ホームページを作りたい、その動機はさまざまだろうと思う。ブログを書きたい。広告を出したい。名刺にアドレスを印刷したい。インターネットにお店を出したい。SNS(facebookやツイッター、Instagram)をやってみたい。ドメインを取得して独自のアドレスがほしい。等々。

[スポンサードリンク]


何を学べばいいか

HTML

 HTML(HyperText Markup Language)というのは、ホームページを記述するためのマークアップ言語です。

 ずっと長い間、ホームページを作るには、HTMLを学ぶことが必須とされてきました。今ではどうでしょうか。必ずしも必須ではないと思います。最低限の知識と理解があれば、かまわないでしょう。HTMLでは、インターネット上で必要になる構造化とリンクの基礎を学ぶことができます。ホームページは試しにパソコン上で非公開で作ることができます。目安として、リンクや画像を含む数ページ程度の見栄えのいいホームページをHTMLを入力して、自分で作る経験をしておくといいと思います。

CSS

 HTMLで書かれたホームページは、どんな大きさで、どんな配置で見えるのかをブラウザにゆだねています。もっと見栄えのいいホームページを作りたい場合には、CSSの知識も必要です。このあたりも、HTMLと合わせて仕組みを学んでおくといいでしょう。HTMLとCSS。ここまでの段階であれば、簡単な説明書とテキストエディターとパソコンだけあれば、5回くらいのレッスンで学ぶことが可能です。

ホームページ作成ソフト

 ホームページ作成には、IBMホームページ・ビルダーAdobe Dreamweaverなど、専用のソフトもたくさんあります。この場合は、ソフトを購入するか、使用料を支払う必要があります。パソコン上でソフトを使って、そのホームページをサーバーにアップロードすることでホームページができます。オフラインでも修正することができるので、一般的なインターネット環境が常時接続でなかった時代には、必須のソフトでした。これは、HTMLとCSSを編集しやすいように作られたソフトです。自分でHTMLとCSSが書けるのなら、FTPと呼ばれる転送ツールがあれば、これらのホームページ作成ソフトは必要はありません。

 HTMLとCSSの知識のある方なら、使い方を学ぶのにそれほど時間はかからないと思います。このソフトの場合には、2回程度のレッスンを受けた後、作ってみて、壁に当たった時、不定期にサポートとしてお伺いするというスタンスを選ぶことになろうかと思います。

WordPress

 ドメインを取得して、WordPress対応のサーバーと契約をすると、そのサーバー上にWordPressをインストールして利用することができます。この場合には、パソコン上で必要なのはインターネット・ブラウザのみです。上記のホームページ作成ソフトは必要ありません。HTMLとCSSの知識も最低限の仕組みの理解程度で済みます。

SNS

 実はブログもそうなんですが、SNSの場合も、インターネット上のサービスの利用なので、上記のようなホームページ作成とは異なります。ただ、どのサービスも独自のアドレスを取得することができるので、単に情報発信をしたい、名刺にアドレスを印刷したいという要求を満たすことができます。ブログもSNSも、サインアップ(登録)して、サインインすることで利用することができます。ほとんどのブログ、SNSは無料で利用することができます。パソコン教室のエフセブンでは、登録作業のお手伝いをすることができます。ほとんどの方が1回か2回のサポートがあれば始められると思います。

https://www.facebook.com/pc.fseven/
Twitter – PC_MUSIC_FSEVEN

[スポンサードリンク]