Office 365 Soloを無料で試すをクリックすると、1ヶ月無料でOffice 365 Soloを試すことができます。いつでもキャンセルはできますが、キャンセルしないで、1ヶ月の無料期間を過ぎると、年間12,744円の利用料金を支払わなくてはなりません。表示された情報を見ると月額1,274円(税込み)となっているので、年額は実際には15,288円になるので、注意が必要です。もし使うなら、最初から年払いにしておいた方がよさそうです。

 クレジットカード情報を登録したのち、この画面で「購入」をクリックするとダウンロードができるようになります。使用できるのは、2台のパソコンで、WindowsでもMacでも、その両方1台ずつでも構いません。また、2台のiPad、スマートフォンにもインストールすることが可能です。私はMac版のWordを試したいと思ったので、この操作をやっています。

◆スポンサードリンク

 ずっと、WindowsではMicrosoft Officeを使っていましたが、Macでは使ったことがありません。Macには、PagesやNumbersなどのOfficeソフト(MacではiWorkと呼んでいます)が入っているので、困ることはなかったのですが、Wordファイルのやり取りがうまくいかないときがあったり、Pagesだと縦書きの文書が作れません。Adobe InDesignを使うほどではないし、OfficeがWindowsと同様に使えるのであれば、使うかもしれません。

 購入には二の足を踏んでいたのですが、1ヶ月試用できるということを知り、試してみたくなりました。

 使用するパソコンは、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014) CPU:2.6GHz Intel Core i5; 8GB Memory; macOS Sierra (バージョン10.12.5)です。ダウンロードを実施しましたが、今や化石となった感のあるADSL環境ではインストーラーのダウンロードがなかなか終わりません。使用したいのはWordだけなので、もう少しスムースにできることを期待していたのですが、仕方ありません。

 Windowsパソコンには既にパッケージ版のOfficeが入っているので、特に必要とはしていません。現在のソフトとの比較をするためにインストールしてみようとは思っています。

自動更新をオフにする

 そのままだと、1ヶ月後には自動的に支払いをすることになります。直前にキャンセルすれば支払う必要がありません。ですが、キャンセルを忘れることもありえます。

 そこで、支払いの自動更新をキャンセルできないだろうかと思い、やってみたら、できました。

 これで、1ヶ月後には自動的にOffice 365 Soloは使えなくなりますが、同時に自動的に支払いをする必要はありません。ただし、今度は気に入って使い続ける場合には、あらためて購入するか、期限までに自動更新をオンにする必要があります。

◆スポンサードリンク