バージョンアップは必要かどうか

投稿者: | 2018年1月5日

バージョンアップは、最近は「安全のため」必要だと言われます。

主にウィルス、スパム対策、エラーの修正など。

バージョンアップは、人間でいうと「新陳代謝、健康増進」または「進化」といえると思います。

ただ、機械そのものは、使う頻度で劣化の進み具合が違います。古いから使えないわけではないんですね。

この時期ですから「年賀状をお願いします。」ということで呼ばれることがあります。中には、年賀状のときだけ、パソコンの電源を入れるという方もおられます。こういう方は、携帯電話もガラケーか、もしくは、持っていない。インターネットにもつながっていないことが多いです。

そんなお客さまの中には、数年前くらいまではWindows98 SEを使っておられる方がいました。ここ数年は呼ばれていないので、パソコンで年賀状をやらなくなったのでしょうか。

Windows Me、2000という方はまだおられますね。このあたりは健在です。

今日はWindows XPでした。アプリもその当時のもので、こういう方にとっては、「使えるうちはそのまま使いたい。」なんですね。

それはそれで、いいんじゃないでしょうか。

新製品の方が使いやすく、動作が速くなっています。デジカメを買い替えたりすると、古いパソコンでは追いつけないので、パソコンも買い替えたりします。すると、今度はプリンターが古くなったりして、あっちを替え、こっちを替えしていきます。

でも、古いまんまでも意外と修理もできちゃうし、使えなくはないですね。

問題は、インターネットにつなぐかどうかでしょうね。そうなると、Windows7もあと2年でサポートが切れます。今のうちにWindows10にして、アップデートをしておきましょうということになります。

ソフト(アプリ)の方も、改善に次ぐ改善をしていますので、気がついた時でいいので、アップデートをしておきましょう。

現在の状態、これでいいのかなって、もし不安に思われた方は、ご遠慮無く、呼んでください。1時間2,500円です。だいたい見るだけならそんなに時間はかからないでしょう。0857−72−1305、パソコン教室のエフセブンです。

◆スポンサードリンク