「できない。」と思うことを、やめる

ぼくは以前「こうする。」と決めたことが「できていない。」といつも思っていました。

実際には、日々、多くのことを「している。」にも関わらずです。

「している。」こと

くせや習慣になっていることは、誰でも気がついたら「して」います。

体が求めていることは、食べることや、寝ること、トイレに行くこと、運動することも自然にしようとします。

好きなこと、興味があることにも自然と目が行きます。

それ以外のことは「考えてすること。」です。

それなら、自分を見つめて、考えようと

ある日、「しなければ。」と考えたときに、それは「イヤイヤ」「しぶしぶ」している自分を認めることになっているって気がついたんですね。

だからまず、自分の感情はどうかを見つめることにします。

「それ、やりたいの?」と自分に問います。

人に言われたから? 一度決めたから?

なんでもかんでもやろうとするんじゃなくて、自分の気持ちを大切にする。

これを新しい習慣にしてしまえばいいんだって、思いました。

自分の気持がよくわからないとき

モヤモヤしているときって、いろんな感情が入り混じっているときだと思います。

そういうときは、一度、考えるのをやめることにしています。

掃除をしたり、洗濯をしたり、ただ静かに瞑想をしたり、本を読んだりします。

眠れなくても、目を閉じて横になるだけでも、心は落ち着いてきます。

そうやっているうちに、パッと、頭に浮かぶことがあります。

「思いついたこと。」ただそれだけをやるようにします。

このブログも、そうやって、頭に浮かんだことをそのまま書いています。

今日もいい一日を。

「風の時代」は好きなことで稼ぐ 私のままで輝くためのチューニング法

新品価格
¥1,540から
(2021/9/30 15:54時点)

これ、めっちゃいい本です!
人気のスピリチュアルYouTuberのKIKOさんが書いた本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る