Apple Watch3でアプリBearを使う

投稿者: | 2017年12月10日

Apple Watchで録音できるメモソフトを探していて、Bearというアプリを見つけました。単なる録音できるメモソフト以上の価値があったので、年間1,500円のBear Pro(プロ版)のサブスクリプションを申し込みました。Pro版では、Apple Watch、iPad、MacBookとも同時に更新できて、同じメモを共有することが出来ます。

◆スポンサードリンク


Apple Watchは文字盤をカスタマイズすることで、アプリを文字盤に登録することができます。思いついたことをメモをとるのに、キーボード入力をするよりも、音声変換でメモをとることができると便利だなと考えたわけです。もちろんSiriを使ってアプリを呼び出すこともできます。

音声変換の精度は、100%ではなく、あれ?と思う場面もありますが、あとで修正することを考えればじゅうぶん活用できるレベルです。

クルマを運転していても、思いついたことがあったら、信号待ちで停まったときのスキマ時間を利用して、メモをとることができます。

iPadでも、MacBookからでも、あとで編集や整理ができます。Apple Watchでも編集や整理はできなくはないけれども、どちらかと言えば入力用と割り切った方が効率はいいと思います。見出しや太字などの簡単な書式も設定でき、メモ間のリンクやURLでのリンクも可能です。タグを使った整理もでき、MacBook版のカラム表示では、タグを活用したメモの整理や表示もスムースにできます。

入力したメモは自動的に保存され、テキスト形式でのエクスポートもできるので、テキストエディタとしても活用できます。

Bear Mac App Store

超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術

新品価格

¥1,512から
(2017/12/10 11:33時点)