プレゼンテーション | データベース | デジタルカメラ | 画像編集 | Illustrator | ホームページ作成 | 名刺作成 | iTunes | Evernote

 日本国内で売られているパソコンの中には、最初からてんこ盛りでいろんなソフトが入ってるものがありますね。あれってどうなんでしょうね。まるで豪華なおせち料理みたいで、ひとりで食べ切れる、いや、使いこなせるものではないでしょう。

 私が思うには、基本的なソフトだけ入っていて、あとで必要なものを選んで追加できた方がいいんじゃないかと思います。メーカーによってはシンプルなパソコンもありますが、日本の有名メーカーは方針が違うようですね。

 それでも「最初から入っていた方が、すぐに使えて便利だろう。」って? もちろん日本のメーカーの「売り」は、そういうことなんですけどね。でも、明らかに詰め込み過ぎなところがあって、結果的に高い買い物になってしまい、パソコンの寿命も縮めているような気がするんですよね。なにより、無駄が多いですよね。


 じゃあ、一般的にどんなソフトがよく使われているのか、見ていきましょう。

 まず、ワード、エクセルあたりでしょうか。個人はさまざまですが、会社で仕事で使うパソコンには必需品でしょう。この2つをセットで、他にいろんなソフトをパッケージにして、「オフィスソフト」として売られていることは、多くに方がご存知でしょう。


プレゼンテーション

 「オフィスソフト」というと、ワープロ、表計算の次に挙げられるのが、プレゼンテーション資料を作るためのソフトです。パソコンでプレゼンテーション資料というと、プロジェクターでスクリーンに映すための資料になります。マイクロソフトでは、パワーポイントというソフトがオフィスのパッケージに入っています。


データベース

 これも「オフィスソフト」に加えられることの多いソフトです(これが入るとぐんと高くなります)。マイクロソフトでは、アクセスがこれにあたります。「データベースなんて知らん。」「私には無縁だわー。」と思っている方も多いかもしれませんが、巷で売られている年賀状ソフトなんか、まさにデータベースソフトです。住所録に、顧客リスト、蔵書目録、会計資料、在庫管理などなど、データがたくさん集まるところにデータベースソフトは使われます。

 データベースソフトは何にでも使えるので、アクセスのようなソフトを汎用データベースソフトと呼んでいます。年賀状ソフトや会計ソフトなどは、用途を限定して使いやすくしたデータベースソフトです。


デジカメ

 デジカメ(デジタルカメラ)は、これまでのカメラと同じように引き延ばして印刷できます。しかも自宅で、きれいに自由な大きさに何枚でも印刷できて便利です。デジカメは今ではほとんどの機種でビデオ(動画)も映せます。高速で保存のできる新しい規格のメモリーカードも出てきました。ケーブルでつながなくてもパソコンやインターネットに画像が保存できるものもあります。

 デジカメは、どんどん高画質になって、そうなるとやはりレンズの性能もどんどん上がっていって、昔のカメラのような形をした、交換できる大きなレンズを持ったものも安く誰でも手にすることができるようになりました。

 あ、ここはソフトウエアのページでした。デジカメとパソコンの連携、データの取り込みと整理、保存、写真や動画の加工など、ご希望に応じてレッスンしましょう。

デジカメ他周辺機器について

動画編集について


画像編集

 画像を編集するって言っても、たいてい必要なのは、簡単なイラストを描いたり、写真のトリミングをしたり、ちょっと色を修正したり、といったところではないでしょうか。ほかの人に「画像編集ソフトは高いぞ。」と脅されてあきらめている人もいることでしょう。実は、簡単なことなら、特別なソフトは必要ありません。「ペイント」「ピクチャーマネージャー」が入っていれば、とりあえず、オッケーです。そうしてできた画像をワードやほかのソフトに貼り付けてしまえば、またいろいろできることもあります。まず、タダでできることをしっかり覚えましょう。もっと高度なことをやりたくなったときに、高いソフトを買うかどうか、考えましょう。

