楽器の値段〜それ安いの?

投稿者: | 2017年6月8日

 ふだんあまり生で見ることも聞くこともない楽器、ヴァイオリン、ヴィオラ、オーボエ、ファゴット、フレンチホルン、ティンパニ、グランドハープ、コンサートグランドピアノなどは、値段が高いだろうなあというのは、皆さん、だいたい想像がつくようです。

 それに比べると、リコーダー、ハーモニカ、ギターなどは、小学校・中学校でも扱うこともあって、安く買えるというイメージがあるようです。だから、パソコン教室のエフセブンでは音楽教室もやっているのですが、5,000円でギターを買ってきました。これで習えますか。というような方がたまにおられます。

◆スポンサードリンク


Aさん「このギターで教えてください。」

私「なんですか、5,000円て、中古で? それにしても安すぎませんか。」

Aさん「音が出たらいいんです。うまくなったら、いいのを買いますから。」

私「ああ、これはちょっとまともな音が出ません。お金がないなら、最低でも3万円くらいの新品を、弾ける人に弾いて選んでもらってください。楽器屋さんに一緒に行ってもいいですよ。ちなみに、今、お試しで弾いてもらっているそのギター、18万円ですよ。」

Aさん「・・・・。」

Bさん「1万円ぽっきりのアンプ付きの初心者セットのエレキ、どうですか。新品ですよ。」

私「それ、ピックアップが音を拾わないと思いますよ。」

Bさん「ピックアップってなんですか。エレキギターですよ?」

私「ここについてるの、これがピックアップで、言ってみればマイクですよ。1本1本コイルが巻いてあってね。弦の振動を電気信号に変えるわけです。これ1個だけでも普通何千円から数万円するんです。どういうことかわかりますか?」

Bさん「・・・・。」

 こういう例は挙げればキリがないほどです。

 このように楽器が安く売られているのは、たぶん高校生、大学生あたりをターゲットに需要があるからなんだろうと思います。中には3万円のアルト・サックスもあったりしますので、驚きです。3万円のサックスでも、リードとマウスピースをつければ、音は出ます。案外これは使えるのかなと思って吹いていると、そのうち、下の音が出なくなります。当然、音色や音程にばらつきがあって、よく見ると、既に曲がっているキーがあったりします。10分も吹けばバケの皮が剥がれる。そんな感じです。

 オカリーナでも1,000円くらいで買えると思っている方が多いようで、これが12,000円、これは32,000円ですと言うと、びっくりされます。楽器がこの値段で買えるんですから、安いんですけどね。リコーダーでもしっかりした木製の楽器なら5万円とか普通ですし。

 何はともあれ、楽器をよく知っている人に相談して買われることをお勧めします。お近くにそういう人がいなければ遠慮なくパソコン教室のエフセブンに相談してください。メッセージやメールだけなら、料金はかかりませんので。

◆スポンサードリンク