アップデートは、必要なの?

先日、年賀状のパソコン講習会でも話題に上がったのは、Windows7のサポートが切れるという問題と、ワードやエクセル、はがきソフトなどのアップデートって必要なの?という問題でした。

Windows7について

Microsoftによる、Windows7のサポートが2020年1月14日に切れます。現在のOSがWindows7の方は、Windows10のインストールか、新しいパソコンへの買い替えなどの対応を求められます。

Windows10に対応していない、主に業務用のアプリを使いたい場合など、どうしてもWindows7のままで使う必要のある方は、そのパソコンをインターネット環境から切り離すのがベターでしょう。

先日Windows10に切り替える際に注意してほしい点については、 Windows7をどうするか? という記事に書きました。

ワードやエクセル、ウイルス対策ソフト

ワード、エクセルなどのオフィスソフト、ウイルスバスターなどのインターネットセキュリティについても、更新が必要になる場合があります。これらは、サポート期限が設けられていて、たとえば、オフィス2007は、2017年10月10日にサポートが終了しています。

それ以外のはがきソフトなどは、特別なことがない限り、更新(バージョンアップ)する必要はありません。ただし、Windows10で動作が保証されていないものについては、バージョンアップ製品を準備する必要があります。

お困りの方は

バージョンアップや更新などは、気になっている方が多いんじゃないかなと思います。パソコンの動作が遅く感じられるのも、しょっちゅう「更新してください」というようなメッセージが表示されるのも、更新していないからなんじゃないかと不審に感じていると思います。

お電話:0857-72-1305(パソコン教室のエフセブン)
メール:fseven@outlook.com

ご遠慮無く、お気軽にお問い合わせください。電話やメールで解決できるケースもあるかも知れません。

鳥取県内、兵庫県北部、岡山県北部の方は、出張サービスを受けることができます。当教室の空き時間を確認し、予約(仮)をすることもできます。
予約カレンダーを見る