原子力の平和利用は、人類最大のミステイク

人は、ミスをしたときにどう対処したかで、真価が問われます。
最善の対処の第一は「知ること」です。
何が真実なのか、何が間違いだったのか。
その上で反省することです。
反省とは、その知ることのできた真実と照らし合わせて、
どうすべきだったのかをひとつひとつ精査することです。
そのことで、今後の行動を組み立てなおすことができるのです。

原子力発電所による原子力の平和利用とはなんだったのでしょうか。
日本人は明らかにミスを犯しました。
安全でもなかったし、コストも決して安くはない。
今後改良されて、安全性が高まるとしても、そもそも日本は
地震の多い国です。絶対の安全などありえません。
放射性廃棄物の問題など未解決のまま、
これ以上将来に何を残すというのでしょうか。

福島第一原子力発電所の事故によって、人々は隠されていた
真実を知ることになりました。今知られていることの多くは、
デマでも誤解でもない、事実です。

パソコン教室のエフセブンは、すべての原子力発電所が廃止
されるべきだと考えています。そのうえで、現在の被災者が
皆それぞれの生活を保障されるべきだと考えます。

◆スポンサードリンク