GIMP ー 無料で使えるビットマップ画像編集ソフト


Adobe Illustratorに代わるベクター画像編集ソフト《Mac編》

 コンピューターで扱う画像には大まかに2つの種類があります。一つは、写真などのように、画像データが一つ一つの細かい点で表されるもの。この画像を編集するのが、ペイント/フォト系のソフトで代表的なのが、Adobe Photoshopや、GIMPです。それに対して、画像を線と、線で囲まれた面で表されるものとして、この画像を編集するのが、ベクター系のソフトで代表的なのが、Adobe Illustratorです。当教室では、もちろんIllustratorを使ったレッスンも行っているのですが、一般の方が購入するには、このソフトは非常に高価です。そこで、Illustratorに代わる「無料の」ソフトとして、Inkscapeを取り上げてみたいと思います。今回は、そのMac編です。

まずは、XQuartzのインストールから。


ホームページ作成

ホームページを作るっていうのは、以前ほど盛んではないような気がします。インターネットはどんどん身近になっていますが、ホームページをこつこつ作るより、ツイッターやフェイスブックでコミュニケーションをすることの方が多いようです。ラインもあるし、ゲームからつながったりもします。
 逆に今、ホームページを作れば、注目されるかも。チャンスかも。って、ちょっとパソコン教室らしく誘ってみます。情報を世界に発信するって、でも意味あることだと思うしね。オリジナリティ、アイデンティティを持ちたい人、ぜひやってみない?
 まずブログあたりから始めるというのもひとつの方法です。ホームページを作るソフトとしては、ホームページ・ビルダー、ドリームウィーバーとかでしょうか。「あれ?そのソフト、パソコンに入ってるー。」ラッキーですね。レッスンしましょう(笑)

ホーページを作ってみたい方へ


年賀状作成、はがき住所録作成

年末や暑中見舞いの時期になると電気屋さんには、年賀状・はがきソフトが、書店には、年賀状や暑中見舞いの素材集が山のように積まれますね。売れているんですね。毎年毎年、干支が変わるし、他の人があまり作っていないようなものを工夫したい。ソフトを買ったら、いいものができるのではないだろうかと思うのでしょう。ここでは書ききれないので、別にページを作りました。

→年賀状ソフト


名刺作成編集

意外な盲点かも知れませんが、上記の年賀状ソフトでも、名刺作成編集ができます。年賀状用に作った住所録がそのまま利用でき、お付き合いの履歴等も残せるので便利です。しかし、どうしても機能的には付録的で「オマケ」でしかありません。名刺用には小さな文字で読みやすいフォントが必要ですし、レイアウトも微妙な調整が必要です。その点、専用の名刺作成編集ソフトは、サンプルも充実していて、より名刺が作りやすくなっています。

先日あるお客様から「フォト名刺倶楽部Ver.5」をWindows8.1で使用しているが、Windows10でも対応しているかとの問い合わせをいただきました。そのため、お客様からインストールCDをお借りして、Windows10パソコンにインストールしてみることにしました。(※インストールして実行可能かだけを検証します。実際に今後、無断で使用するわけではありません。他の方は真似をしないでください。)(続きを読む)

変わったところで

音楽制作にもパソコンが役に立ちます。楽譜を書いたり、自動演奏したり、アレンジしたり、カラオケを作ったりできます。Singer Song Writer(ソフトの名前です)など。もちろん、単純に、CDに焼いたり、コピーしたりすることもできます。著作権のことがありますので、教えられないこともありますけどね。

無料のソフトウェア

一口に「無料」といっても、さまざまなものがあります。もともと無料で公開されることを前提に開発されたもののほか、有料ソフトの簡易版的な位置づけのものや、試用期間が設定されて短期間だけ使えるようにしたもの、機能を制限して使えるようにしたものなど。無料でも優れたソフトがたくさんあります。


iTunes

 アップルの音楽プレイヤー、iPod(アイボッド)。タブレット、iPad(アイパッド)。携帯電話、iPhone(アイフォーン)。いずれもパソコンと連携できると、うんと使い道が広がってきます。その時にパソコンの方に必要になるのが、iTunes(アイチューンズ)というソフトです。「私のパソコンはWindows(ウインドウズ)だから・・・。」大丈夫です。Windowsでも同じように使うことができます。インストール、セットアップ、その後の更新など、お気軽にお聞きください。もちろん、Apple、Mac(Macintosh)ユーザーの方にも丁寧にお答えします。


Evernote

 メモやスケジュール・タスク管理などもパソコンの得意分野です。その中で、オールマイティで、たくさんの人に使われているのがEvernoteです。