時代が変わる時~ネットワークとパソコン

ほんの20年くらい前、21世紀に変わるころのことです。

ぼくが「ネットでこんなことができるよ~。」と言っても、あまり見向きもされませんでした。

その頃、パソコンは、Windows95、Windows98、Windows98 SE(セカンド・エディション)という変遷があって、WindowsMe、Windows2000が登場したころから、インターネットも一部の人には注目されはじめました。

企業がホームページでぽつりぽつりPRするのを見かけたりもしていました。

日本では、まだネットの速度がめちゃめちゃ遅くて、事務所内でパソコン同士がLANにつながっていても、メールの送受信のときだけ、モデムでインターネットに接続するといった、今思えば、マジ?って思えるような、そんな状況でした。

当時多くの事務所のデスクに、でーんと置いてあったのは、ワープロ専用機でしたね。

「あった、あった!!」と思い出す人もいるでしょう。実際に使っていた方も。

iPhone、スマホの登場

初代iPhoneはネットワークバンドの違いから日本では発売されず、2008年に2代目のiPhone 3Gが日本で発売されました。当時は、iPodに携帯機能がついた高価なおもちゃ、といったとらえ方をする方もいたと思います(主観)。

スマホがどんどん普及してきたけど、日本ではつい最近までガラケー派がたくさんおられました。

「携帯(スマホ)であれができる、これができるって言われても、使い方がわからない。」

誰もが、そう言っていたと思います。

ガラッと状況が変わってきたのが、新型コロナ騒動以後です。

多くのことが「出かけないで」「接触を避けて」行われるようになりました。

そうなると、書類のやり取りをしていたことが嘘のように消えていきました。

「郵送で書類を送るくらいなら、スマホでできるようにしてほしい。」

だんだんとそう変わり始めました。

流れは変えらない

この流れは、今後加速することはあっても、変わることはないでしょう。

時代を川の流れに例えると、目の前に急流があるように感じている方も多いでしょう。

そこに、そのまま飛び込まないといけないということは、ありません。

これまでは、「いかだ」のような船しかなかったけれど、今では、急流にも安心して乗れる船が登場したのです。

インターネットやスマホ、パソコンが現代の船です。

安心して、川の流れを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る