個人事業主の会計管理

自営業、自由業の会計管理は、一概には言えないけど、企業に比べると規模はそれほど大きくないでしょう。専門の会計管理者を頼まなくても、事業主が自分で伝票や帳簿をつけながらできると思う。

紙の伝票でもいいけど、伝票を帳簿に転記する作業が面倒なので、パソコンを使った方がずっと楽だ。

そして、パソコンを使って会計管理をするのであれば、市販のソフトを使ってもいいし、今では、Web上で安全に使えるアプリもある。いずれの場合も無料体験ができるので、ぜひ試してみて、気に入ったものを購入するといいでしょう。

市販のソフトの方が安全なんじゃないかと感じる方もいると思うが、常にデータをメディアにバックアップする必要があり、その点ではリスクがある。むしろパスワードで二重三重に守られている分Webアプリの方が安全という見方もある。

Webアプリには他にも利点があって、パソコンが変わっても、たとえ壊れたとしても、別のパソコンのブラウザからでもアクセスできるため、利便性は高い。また、スマホやタブレットからでも簡単なデータ入力ができるアプリが用意されていることがある。その場合、外出先からでも、データが確認、更新できるという大きなメリットがある。

Webアプリ(クラウド会計ソフト)を2点紹介する

個人事業主で使える機能を持ったWebアプリは、日々の会計処理が簡易にできて、青色申告の書類が作れるものという条件で絞られると思う。在庫管理や給与管理、顧客管理、人事管理などを含まない、シンプルなものを選ぶといいでしょう。

一つ目は、freee(フリー)で、無料でも多くの機能が使える点が優れている。

会計ソフト freee(フリー)|無料から使えるクラウド会計ソフト

二つ目は、やよいの青色申告オンラインだ。市販ソフト「弥生」シリーズと同じような画面で使えて、アップデートとメンテナンスも定期的に行われていて、使い勝手がいい。