ここにはWindows10 パソコンが3台ある。デスクトップが2台と8インチタブレットが1台。デスクトップのほうを先にアップデートしてみた。通常のアップデートではWindows10 Anniversary Updateが実行されなかったので、詳細からマイクロソフト社のページにアクセスして、データをダウンロードしたのち、手動でアップデートした。参考にしたホームページは以下のとおり。

Windows 10 Anniversary Update配信開始。今すぐ入れたいなら手動アップデートで – Engadget Japanese

非常に時間がかかったことだけを記しておこう。パソコンの処理能力、インターネットの接続速度など状況に左右されるので数時間で終わるかもしれないし、半日かかるかもしれない。どちらも夜寝る前に実行しておいて、朝残りの作業をしたので、具体的な時間はわからない。途中経過を見ていたら「かなりかかりそうだな。」といった印象だった。

メニューは前より整理された感じだ。Edgeはあまり変わらないように見えた。弥生オンラインなど、こちらの環境では止まってしまうサイトもあったし、Outlook.comで受信したメールのタイトルや添付ファイルの日本語のタイトルが文字化けすることがあった。inbox.google.comは対応していないので、Google Chromeを起動しなければならなかった。Mozilla Firefoxでもいい。Edgeはもう少し様子を見た方がいいだろう。デスクトップの方はi7とi3でメモリもそれぞれ8GB、4GB、ハードディスクの残り容量もたっぷりあった。OSは64ビットだ。8インチタブレットの方はそれに比べるとかなり非力だ。こちらもいずれアップデートしてみようと思う。いずれマイクロソフト社の方からも勝手にアップデートするんだろうけれども。