フロー情報、ストック情報

流れては消える情報を、フロー情報といいます。一方で、人々の間で何度も取り上げられ、長く記憶に残る情報をストック情報といいます。

ストック情報のうち、重要なものが記録に残され、後世に語り継がれることで、あるものは歴史的事実となり、あるものは学術として残ります。

こうしたことは、これまでは自然な流れでした。

それは、あたかも自然が、山林に雨水をため、浸透し、流れ出て川となり、海にたどり着くようなものでした。

フロー情報があたかもストック情報のように見えることがあります。人為的に川の上流にダムが作られて、フロー情報を重要な情報として取り上げ、掘り下げることで、情報が操作されます。

現実には、情報のほとんどがフロー情報です。他人の手で操作された情報を見るのではなく、自分の感性に届いた情報を見極めることが求められています。だからこそ、現代は感性が重要なのだと思うのです。

ぼくは、自然の美と、芸術を通じて、感性を磨きたい。その思いが強くなりました。

◆スポンサードリンク