そうそう、そうだった。忘れないうちに書いておこう。

 この症状が出るのは、Windowsパソコン、主にInternet Explorerなどのインターネット・ブラウザーです。

◆スポンサードリンク


 他のアプリのウインドウが開いている状態で、「ウインドウを上下に整列」などの操作をします。そのあとで、そのまま電源を切ったりすると、なぜかブラウザーだけが開くたびに狭くなります。不便だなあと思いながら、その都度ウインドウを広げたりしている方もいるかと思います。

 ブラウザーのウインドウの大きさは、閉じるときに自動的に保存される仕組みです。正常であれば、次に開いたときに、その保存された大きさで開きます。これが何かの拍子に効かなくなり、ウインドウの大きさが固定されてしまいます。

 ネットで検索すると、プロパティで、「開くとき最大化」を選びなさい。と出てきます。上記の例は、それをやっても直りません。

 適度な大きさにウインドウを大きくしてから、「コントロール」キーを押しながら、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

 はい。直りましたね。「コントロール」キーが効かない場合は、「シフト」キーでもいいようです。1回だけではだめな場合、何回かやってみてください。

◆スポンサードリンク