最近のコンビニは、食事や休憩のスペースが設けられたり、無料のWi-Fiが使えたりすることがあって便利です。スーパーやホームセンターだと、商品を探すために広い店内をぐるぐる遊園地の迷路みたいに回らなきゃならなかったりするけど、コンビニなら、だいたいどこに何があるのかすぐわかる。トイレも助かるね。ありがたい。

 そして、ローソンだと時間制限があったりするけど、駐車場の車内でも無料Wi-Fiが使えるし、もちろん休憩スペースがあればそこでもネットができる。こんなふうにMacBook Proを助手席の膝の上で広げてサイトの更新ができたりする。便利、便利。

 ところが、Appの更新てのが出て、Apple Storeにサインインしようとすると、つないでる他の端末、今の場合iPhoneSEなんだけど、東京都千代田区からサインインしようとしていますという画面が出てきます。なんだよここ鳥取だよ?で、おそるおそる「許可する」をタップした。

 よしよし確認コードが表示されたゾ。ということで、MacBook Proの画面でこのコードを入力しても再度入力してくださいとなってしまう。

 ああ、できないんだな。コンビニWi-Fiだと、こういう認証の操作はできないんだー。と思って、Appのアップデートもあきらめていたんですが、ここまで書き込んで、改めてApp Storeを見てみると、・・・。アップデートできてました。いつのまにか。???。ま、めでたしめでたし。オワリ

 もちろんコンビニWi-Fiだといろいろな制限があります。アダルトなサイトってサーバーが判断したところは見えないし、さっきみたいなIPがぜんぜんちがうところにつながっちゃうことも考えられます。ちなみにLAWSON Wi-Fiでファミリーマートのホームページは見えました。はは。