ふいに電話がかかってきた。思わず、Apple Watch3の画面をタッチした。

 Apple Watch3がスピーカーフォン状態になった。そこにたまたま、話題を共有したい人がそばにいたので、偶然それは都合が良くて、ラッキーだった。話が早くつながり、伝える手間が省けた。

◆スポンサードリンク


 このとき、私はヘッドセットを右耳に装着していたので、iPhoneで電話を受けるときにやるように、ヘッドセットを選べるのかと思っていた。Apple Wathch3の場合、どうやらそういう選択はなくて「どこをタッチするか。」で音声の出口が決まるようだ。操作は至ってシンプルだ。ヘッドセットでプライベートに話をしたい場合には、ヘッドセットをタッチする必要があったのだ。

 また、iPhoneの場合もSiriが有効なら「電話を受ける、または拒否と言います。」とアナウンスがある。「受ける」と言えば、ハンズフリーで、そのままヘッドセットで話すことができる。手が離せないとき、たとえば、運転中にはとても役に立つ。

 ヘッドセットを装着していないときには選択肢はない。腕時計に向かって話しかけるスタイルとなる。状況によっては、奇妙だろう。クラウチングスタートで号砲を待つランナーのような姿勢を保たなくてはいけない。どうか誰も見ていないようにと祈る。街かどを歩きながら、この姿勢になることは、できるなら避けたい。

 iPhoneの場合には、ヘッドフォン端子にコードを接続をすることもできる。Apple Watch3には、そのような端子はないので、Bluetoothヘッドセットは必須だと思う。

林檎時計、Apple Watch3

ゼロからはじめる Apple Watch スマートガイド[Series1/Series2対応版]