こんな風に画面にはみ出すほど、雲は大きく見えた。

今日は、この写真では右下の方に見えるけど、段々畑のような雲も見えたり、龍が空を泳いでいるような長くたなびく雲も見えた。

近頃、神はインターネットにもいらっしゃる

このサイトは、昨日、一度消滅したあと、リカバリーモードでWordPressを開いて、復活した。どうやら、もうしばらく、このサイトを続けなさいという神の意志なのかもしれない。

雲は浮かび、消えていく

風のある日の雲は、流れていくのも速いけれど、青空に浮かぶ雲は、ずっとそこにあるかのように見える。

でも、この大きく見える雲でさえ、数分後には姿を変えてしまう。

この世界では、止まっているものは何ひとつないし、例外なく、生まれては、ゆらぎ、消えていく。

雲が一朶の雲であるように、何かを成し遂げるのではなく、ただ自分自身であることが尊く美しいのだと、この雲に教えられた気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る