Apple Watchのアプリは2種類ある

投稿者: | 2018年1月7日

ネックバンド式のBluetoothヘッドセットを購入したおかげで、Apple Watch3でやっと音楽が聞けると喜んだ。

ただ、どうやらその音楽アプリには2種類あるらしいということがわかった。

「Apple Watch単独で音が出るアプリ」と、「iPhone経由で音が出るアプリ」

つまり、前者はiPhoneがなくても単独で動作するアプリ、後者は単にApple Watchに登録されたアプリとして表示されるけど、iPhoneのアプリへのショートカットがWatchの画面に出ているだけで、iPhoneのリモコンでしかないもの。

見かけはどちらもWatchから見ると同じアプリなんだけど、いざ音を出そうとしたら「実際に鳴っている方」にヘッドセットを繋がないと、音が出ない。

ややこしや。

パソコンみたいにショートカットってひと目でわかればいいのにね。

ラジオアプリが何種類かあるんだけど、たとえば、TuneInの場合は、これはリモコンアプリ。Watchの方で選局ができたり、ボリュームを変えることができたりもするけど、動いているのは、iPhoneのアプリ。だから、iPhoneの方にヘッドセットをつながないと音が出ない。ずっと無音で、何の案内も出ないわけ。

一方で、AppleのRadioアプリは、Watchから音が出る。iPhoneからは音が出ない。Watchもヘッドセットをつながないと音が出ない。

ややこしやー。

ミュージックアプリも、同期専用のプレイリストを作ってやらないと、Watchからは音が出ない。アプリはあるのにライブラリが空っぽなんてことが起きちゃう。

ほんに、ややこしやあ。

ああ、でもちょっとずつわかってきた。

何年かしたら、このわけのわからない投稿の意味がなくなるくらい、もう少しシンプルでわかりやすい状態になるんだろうな。

それでも、いいですよ、Apple Watch。

◆スポンサードリンク


Bluetoothヘッドセットを検索すると、かなーり、あやしい製品が目白押しですね。

中には外観はAirPodsそのもので、めっちゃ安いのとか。

共通しているのは、その安さと、大げさな利用者コメントと、名称がちょっと違ってたりというところとか。

でも見分けがつかないものもありそう。

気をつけてくださいね。Bluetoothヘッドセット、5,000円〜10,000円はふつう。それより安いのは、それなりの性能ですよ。使えなくはないでしょうけどね。