仮想通貨のゆくえ

2018年9月20日大きなニュースが飛び込んできました。仮想通貨取引所「Zaif」(仮想通貨交換業者テックビューロ)で、67億円相当の仮想通貨が外部に流出したことが判明した、とのことです。

今年3月に仮想通貨交換業者コインチェックのときは、580億円分の「NEM(ネム)」が流出しました。このときは、コインチェックの体制の甘さと合わせて、NEMが狙われました。

コインチェックのときとちがい、ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュという、一般に名前の知れ渡った3種類が流出していることによる今後の影響が考えられます。

詳しいことはわかりませんが、テックビューロは、これまで2回、資金洗浄(マネーロンダリング)への対策の不備が指摘されていて、金融庁から業務改善命令を受けていたといいます。

仮想通貨そのものの市場が今後どうなるのか、注目していきたいと思います。

それにしても、なんだろうなぁ。

◆スポンサードリンク

当サイトの仮想通貨に関する他の記事

ビットコインという通貨
マイクロビットコイン
マネックスグループがコインチェックを買収か?
ブロックチェーン技術に注目しています
仮想通貨という選択
仮想通貨(暗号通貨)の行方

追記:

その後、9月20日の夕方、利用している仮想通貨交換業者さんから、「【重要】当社の利用者財産の状況について」というタイトルのメールが届きました。

お客様へ

いつもxxxをご利用いただきありがとうございます。

当社は、9月20日付けでテックビューロ株式会社が公表した仮想通貨の不正流出を受け、仮想通貨管理状況の緊急再点検を実施したことをお知らせいたします。

再点検の結果、当社が管理する仮想通貨において不正流出は確認されませんでした。

当社では、セキュリティの確保・利用者財産保護を最優先の課題としております。今後もお客様の大切な資産をお守りできるよう、さらなるセキュリティの強化に努めてまいります。

株式会社xxx

以上です。