連休中のパソコン教室・音楽教室はヒマである。人々は、みんなでどこかに出かけたり、遊ぶことに忙しい。こちらといえば、年中連休みたいなものだから、何も変わらない。家族に求められれば、仕方なく出かける、といったところである。特に今日など、連休中のはざまの平日だから、家族もいないので、のんびりだ。

 こんな具合に何をしていいのか手持ち無沙汰になるときは、行き届いていないところの掃除をしたり、普段できないことをやるのだが、それもすぐにやることがなくなってしまう。そこで、ギターを弾いたり、本を読んだり、掃除や片づけをしているうちに、やろうとしたことを思いついたりする。ときには電話がかかってきたり、来客に応対することもある。

 基本、何をしていいかわからないときというのは、何もしない方がいいのだと思う。「何もしなくていい。」と声に出してみると、少し氣が楽だ。というか、そんなとき、自分で勝手に「何かしなくちゃいけない。」と思っていたのだなと氣付く。