メガ、ギガ、テラ、タコ

あ。

本気にしないでくださいね。

「タコ」は、ありません(笑)

メガ、ギガ、テラ、の次は、・・・。

いや、その、テラの次だから、ジンジャ?

じゃなくって。ペタっていいます。

ついでにエクサ、ゼタ、ヨタも必要になる?

エクサはEになるのかな?Xかな?

Xにしたら、XZYになって、アルファベットの最後を間違えたみたいになるし、Eだと、EZYになるから、イージーって読まれそう。ユニクロにEZYジーンズってあるらしいし。

◆スポンサードリンク



ぼくの場合、ハードディスクの容量を表すのにギガってのがあるよって聞いたのが、似たような聞きなれない単位を聞いた最初だった気がする。

そのむかし、ハードディスクって結構高くて、100メガにしようか、200メガにしようかみたいなことで迷ってた記憶がある。今なら数分の動画をひとつっきりしか残せない容量なんだけど。

フロッピーディスクの時代は、キロ、メガくらいで、メガっていうことばもでかいというイメージだったし(メガどん、メガ盛りとか言う)。10年くらい前にしょこたんがギザかわゆすとかって言ってたのもこのギガから来てるんだった。

で、そのうち、テラとか今は普通に録画用のハードディスクがテラ単位だし、さすがにサイズ感が既にアヤシイ感じがする。

メモリやCPUなんかも、1ギガってどんなん?って時代がたしかにあったよね。

もう、ややこしいので、考えるのよしましょう。

ぜんぶひっくるめて、タコもジンジャもでかいって覚えましょう(ないってば!)。

こんな単位作ったところで、宇宙はもっとでかいもんで。

迷ったときに、たとえば「ハードディスクの『ギガ』がなくなったから、買いに行こう♪」って思ったときに、調べて確かめたらいいでしょう。

みんな、気にしすぎだねー。パソコンのことば。今日からテラよりでかいサイズはアホーにしますって、閣議決定してもらいましょう。

「新製品のSSD、256アホーだよねって。わー、すっげー。いいなぁ♡」

こんな感じでどうでしょう。

(そこ、タコでしょうというツッコミはなしで。)

◆スポンサードリンク