10月から値上がりするもの

日本では、2019年10月から、消費税が8%から10%に上がります。

消費税増税に伴い、郵便料金も値上げになるようです。25グラム以内の定形郵便物が82円から84円に。通常はがきが62円から63円に。

写真の文書の本文は以下のとおりです。

「消費税率の改定に伴い、郵便料金などを変更させていただきます。なお、変更後の料金に対応した額面の郵便切手、郵便はがき、レターパックなどを2019年8月20日(火)に発売いたします。」

上記のように10月1日を待たなくても、準備のために額面の切手やはがきは8月20日から購入できるようです。すでに持っている切手、はがきについては、額面が不足する2円、1円の切手を貼って送ることができます。


私も社会資本としての税金は、ある程度は必要だと思います。OECD経済協力開発機構加盟国の中では、日本の消費税は、10%になっても低い水準です。ただ、もともと社会福祉が進んでいるヨーロッパに比べると、日本の社会福祉の現状はどうなんでしょうか。税率が上がることよりも、不公平感が高まっていることが今の日本が抱える問題なのかなと思います。