りゅうず左へ。びーずは右へ。

「りゅうず」って聞き慣れない人もいると思う。ぼくはApple Watchの「デジタル・クラウン」をそう呼んでいます。「りゅうず」は、「竜頭」・・・「りゅうとう」とも読み、龍のアタマって書きます。ドラゴン・ヘッドっすね。この言葉の由来はWikipediaの「蒲牢(ほろう)」の項目にありました。Wikipedia、勉強になります。

りゅうずの由来・・・蒲牢(ほろう)Wikipedia

さて、左腕にApple Watchをつけると、右手で操作するので、りゅうずは右についてた方がやりやすい。っていうか、腕時計って、だいたいそうデザインされてます。

ぼくもそうしてたんですが、ブレスレットをつけると、なんかの拍子にりゅうずが押されてしまうんですね。押しっぱなしになったりすると、緊急連絡先みたいな画面が出て、サイレントにしてても音が出ちゃうんですね。これは、まずいですね。

これが通常の左手ポジション。りゅうずは、右。

そこで、りゅうずを左にできないかなと思ったので、やってみたら、簡単にできました。Apple Watchの「設定」メニューの「一般」、「向き」の中に、DIGITAL CROWN「左」という項目がありました。これで、左腕に付けたままで、りゅうずの向きを変えることができました。で、このままだと、バンドの向きも変わってしまうので、逆に付け替える必要があります。

りゅうずが左になって、アクセサリーと共存!!誤操作がなくなりました。

ちなみに、そのままで、アクセサリーをApple Watchの左につけると、アクセサリーも、Apple Watchもなんとなく窮屈な感じになっちゃいます。

このアクセサリーは、友人から超オススメされて、先日購入したもので、富士山の溶岩石の7〜8ミリ玉とクリスタルのブレスレットです。

【メール便送料無料】シンプル イタリアン レザー ブレスレット ツイン レザーブレスレット 本革 イタリアンレザー レザーブレス ブレス メンズ レディース 革 ラップブレス ラップブレスレット ペアブレスレット ペア ブレスレット

価格:1,000円
(2019/1/14 09:30時点)
感想(116件)

りゅうずが左になって、やりづらくなるかなと思っていた操作性は、意外と、そうでもありませんでした。すぐに慣れました。

◆スポンサードリンク