会計ソフト、Zaimとfreee

Zaim(ザイム)freee(フリー)、どちらも有名なクラウド会計ソフトで、Zaimは無料で使えます。freeeは現在有料ですが、市販の会計ソフトの値段と比較しても、びっくりするような金額ではありません。

◆スポンサードリンク



どこかにも書きましたが、ぼくは事業を始めた当初は、会計がかなり苦手でした。当然パソコンは自分で得意だと思っていたので、会計もエクセルでマクロを組んでちょちょいのちょいでできるような感覚でいたのですが、甘かった。

会計の知識そのものがないままに事業を始めたものだから、仕分けがわからない。どんどん未処理の領収書、振替伝票がたまっていくのを見ていくわけです。ノートに領収書を貼っていくのが精いっぱい。振替伝票を帳簿に手書きで転記していくうちに、重複や抜けがあると、わけが分からなくなり、さらに伝票にあとでわかるようにと振った番号にも重複が見つかると、もうお手上げです。転記ミスを探す作業に至っては宇宙空間をさまようようなものでした。

エクセルに入力して、処理をして、プリントアウトして、チェックして、手直しして、もう一回プリントアウトして・・・。もう、何がなんだか。

今は、弥生です。結局このソフトでした。弥生にもクラウド版があります。これが便利。

【PR】無料でお試しから始められる【人事労務freee】

Zaimとfreeeにもずいぶんお世話になりました。有料プランも使って申告にも使ったことがあります。

今、弥生会計は外せませんが、家事消費と事業主貸を切り離したいと思い、その分をZaimに割り振りをしようとしています。そういう使い方もできるんですね。

【PR】【顔や首のツブツブ・ポツポツをケア!】南フランス産の不思議な杏仁オイル

会計ソフトの使い方