いらないメールを、読まない、受け取らない。

たびたび、このブログで不要なメールについての記事を書いていることは、わけがあります。

パソコンサポートで行くと、メールソフトの受信箱に未読が何百件、何千件というメールを残しているのをよく見かけます。

「消すのがめんどう」「必要なメールだけ読む」「タイトルで必要かどうかわかる」そんな風に言われます。

今のパソコンは性能が上がっているので、未読メールが少々多くなっても、動作が遅くなるということはないと思います。

ただ、ソフトの方で、「サーバーから削除しない」設定になっていると、サーバーが未読メールでいっぱいになって、受信不能になることもあります。

「メールが受信できない」ということで、パソコンサポートに行くこともあります。この場合は、サーバーのユーザー名、パスワードがわからないと、対処できません。

迷惑メールや、広告メールなどの不要なメールは読まない、削除するというのは理解できると思います。ただ、それだと、またどんどんメールが届きます。10年ほど前であれば、振り分ければいいようなことを言っていたと思います。

今、LINEなどのメッセージサービスがたくさんあり、メールの利用よりも、SNSの利用の方が増えています。その分、受信ボックスには、不要なメールの割合がどんどん増えているという現状です。

本当にいらないメールはただ削除するのではなくて、「受け取らない」ことが大原則です。

うっかり、ショッピングで、「メールを受け取る」とした場合、実は、1件メールが増えるということだけでなく、「家電」「宝石」「生活」などの別々のメールを同時に何件も受け取る設定をしていることになります。

受信を解除しようとすると、登録時のパスワードを求められる場合があって、そのままになっていることがあります。

ただ、配信解除については、簡単にできるようになっているのがほとんどです。メールの文章の最後の方に「配信解除」「unsubscribe」などのリンクがあれば、すぐに解除できます。

必要なメールだけを受け取り、全部のメールに毎日目を通すようにしましょう。